佐賀県武雄温泉 竹林亭のデザイン・設計実績ページです。

川棚温泉旅館小天狗さんろじのデザイン・設計実績ページ。 熊本の設計事務所、大森創太郎建築事務所です。

テラスと一体になった土間リビングは、窓を開けるとこれ以上ないほどの開放感を得ることができます。 建築家:小磯一雄|KAZ建築研究室「群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house」

リビングなどに活用できるおしゃれな土間リノベーション事例

閑静な住宅街の一角に建つ4人家族のためのコンパクトな住まいです。クライアントのライフスタイルがあまりにも個性的なので、それに負けないくらいに力強く大地に根付く家を考えました。屋根は芝生、均等に並んだ梁はグリーンカーテンになります。それらは住み手と共に成長しながら、大地と住まいが一体になります。内部は土間のようなワンルーム。それぞれの個室は必要最小限にして、家族の居場所を最大限に確保しています。家の中心には薪ストーブが置かれ、芝屋根と共にスローライフを楽しみます。 自然環境を考えながら、地域との関わりと家庭内コミュニティを大切にした住まいです。 専門家:小磯一雄|KAZ建築研究室が手掛けた注文住宅事例:群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat houseのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

リビングからフラットにウッドデッキにつながる空間が素敵すぎる。

【リノベ暮らしな人々】 vol.27 風と緑と光と。2人でつくるスローライフ | 暮らしといっしょ | 不動産・住宅情報サイト HOME'S

コの字のリビングに囲まれたウッドデッキの中庭

リビング・ダイニングに隣接するウッドデッキの中庭

コの字のリビングに囲まれたウッドデッキの中庭 もっと見る

UZU の 北欧風 温室 4階住居/プライベートリビング インナーテラス

家の中に植物を取り入れる方法は?

植物はアートや癒しとして私達の暮らしをさらに豊かにしてくれる貴重なインテリアです! こちらのアイディアブックでは、みなさんも今すぐ取り入れたくなるような、室内植物を取り入れる方法を数々ご紹介しております。

[生駒の家]をWORKSにUPしました もっと見る

[生駒の家]をWORKSにUPしました

生駒の家 house in ikoma 土間の吹き抜けを起点に部屋が、 家族がつながる。 施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。 丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。 ▼詳しいご紹介はコチラ▼ Double height ceiling space at…

女性で、4LDK、家族住まいの部屋全体/unico/ラグ/北欧/アクセントウォール/イームズ…などについてのインテリア実例を紹介。「この4つの縦長窓…最初はヴィッキルースをカーテンとして使ってたのですがなんだかゴチャゴチャ見えて外しました…(>_<

Overview/unico/ラグ/北欧/アクセントウォール/イームズ…などのインテリア実例 -2015-01-09 15:14:02

Overview/unico…などのインテリア実例 - 2015-01-08 22:14:02

土間リビングの家 | 有限会社FCDの実績 | SuMiKa

土間リビングの家(筑西の家) 敷地は、筑西市の中心市街地、歴史的な建築物も近隣に建ち並ぶ住宅地に位置します。 若いご夫婦と二人の子供達のための家。 1階と2階は吹き抜けにより繋がり、動線突き当たりの落ち着いた位置にある主寝室は、L字に張り出した形状とすることで、リビングと視線が重なる位置関係となっています。一体的な空間で構成することにより、互いの気配を感じることが出来る家、意外と短い家族全員で過ごす時間を、みんなで共有できるプランとしています。各部屋はプライバシーや空調効率を調整出来るよう、常時開放可能な開口でエリア分けされており、家族の成長に合わせ変化できるよう考えています。 LDKとひと繋がりになった広い土間は、縁側のように内外の境界を曖昧にし、積極的に人を招き入れる、開けた交流の場所をつくり出します。 深い軒や色彩など、現代的にアレンジした和のデザインにより、歴史ある街並みや地域の生活に溶け込み、永く愛され住み継がれて行く家になるよう設計しました。


その他のアイデア
Pinterest
検索