危険度レベル「高」。これだけは避けたい、特にハイリスクな添加物リストをまとめました。//江戸時代は良かったなー。

食品添加物をすべて覚えることは極めて困難。 でも、少しの知識で危険度の高いものを避けることができる。 食品の腐敗を防ぐため、わたし達消費者の嗜好に合わせるため、安価に商品を製造し利潤を出すため・・・ 多くの「メリット」のために食品添加物は使用され、わたし達の身の回りに溢れています。 大量生産、大量消費の現代社会で、わたし達は食品添加物の恩恵を受ける反面、添加物を長期にわたり摂り続けた結果に起こる体への影響を、まだきちんと把握できていません。 国内では認可されている添加物でもその発ガン性のため、海外では使用を禁止されているものもあります。 わたし達が何気なく毎日口にしているその食べ物に、危険性の高い食品添加物が使用されているかもしれない。 しかし、いくら「多くの食品添加物には発ガン性の可能性がある」といわれても、ほとんどの方は市販の商品の原材料をみても意味がわからないでしょうし、どれが危険なのかについて見分けがつかないことでしょう。 また老眼などで視力がよくないと、細かいカタカナ文字の羅列をみても何が何だかわからないという声もききます。…

調理時の下ごしらえでスーパーの野菜を除毒する方法。今日から始める食の不安解消法。

食品偽装や残留農薬・添加物、遺伝子組み換え食品など、食の不安がはびこる現代。

牛乳のウソ&ホント |ひふみ塾 世回りブログ

牛乳のウソ&ホントQ、牛って一年中お乳がでるんじゃないの?A,いいえ。牛は私たちと同じ哺乳動物だから、妊娠出産しないとお乳はでません。お乳をだし続けるために、…

試験的に食パンを10日以上放置したもので、添加物が入っているモノは腐らない。 世界では禁止されている「臭素酸カリウム」が日本では普通に使われてる

試験的に食パンを10日以上放置したもので、添加物が入っているモノは腐らない。 世界では禁止されている「臭素酸カリウム」が日本では普通に使われてる

朝食でパンを食べることが、人間の脳と体を完全に狂わせる。|リーディング&カンパニー株式会社

朝食でパンを食べることが、人間の脳と体を完全に狂わせる。 | リーディング&カンパニー株式会社

恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!|ひとー人~shig/谷田茂厚労省は、臭素酸カリウムの使用の際は、 「この製品には臭素酸カリウムを使用しています」 との表示をするよう山崎製パンに 要請しています。 本来、臭素酸カリウムのような加工助剤の表示は免除されています。 それを表示するように求めているのは、厚労省も 「できれば消費者には食べてほしくない」と考えているのかもしれません。 ともあれ、山崎製パンが消費者の健康を本当に考えているのならば、 何よりも臭素酸カリウムの使用を中止するべきです

恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!|ひとー人~shig/谷田茂厚労省は、臭素酸カリウムの使用の際は、 「この製品には臭素酸カリウムを使用しています」 との表示をするよう山崎製パンに 要請しています。 本来、臭素酸カリウムのような加工助剤の表示は免除されています。 それを表示するように求めているのは、厚労省も 「できれば消費者には食べてほしくない」と考えているのかもしれません。 ともあれ、山崎製パンが消費者の健康を本当に考えているのならば、 何よりも臭素酸カリウムの使用を中止するべきです

タブーとされた化粧品の真実をハッキリと書いた「あぶない化粧品」

船瀬俊介連載コラム あぶない化粧品―美しくなるために (三一新書 (896)) 『あぶない化粧品』(三一新書)。これは私が日本消費者連盟のスタッフの時に執筆を担当した本です。若干二五歳。手がけた二冊目の本なので思い出も深いですね。 この本は、事務所があった中目黒の喫茶店で一週間ほどで書き上げました。それが、な

医師が「自分では絶対に食べない」アブナイ食材5つ

私たちが普段口にしている食品の数々。その出どころや栽培環境を考えたことがあるでしょうか? 考えたことがない、というよりも、「あまり考えたくない……」というのがホンネかもしれませんね。

医師が「自分では絶対に食べない」アブナイ食材5つ

私たちが普段口にしている食品の数々。その出どころや栽培環境を考えたことがあるでしょうか? 考えたことがない、というよりも、「あまり考えたくない……」というのがホンネかもしれませんね。

牛のエサに牛や○○が アメリカ産牛肉の実態|牛が屠殺されると、その重量の半分は食用にはならない。つまり腸や内容物、頭部、ひづめ、そ して角などで、骨や血も「食べられない」。そこでこれらは、「レンダリング・プラント」(動物性脂肪精製工場)というところに運ばれる。そして巨大攪拌機 (かくはんき)に投げ込まれる。ついでに言うと、「病気で死んだ牛は丸ごと放り込まれる」。

食について僕らはあまりにも無頓着すぎないだろうか 何度も問題を起こしたファーストフードチェーンに足を運ぶ 国が認可してるから大丈夫だろう 安くて便利だからって・・ 口から入るもの それはダイレクトに健康に影響を及ぼす 堤未果氏の「㈱貧困大国アメリカ」にこんな記事が載っている 食の工業化で潤う抗生物質市場(P84) 2013年2月。FDAの全米薬剤耐性監視システムが 発表した 全米食肉年次報告書は 多くのアメリカ国民にとって背筋が凍る内容だった 検査対象となった七面鳥のひき肉の81%、牛ひき肉の55%、 豚の骨つきロース肉の69%、鶏肉の39%から 抗生物質に耐性を持つ細菌が検出されたのだ 鶏肉に関しては53%から大腸菌や、 毎年アメリカ国内で数百万人の食中毒患者を生むサルモネラ菌と カンピロバクター菌も見つ...


その他のアイデア
Pinterest
検索