テラスと一体になった土間リビングは、窓を開けるとこれ以上ないほどの開放感を得ることができます。 建築家:小磯一雄|KAZ建築研究室「群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house」

リビングなどに活用できるおしゃれな土間リノベーション事例

テラスと一体になった土間リビングは、窓を開けるとこれ以上ないほどの開放感を得ることができます。 建築家:小磯一雄|KAZ建築研究室「群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house」

住宅の間取りを構成する要素として、大きく分けて、パブリックゾーンとプライベートゾーン、この二つのゾーンがあります。ちなみに、パブリックゾーンとは、LDKな...

住宅の間取りを構成する要素として、大きく分けて、パブリックゾーンとプライベートゾーン、この二つのゾーンがあります。ちなみに、パブリックゾーンとは、LDKな...

屋外に置くには場所や雨の心配があり、なかなかスペースが決まらない自転車も、土間なら悩みが見事に解決されます。さらに自転車の色が土間にアクセントをもたらせてくれます。リフォーム・リノベーション会社:株式会社アルティザン建築工房「玄関土間は自転車ピット」

今見直される!土間の使い勝手の良さを大解剖

屋外に置くには場所や雨の心配があり、なかなかスペースが決まらない自転車も、土間なら悩みが見事に解決されます。さらに自転車の色が土間にアクセントをもたらせてくれます。リフォーム・リノベーション会社:株式会社アルティザン建築工房「玄関土間は自転車ピット」

けいかく中 bowsteps – バウステップス – - 名古屋市の住宅設計事務所 フィールド平野一級建築士事務所

けいかく中 bowsteps – バウステップス – - 名古屋市の住宅設計事務所 フィールド平野一級建築士事務所

アラジンのストーブがこれだけ似合うというのも白倉邸ならではかもしれない。

明治の建築に暮らす海とカラクリを楽しむ築134年、床面積147.87㎡の家

アラジンのストーブがこれだけ似合うというのも白倉邸ならではかもしれない。

「猫と暮らす中庭のある家」の間取りをご紹介します。家事のしやすい動線づくりや、部屋をキレイに保ちやすい間取りを提案しています。

「猫と暮らす中庭のある家」の間取りをご紹介します。家事のしやすい動線づくりや、部屋をキレイに保ちやすい間取りを提案しています。

もと押し入れだった中2階は秘密基地のよう。ニッチも設けてディスプレイスペースに。

築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び家も暮らしも自分流に

名称未設定-1

これからのお家は廊下がなくなる? LDKに変わる新たな間取りとは

Pinterest
Search