YAINA

YAINA

はじめまして。YAINAです。 元々は友人、家族、恋人、大切な人の為にものづくりをしていました。 そうしているうちに色んな方からご依頼を頂けるようになって、「よし!もっと沢山の人の為に作りたいぞ!」と思い立って、アクセサリーの販売を始めました。 使って下さる方のことを考えながら、ひとつひとつ心を込めて作っています。
YAINA
YAINAさんの他のアイデア
So neat

千葉県の郊外に建つ、若い夫婦と小さな子供のための住宅。 敷地の中に配置した大きな屋根の中に、8本のY字型をした木フレームを林立させ、そのフレームに2階の床やロフトの床を引掛けて居室を設ける計画とした。Y字フレームは、伝統的な木造建築でいう屋根裏の束や梁のように家全体に張り巡らされ、その中に自由な高さで6枚の床板を引掛けている。引掛ける床板のレベルや場所よって、屋根面や他の居室との距離が変化するとともに、床板下の空間にも変化が生まれている。 家全体は1つの大きなワンルームだが、Y字フレームとそこに引掛かる床板によって、大きな屋根の下の空間が緩やかに分節され、家族がそれぞれの場所に居ながらでも、互いに気配を感じながら暮らしていけることを意図している。 Y字フレームに絵や小物を飾ったり洗濯物を掛けたり、また子供の背丈が印させたりと、家族の日常的な生活に家の骨組みが自由に使われて関わっていくことで、手垢が残る本のように、家族の生活の跡が残る家になってほしいと思う。…

南千束の家

敷地は緑豊かな洗足池公園から程近い第1種低層住居専用地域内にあり、風致地区の指定を受けた閑静な住宅街でありますが、敷地周囲は北側の前面道路を除き、3方は住宅が接近して建つため採光条件には恵まれていません。 東西からの日照が期待できないため、南北を開放する一方向ラーメンを採用し、 地下、1階、2階の3層にR階(屋上)を加え、4層の断面の中で明るいインテ リアとアウトドアの生活を楽しめるエクステリアの獲得をめざしました。 読書室のある地下1階は、1階に設けられた吹抜けと一体になることで、地下はあたかも1階と等価の日照条件を得、地下躯体床の深夜電力利用のヒーターが地 下、1階だけでなく、2階床まで暖めることにも役立っています。 3つの外部空間は食事や読書に利用され、中でも洗足池を臨む屋上テラスには夏の間子供達のためのプールが設置され、リゾートのようです。 専門家:磯部邦夫が手掛けた注文住宅事例:南千束の家のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

狭小住宅・コンパクトハウス(30坪以下) 建築主は30代のご夫婦で、奥様は最近お子様をご出産されたばかりのご家族です。敷地はマンションに囲まれ、隣地の住宅はぎりぎりに建っているという悪条件のもと、光をどう採り入れるかが設計のポイントであったので、中庭を囲むような建物を計画しました。また、「深みのある家を」とのご主人の希望により、焼き杉、玉砂利洗い出しなど、伝統的な和の素材を要所要所で活用するとともに、室内も深みのある色合いでまとめました。 設計監理:フリーダムアーキテクツデザイン 施工場所:兵庫県神戸市