More ideas from コウ
女王蜂が自身から沸き上がるオリジナルの音楽を奏でるバンドであることは間違いのない事実だけれど、ゆえに言語が通じないかのような孤高の存在として認識されていたこともまた事実。しかし獄門島一家や“売旬”での

女王蜂が自身から沸き上がるオリジナルの音楽を奏でるバンドであることは間違いのない事実だけれど、ゆえに言語が通じないかのような孤高の存在として認識されていたこともまた事実。しかし獄門島一家や“売旬”での

- ̗̀ @cabeswtr ̖́-

His lips worked over her jaw, down her neck. He pressed them hotly against her scars. Her need pulsed behind her eyelids, called out with every beat that brought her blood pounding through her veins, calling to him. His fangs grazed her neck, finding the