どこかかっこよく、どこかキュートで、そして自然体。 | Somewhere cool, somewhere cute, and naturally. 2012-03-21 | shirt price :16,800 brand : DEUXIÈME CLASSE http://deuxieme-classe.jp/ | joggers price :19,800 brand : JAMES PERSE https://www.jamesperse.com/

地味になりがちな秋冬のコーディネートに白を一つ 入れる。見た目の印象も、自分自身の心も華やぎます。たとえば、ホワイトデニムで!足元はレオパード柄のオペラシューズでパンチを少しプラスしました。寒い日にはH&Mでこの前買った黒いニットのレッグウォーマーをくしゅくしゅっとプラスしてよく着ています。黒・白・ベージュの王道配色だから、クリーンにまとめ過ぎないことがポイント。

地味になりがちな秋冬のコーディネートに白を一つ 入れる。見た目の印象も、自分自身の心も華やぎます。たとえば、ホワイトデニムで!足元はレオパード柄のオペラシューズでパンチを少しプラスしました。寒い日にはH&Mでこの前買った黒いニットのレッグウォーマーをくしゅくしゅっとプラスしてよく着ています。黒・白・ベージュの王道配色だから、クリーンにまとめ過ぎないことがポイント。

Kyoko Kikuchi's Closet | ナチュラルなムードで着たい トレンドのシルエット

Kyoko Kikuchi's Closet | ナチュラルなムードで着たい トレンドのシルエット

王道配色のバージョン 黒、白、ベージュ。 いつも着るとホッとする 自分らしい配色のひとつ。 私のワードローブに欠かせない ホワイトデニム。そこへボーダーを着て、 トレンチをはおって。 ストールをぐるんと巻いて小物で黒を効かす。 今の気分をちょっぴり盛り込むと 新しい気持ちになって いつもの配色が、また好きになる。

王道配色のバージョン 黒、白、ベージュ。 いつも着るとホッとする 自分らしい配色のひとつ。 私のワードローブに欠かせない ホワイトデニム。そこへボーダーを着て、 トレンチをはおって。 ストールをぐるんと巻いて小物で黒を効かす。 今の気分をちょっぴり盛り込むと 新しい気持ちになって いつもの配色が、また好きになる。

カジュアルでも、エレガントでも、クラシックでもない。 新しい気分のトレンチのムード。

カジュアルでも、エレガントでも、クラシックでもない。 新しい気分のトレンチのムード。

ファッション/明日、なに着る? 「...|働く女性のおしゃれを磨くファッション誌「BAILA(バイラ)」の公式サイト「@BAILA(アットバイラ)」|HAPPY PLUS(ハピプラ)

ファッション/明日、なに着る? 「...|働く女性のおしゃれを磨くファッション誌「BAILA(バイラ)」の公式サイト「@BAILA(アットバイラ)」|HAPPY PLUS(ハピプラ)

Pinterest
検索