木材を取り入れるバランス (床はフローリングで)

コーディネートNo.531012「」。知恵とアイデアをシェアすれば、日本の、家も暮らしも、変わっていく。あなたが見つけたアイデアも、まとめてみてください。誰かの暮らしをハッピーな方に変えていく、きっかけになるはずです。

700 Palms Residence by Ehrlich Architects #architecture #interior #design

シンプルシックながら存在感があり、どのテイストにも不思議としっくりなじむ北欧デザインの家具。 ここではその中でも活用しやすいチェストを、各部屋ごとにセンスよく取り入れるちょっとしたコツをご紹介します。 おすすめの北欧デザインチェストをお取り扱いのショップも合わせてご案内しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

キッチンと一体のカウンターとダイニングテーブルも造り付けです。

Kitchen island with dining table extension キッチンと一体のカウンターとダイニングテーブルも造り付けです。 More

鬱悶

自宅での仕事や調べ物をするのにも、環境は大切です。十分なスペースがない、収納がないという状況では効率もあがりません。仕事環境を整えることは、成果アップにも直結するもの。そんな環境を支えるオフィスデスクの選び方やおすすめ製品を紹介します。

桂坂の家|HouseNote(ハウスノート)

間工作舎/一級建築士事務所の投稿記事:「自然を捉え、自然を感じる癒しの家」です。遠くに山々を望む、京都郊外の家。 敷地は、緑豊かな公園に対して扇形に広がっている。 建て主は、豊かな自然の風景を暮らしに取り込むこと、また、ご夫婦とお子様家族3人で立てるキッチンなどを希望した。 建物は公園の景色を生かし、扇形の敷地に沿うように配置。 1階LDKの正面には公園の自然が広がる。 リビング・ダイニング・キッチンを行き来すると、木立を散策しているかのような感覚になる。 LDKの中心には、存在感のあるアイランドキッチンを据えた。 一部を家のラインに合わせるように大きく張り出させたことで広々とした作業スペースをつくり、家族みんなで料理を楽しめるとともに、空間にも馴染んでいる。 吹き抜けのリビングからは立ち並ぶ木々や空といった大らかな自然、2階のバスルームから夕焼けや遠くの山並みが見え、住まいのどこに居ても豊かな自然が目に入る。 住まいには杉の柱やカラ松の床、珪藻土といった自然素材をふんだんに使用し、外の自然と内部の自然素材が調和。 自然の温もりを目で、肌で愉しむ、心地良い住まいが完成した。

ラーメン

ほぼ毎日家族が集まるお部屋といえばリビング、そして忘れてはいけないダイニング。一緒にごはんを食べたり、その日にあったことを話したり…。一家団欒のひとときを過ごすダイニングこそ、居心地の良いお部屋にしたいですよね。いろいろと試してみたけど、理想のダイニングには何かが足りない…。そんな悩める人が参考にしたい、素敵なダイニン

鈴木 修司さん 『四季折々の自然と手仕事のぬくもりに囲まれた、 新しい日本家屋スタイル 』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

鈴木 修司さん 『四季折々の自然と手仕事のぬくもりに囲まれた、 新しい日本家屋スタイル 』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-


その他のアイデア
Pinterest
検索