Should have gone to Specsavers!

The latest Tweets from 盛田隆二📎🖇 (@product1954). 小説家◆最新刊は、初の犯罪ミステリー『蜜と唾』(光文社)、初のノンフィクション『父よ、ロング・グッドバイ―男の介護日誌』(双葉社)、『いつの日も泉は湧いている』(小学館文庫)の三冊◆著書は他に『残りの人生で、今日がいちばん若い日』『二人静』『身も心も』『夜の果てまで』など→https://t.co/FegOgtyXk8. 川越在住の小説家です。新刊のお知らせなどはこちらをどうぞ

覚せい剤「ヒロポン」(1942)  大日本製薬株式会社の中枢神経刺激薬。 現在は悪名高い覚せい剤は向精神薬の一種である。 生産能率を向上させる「栄養剤」として戦前まで使われていた。

シュールな広告アートまとめ on

シュールな広告アートまとめ on Twitter: "覚せい剤「ヒロポン」(1942) 大日本製薬株式会社の中枢神経刺激薬。 現在は悪名高い覚せい剤は向精神薬の一種である。 生産能率を向上させる「栄養剤」として戦前まで使われていた。 https://t.co/LHYdxSS1WQ"

創業者“三島海雲”の知人である駒城卓爾(コマキタクジ)氏の、『甘くてすっぱい「カルピス」は“初恋の味”だ。初恋という言葉には、人々の夢と希望と憧れがある。』という言葉に由来します。1922年(大正11年)4月の新聞広告に使用したのが始まりです。「カルピス」の発売は1919年(大正8年)7月7日の七夕の日です。

カルピスの初代広告 創業者“三島海雲”の知人である駒城卓爾(コマキタクジ)氏の、『甘くてすっぱい「カルピス」は“初恋の味”だ。初恋という言葉には、人々の夢と希望と憧れがある。』という言葉に由来します。1922年(大正11年)4月の新聞広告に使用したのが始まりです。「カルピス」の発売は1919年(大正8年)7月7日の七夕の日です。

カルピス、大正13年。Calpis ad. by Otto Dunkel, 1924 Japan.

「カルピスの一杯に初戀の味がある」大正13年、カルピス広告。☆発売は大正8年。The long-selling CALPIS drink (since 1919) ad. poster by Otto Dunkel, 1924 Japan, with the copy lit. 'There's a taste of first love in a glass of Calpis.'

kirin beer

視線を利用した構図 【昭和】レトロなポスター : レトロな広告・ポスターの画像アルバム【明治・大正・昭和初期】 - NAVER まとめ

ヘチマコロン 1936

ヘチマコロン 1936 もっと見る

雪印

#Japanese #Cartoon_Package #Vintage_Cereal_Box #Food_package #Kids #package_design #character #雪印 #レトロ #昭和

Pinterest
検索