Yusuke Matsubayashi

Yusuke Matsubayashi

京都宇治で、焼き物を作っています。 朝日焼という400年続く窯元の長男です。 茶にかかわる器を主に作って、作家活動をしております。 宇治と大阪心斎橋の南船場で陶芸教室をしております。 宇治と焼き物、お茶を愛しております。
Yusuke Matsubayashi
Yusukeさんの他のアイデア
2012年3月9日(金)この枝ぶりには参りました。一枝一葉も落していません。   花=長束椿(ナガツカツバキ)   器=青銅王子形水瓶(六朝時代)

2012年3月9日(金)この枝ぶりには参りました。一枝一葉も落していません。 花=長束椿(ナガツカツバキ) 器=青銅王子形水瓶(六朝時代)

Blue Away 2012 6" x 6" Vintage smalti, stained glass, gold smalti Art and photo copyright 2012 Kelley Knickerbocker of Rivenworks Mosaics, All rights reserved

Blue Away 2012 6" x 6" Vintage smalti, stained glass, gold smalti Art and photo copyright 2012 Kelley Knickerbocker of Rivenworks Mosaics, All rights reserved

大掃除//サッシガラスの無かった子供の頃は、雑巾を人差し指に被せ、窓の桟を一本一本拭かされた。 あの頃の窓拭きは今の何倍も時間がかかったし、水を流して乾くまで開け放たれた玄関から風が入り、 家の中はどこにいても寒かった。 あれから◯十年。暖房でヌクヌクした部屋でカーテンの洗濯と冷蔵庫の掃除をするくらいで今年も暮れの掃除は終わり。 それではお正月様は来ないよ、と言う声がどこからか聞こえる。   古い井戸の滑車にロウバイと磯菊

大掃除//サッシガラスの無かった子供の頃は、雑巾を人差し指に被せ、窓の桟を一本一本拭かされた。 あの頃の窓拭きは今の何倍も時間がかかったし、水を流して乾くまで開け放たれた玄関から風が入り、 家の中はどこにいても寒かった。 あれから◯十年。暖房でヌクヌクした部屋でカーテンの洗濯と冷蔵庫の掃除をするくらいで今年も暮れの掃除は終わり。 それではお正月様は来ないよ、と言う声がどこからか聞こえる。 古い井戸の滑車にロウバイと磯菊

季節の茶花 - 養和会 塩月弥栄子の茶室

季節の茶花 - 養和会 塩月弥栄子の茶室

季節の茶花 - 養和会 塩月弥栄子の茶室

季節の茶花 - 養和会 塩月弥栄子の茶室