70
70さんの他のアイデア
相馬の古内裏(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

歌川 国芳 (Utagawa Kuniyoshi) 相馬の古内裏 (そうまのふるだいり) 大判錦絵3枚続 / 右37.1×25.5cm 中37.3×25.2cm 左37.2×24.1cm/天保(1830-44)後期 歌川国芳(1797-1861)は、幕末期、国貞(三代豊国)、広重と実力・人気を三分した浮世絵師である。「武者絵の国芳」と呼ばれるほど武者絵を一新したが、そのほか狂画・戯画もよくし、天保期の風景画や、弘化・嘉永期の美人画も高く評価される。発想が豊かで次々に新機軸を打ち出し、幕末浮世絵会の活力源ともなっている。 本図は、山東京伝による読本『忠義伝』に取材した作品で、源頼信の家老大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫との対決の場面である。活劇を見るような動きのあるシーンの描写と大胆な構図に国芳らしさのよく表れた人気の作品である。

甲越勇将伝 本庄越前守繁長(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜。 りりしいです。 在位わずか一年で幕府が崩壊。 死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。 さて、その後、慶喜は明治〜大正時代にどんな人生を送っていたのか? […]

吉原格子先の図(幕末の浮世絵師・葛飾応為の画)

画は葛飾 應為(かつしか おうい) 寛政3年(1791年)?~安政4年(1857年)? 作 「吉原夜景図」 (浮世絵太田記念美術館)一幅 紙本著色 です。 ☆晴れ、寒気幾分緩む。 さて、たまたま期待もせず昨日見たのですが、面白かったですな、 ◆http:...

御あつらへ三色弁慶(幕末の浮世絵師・歌川豊国(三代)の画)

1 :名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)09:12:54 ID:JqOなお春画はない模様http://i.imgur.com/QXafa9Y.jpg浮世絵ハイセンスすぎワロタwwwww http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1428192774/5 :名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)09:13:54

[2014年10月発売予約] マックスファクトリー figma 井之頭五郎 並盛りver. (孤独のグルメ)

[2014年10月発売予約] マックスファクトリー figma 井之頭五郎 並盛りver. (孤独のグルメ)