ぺるそな

ぺるそな

東京都 / My favorite きれいなモノが好き
ぺるそな
ぺるそなさんの他のアイデア
銘「三室」 個人蔵 高さ8.7~9.0cm 口径15.0~15.4cm 高台径5.3cm

大井戸茶碗、それは大名たちがあこがれた権威と大器の象徴。井戸茶碗特集の第一弾は大井戸茶碗でございます。大井戸は井戸と呼ばれる茶碗の中でも特に大名たちが血眼になって探し回った茶碗であり、萩の大名、毛利輝元は自らの領内で井戸茶碗に似た茶碗を作らせようと萩焼を

SADO...NATUME.... 松 竹 梅 Design of Pine, Bamboo, and Plum Blossom. Edo period (1615–1868)

SADO...NATUME.... 松 竹 梅 Design of Pine, Bamboo, and Plum Blossom. Edo period (1615–1868)

HANDEISHI KAWAKITA 川喜多半泥子 | SHINGORI.COM

pattern 粉引茶碗 「銘たつた川」Konahiki #tea bowl by Handeishi #Kawakita 1878〜1963 川喜田半泥子

黒樂茶碗 銘 俊寛(しゅんかん) 初代 長次郎|桃山時代(十六世紀)|重要文化財|三井記念美術館蔵 この「俊寛」にも故事来歴がある。利休が九州の弟子に長次郎の茶碗をいくつか見せて選ばせたところ、この黒茶碗を選んだという。もちろん利休がそのとき最も好んだ茶碗であったが、利休は、九州鬼界ヶ島に流された俊寛に例えて「この黒茶碗は、俊寛僧都よな」とつぶやいたという。箱表に貼り付けられた小さな紙札に書かれた「俊寛」の字は利休自筆という。

黒樂茶碗 銘 俊寛(しゅんかん) 初代 長次郎|桃山時代(十六世紀)|重要文化財|三井記念美術館蔵 この「俊寛」にも故事来歴がある。利休が九州の弟子に長次郎の茶碗をいくつか見せて選ばせたところ、この黒茶碗を選んだという。もちろん利休がそのとき最も好んだ茶碗であったが、利休は、九州鬼界ヶ島に流された俊寛に例えて「この黒茶碗は、俊寛僧都よな」とつぶやいたという。箱表に貼り付けられた小さな紙札に書かれた「俊寛」の字は利休自筆という。