ペットと飼い主の物語

【Hanako & Meshiuma】
two children and an older man in a hospital bed with a cat on their lap
「家で家族や飼いネコと過ごしてほしい」。仕事もプライベートもいつも一緒だった夫婦が選択した在宅介護
【Makoto×Souko×Mitsuko】「毎朝起きると、まず夫が息をしているのを確認して、『おおやったぞー』ってなるんです。1日でも長く一緒にいたいと思って、何ならまた、目を覚まさないかと思っています」。 がんと脳腫瘍の闘病を続けてきた誠さん。年末に救急で病院に運ばれてから、意識障害が続いている。そんな誠さんを、妻の崇子さんや家族が自宅で介護しはじめて2カ月。飼いネコの「みつこ」も、ベッドの上で見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a man and two women are looking at a baby on a bed with a dog
家族の休日【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
【Moe×Sakuto×Pino×Yuta】チワワとプードルのミックスのピノちゃんと、1歳になったさくとくん。家族の休日【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
two adults and a child sitting on a rug in a living room
家族の休日【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
【Moe×Sakuto×Pino×Yuta】チワワとプードルのミックスのピノちゃんと、1歳になったさくとくん。家族の休日【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a group of people standing around a woman laying in a bed with a cat on her lap
「家で家族や飼いネコと過ごしてほしい」。仕事もプライベートも、いつも一緒だった夫婦が選択した在宅介護
【Makoto×Souko×Mitsuko】「毎朝起きると、まず夫が息をしているのを確認して、『おおやったぞー』ってなるんです。1日でも長く一緒にいたいと思って、何ならまた、目を覚まさないかと思っています」。 がんと脳腫瘍の闘病を続けてきた誠さん。年末に救急で病院に運ばれてから、意識障害が続いている。そんな誠さんを、妻の崇子さんや家族が自宅で介護しはじめて2カ月。飼いネコの「みつこ」も、ベッドの上で見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
【Makoto×Souko×Mitsuko】「毎朝起きると、まず夫が息をしているのを確認して、『おおやったぞー』ってなるんです。1日でも長く一緒にいたいと思って、何ならまた、目を覚まさないかと思っています」。 がんと脳腫瘍の闘病を続けてきた誠さん。年末に救急で病院に運ばれてから、意識障害が続いている。そんな誠さんを、妻の崇子さんや家族が自宅で介護しはじめて2カ月。飼いネコの「みつこ」も、ベッドの上で見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
「家で家族や飼いネコと過ごしてほしい」。仕事もプライベートも、いつも一緒だった夫婦が選択した在宅介護
【Makoto×Souko×Mitsuko】「毎朝起きると、まず夫が息をしているのを確認して、『おおやったぞー』ってなるんです。1日でも長く一緒にいたいと思って、何ならまた、目を覚まさないかと思っています」。 がんと脳腫瘍の闘病を続けてきた誠さん。年末に救急で病院に運ばれてから、意識障害が続いている。そんな誠さんを、妻の崇子さんや家族が自宅で介護しはじめて2カ月。飼いネコの「みつこ」も、ベッドの上で見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
three people in a hospital room with a cat on the bed and one person standing up
場を和ませる存在
【Makoto×Souko×Mitsuko】最初家に来たときは神経質だったみつこ。外から人が来ると隠れて出てこないこともあったが、息子夫婦に子どもが生まれて遊びに来るようになると、少しずつ距離を縮めていくようになり、家族以外の人の出入りも気にしなくなっていった。 今、誠さんを診るため家には医師や看護師が毎日出入りしているが、みつこはあまり動じない。「看護師さんたちもネコ好きが多くて、今や看護師さんたちとのコミュニケーションはみつこがとっています(笑)。夫がみつこにすごく愛情を注いだことで、今、みつこが看護師さんたちと私たち家族をつなぐ和やかな場をつくってくれて、助けられるというか、本当にありがたいですね」 誠さんが元気だった頃から一緒に寝ていることが多かったみつこ。今は誠さんの足元が定位置だ。ベッドの上でウトウトしながら誠さんや家族の様子を見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a cat sitting on top of a bed next to a person in a hospital room
「こいつだけは、俺が守る」
【Makoto×Souko×Mitsuko】誠さんは子どものころに飼っていた犬との別れが辛かった経験があり、崇子さんは猫アレルギー。もともと家で動物を飼うつもりはなかった。 しかし、ある日娘がまだ小さかったみつこを連れ帰ってくる。はじめは娘が2階の自室でみつこの世話をしていたが、その娘も家を出ることに。 「二度と動物に情を移すことはしないと思っていたけど、こいつだけは守る」。残されたみつこを見かねて世話をし始めたのが、誠さんだった。 自分がこうだと思ったものには、ひたすら一生懸命になる誠さん。みつこにも愛情を注いだ。 インターネットを調べて、ネコが腎臓を悪くしやすいことを知った誠さん。みつこが飲む水を家の中にいくつも置いて、それらを1日に何回も交換した。水が替わっていないと家族を怒ることも。「みつこファースト過ぎて、正直めんどくせえなって思うくらいでした(笑)」。 「ネコが腎臓を悪くしないように頑張りすぎて、自分が腎臓を悪くした」。というのは、誠さんが病院で笑いを取る定番ネタだ。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a person in a hospital bed with a cat on his shoulder and another person holding a stuffed animal up to their face
家と飼いネコが、元気の源
【Makoto×Souko×Mitsuko】前日までできていたうがいが次の日にはできなくなり、目を覚ますこともだんだんと少なくなっていく。病院に入院していると、少しずつできないことが増えていった。そんな誠さんの様子を見ているのがつらかった。「覚悟しておいてください的なことを言われたとき、すぐに家で看ることを選択しました」。仕事もプライベートも、これまでずっと夫婦一緒だった。家での付きっきりの介護にも、迷いはなかった。家にいて、みつこと戯れているのが好きだった誠さん。入院中、意識がはっきりしているときは毎日電話を掛けてきて、みつこの様子を知りたがった。「それがたぶん、夫の元気の源なんでしょうね」【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a woman laying in a hospital bed with a cat
ペットとの物語を写真撮影/宮城県仙台市から全国に出張「With you」【ペット 出張撮影 仙台】
【Makoto×Souko×Mitsuko】「毎朝起きると、まず夫が息をしているのを確認して、『おおやったぞー』ってなるんです。1日でも長く一緒にいたいと思って、何ならまた、目を覚まさないかと思っています」。 がんと脳腫瘍の闘病を続けてきた誠さん。年末に救急で病院に運ばれてから、意識障害が続いている。そんな誠さんを、妻の崇子さんや家族が自宅で介護しはじめて2カ月。飼いネコの「みつこ」も、ベッドの上で見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a woman laying in a hospital bed with a cat
家と家族と飼いネコと。仕事もプライベートも、いつも一緒だった夫婦が選んだ自宅介護
【Makoto×Souko×Mitsuko】「毎朝起きると、まず夫が息をしているのを確認して、『おおやったぞー』ってなるんです。1日でも長く一緒にいたいと思って、何ならまた、目を覚まさないかと思っています」。 がんと脳腫瘍の闘病を続けてきた誠さん。年末に救急で病院に運ばれてから、意識障害が続いている。そんな誠さんを、妻の崇子さんや家族が自宅で介護しはじめて2カ月。飼いネコの「みつこ」も、ベッドの上で見守っている。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a living room filled with furniture and a cat laying on the floor next to it
静かにくんくん匂いを嗅ぎにくる、その顔にイチコロになった。【黒柴】【ペットとの日常を出張フォト撮影 宮城】
【はなこ × 黒柴めしうま】 |「もともと、犬を飼うために家を建てたんですよ」 犬がのびのびできる広い庭と開放的なリビングは、かつての飼い犬への「もっとこうしてあげたらよかった」を実現したものだ。 「昔、実家で柴犬を飼っていたんですけど、庭がなかったり、遊ぶ時間がなかったり、死んだときにすごく後悔が残って」 そうした後悔もあり、保護犬を引き取って幸せにしたかった。出会ったとき、「めしうま」はすでに2~3歳の成犬。増えすぎて崩壊した繁殖場から保護施設へ引き取られた犬だった。くんくんと静かに匂いを嗅ぎにくる顔にイチコロになった。【ペットとの日常を出張フォト撮影 宮城 仙台】
a man pushing a wagon full of stuffed animals
寂しいとき、寄り添ってくれる犬たち
【エキゾチックアニマル板倉×犬たち】10年以上、高齢者介護の仕事を続けてきた。親しかった利用者が亡くなると寂しくて泣いてしまうこともある。そんなとき、犬たちが寄り添ってくれる。「近づいてくるときの声がいつもより低かったり、自分がいつもと様子が違うということがわかるみたいで」 言葉が通じなくても、感情がつながっているのを感じる。犬は、悲しみや喜びを分かち合える存在だ。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a woman is holding two dogs in a stroller while another dog sits on top of her
寂しいとき、寄り添ってくれる犬たち
【エキゾチックアニマル板倉×イグアナ】10年以上、高齢者介護の仕事を続けてきた。親しかった利用者が亡くなると寂しくて泣いてしまうこともある。そんなとき、犬たちが寄り添ってくれる。 「近づいてくるときの声がいつもより低かったり、自分がいつもと様子が違うということがわかるみたいで」 言葉が通じなくても、感情がつながっているのを感じる。犬は、悲しみや喜びを分かち合える存在だ。【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a monkey sitting on top of a man's head
生き物たちと福島の情報発信
【エキゾチックアニマル板倉×イグアナ】おばあちゃんが亡くなってベッドを取り払った部屋に、たくさんの生き物を迎えた。イグアナ、亀、猿、そうした生き物たちとの暮らしを発信するYouTubeも始めた。「福島のこと、東北のことを応援したいという気持ちもあります」。犬や猿を連れて、福島県内の観光スポットを訪ね歩いて紹介する動画も投稿している。生き物がきっかけで、出会いも増えた。これからYouTubeでの発信等を通じて、もっと出会いを増やしていきたい。 【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a man standing on top of a wooden floor next to a cage filled with animals
生き物たちと福島の情報発信
【エキゾチックアニマル板倉×イグアナ】おばあちゃんが亡くなってベッドを取り払った部屋に、たくさんの生き物を迎えた。イグアナ、亀、猿、そうした生き物たちとの暮らしを発信するYouTubeも始めた。「福島のこと、東北のことを応援したいという気持ちもあります」。犬や猿を連れて、福島県内の観光スポットを訪ね歩いて紹介する動画も投稿している。生き物がきっかけで、出会いも増えた。これからYouTubeでの発信等を通じて、もっと出会いを増やしていきたい。 【ペットとの日常写真 出張撮影 宮城 仙台】
a man holding a small dog while sitting on top of a floor next to a woman
寂しいとき、寄り添ってくれる犬たち
【Exotic Animal Itakura × Dogs】10年以上、高齢者介護の仕事を続けてきた。親しかった利用者が亡くなると寂しくて泣いてしまうこともある。そんなとき、犬たちが寄り添ってくれる。 「近づいてくるときの声がいつもより低かったり、自分がいつもと様子が違うということがわかるみたいで」 言葉が通じなくても、感情がつながっているのを感じる。犬は、悲しみや喜びを分かち合える存在だ。 【☠エキゾチックアニマル板倉ちゃんねる📽YouTube🐒🦎🐟🐢🐰🐭🐶🕷🕸💀】https://www.youtube.com/@exoticanimalitakurachannel
a woman laying on top of a bed next to a brown and white cat with her eyes closed
おばあちゃんねこの体温を感じる。
キジ白のおばあちゃんねこの体温を感じてからの猫吸い
an older man holding a cat in his arms while sitting at a computer desk next to a monitor
WITH YOU | ペットとの日常を出張撮影 宮城
「日常の中にこそ、残したい物語がある」。ペットと飼い主の出張フォト撮影サービス「WITH YOU」です。 ペットとの関わりに秘められた飼い主の思いやライフスタイルをご紹介します。
a person kneeling down next to a dog on a leash near a fence with a purple jacket
今日1日を大切に生きる。めしうまが教えてくれたこと。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | 毎日言い続けているおまじないがある。 「今日も明日も明後日も、めしちゃんが健康で幸せに過ごしてくれました。感謝します」 ブラッシングしながら、お腹を撫でながら、1日くらい忘れても大丈夫なように、明日と明後日の分も言っておく。その甲斐あってか、めしうまのフィラリア症は完治した。 命に関わる病気の心配はなくなったが、「1日1日を大切に」という姿勢に変わりはない。 「犬は長生きとか考えずに、1日1日を生きている。犬と過ごしていると、あと何年生きるかという感覚ではなくて、今日1日大切に生きようという感覚になれるんです」
two people standing at a table in a room with other furniture and items on the floor
夫婦の喧嘩が減って、近所付き合いが増えた。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | めしうまとの暮らしを続ける中で、いろいろな変化があった。そのひとつが夫婦喧嘩。以前は月一の頻度でしていたが、めしうまが来てからは全くしなくなった。 「めしちゃんが散歩で歩かなったり、病気が心配だったりで、私はすごくストレスだったんですけど、夫は平気で、『だって可愛いやん、全然気にならんで』。という感じでした。それまで単純な人やなと思っていたのですが、その単純な性格が尊敬できるようになりました」 近所付き合いも増えた。散歩に出かけると、犬を飼っている者同士、会話が弾んだ。今では、近所の人から野菜をもらうことも。 「犬を飼っている人は若い人も年配の人も幅広い層がいるので、いろんな年齢層の人と仲良くなれちゃうという。犬ってすごいなと」
a woman walking her dog on a sidewalk in the sun with trees and cars behind her
今日1日を大切に生きる。めしうまが教えてくれたこと。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | 毎日言い続けているおまじないがある。 「今日も明日も明後日も、めしちゃんが健康で幸せに過ごしてくれました。感謝します」 ブラッシングしながら、お腹を撫でながら、1日くらい忘れても大丈夫なように、明日と明後日の分も言っておく。その甲斐あってか、めしうまのフィラリア症は完治した。 命に関わる病気の心配はなくなったが、「1日1日を大切に」という姿勢に変わりはない。 「犬は長生きとか考えずに、1日1日を生きている。犬と過ごしていると、あと何年生きるかという感覚ではなくて、今日1日大切に生きようという感覚になれるんです」
a woman standing next to a black and white dog on a leash near a fence
慣れるまで散歩しなかっためしうまに、ホメホメ作戦。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | めしうまの散歩は朝と夕方の2回。今は元気に散歩するめしうまだが、家に来たばかりのときは、散歩に出かけても数メートルで動かなくなってしまうことが続いた。 「色んな犬の中で大きくなった子なので、犬社会のマナーがわかっていて、トラブルが少ないし飼いやすいよ、と言われていたのですが、慣れるまでには時間がかかりました。最初はリビングにもなかなか入ってこなくて」 しかし、夫の真也さんが散歩するときにはめしうまは歩くのだという。あるとき、真也さんが連れて行く散歩を後ろからつけて観察することにした。 「めしちゃんが散歩の途中に座り込んだら、夫は背中をさすりながら『めしちゃん行くで。歩くで』とか言って、励ましていた。それで、私は励ましを超えた『ホメホメ散歩』に変えたんです」 「あ、すごい。めしちゃん歩いてくれて嬉しいな。めしちゃんと散歩できてうれしいな」 一歩でも歩いたら、ひたすら褒め続けた。すると、1回も止まらずに歩いためしうま。その日からは普通に歩くようになり、今では散歩が大好きだ。
a woman walking her dog down the street in front of a fenced off house
慣れるまで散歩しなかっためしうまに、ホメホメ作戦。【黒柴】【ペットとの日常を出張フォト撮影 宮城】
【はなこ × 黒柴めしうま】めしうまの散歩は朝と夕方の2回。今は元気に散歩するめしうまだが、家に来たばかりのときは、散歩に出かけても数メートルで動かなくなってしまうことが続いた。 「色んな犬の中で大きくなった子なので、犬社会のマナーがわかっていて、トラブルが少ないし飼いやすいよ、と言われていたのですが、慣れるまでには時間がかかりました。最初はリビングにもなかなか入ってこなくて」 しかし、夫の真也さんが散歩するときにはめしうまは歩くのだという。あるとき、真也さんが連れて行く散歩を後ろからつけて観察することにした。 「めしちゃんが散歩の途中に座り込んだら、夫は背中をさすりながら『めしちゃん行くで。歩くで』とか言って、励ましていた。それで、私は励ましを超えた『ホメホメ散歩』に変えたんです」 「あ、すごい。めしちゃん歩いてくれて嬉しいな。めしちゃんと散歩できてうれしいな」 一歩でも歩いたら、ひたすら褒め続けた。すると、1回も止まらずに歩いためしうま。その日からは普通に歩くようになり、今では散歩が大好きだ。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | 迷いもあった。めしうまは、放置すれば死に至ることもある「フィラリア症」に感染していた。 「命にかかわる病気なので、長く生きないかもしれないし、他の犬と遊ぶときにも印象が良くないし、周りから反対されたりもして」 悩んだ末に獣医に相談。獣医師はこう言った。 「その子にとっての一番の幸せは、里親さんが決まって、早く治療を始めてあげること。一緒に治療していきましょう」。その言葉に迷いは晴れた。 「自分の心配ばかりしていたけど、この子にとっての幸せは何だろうと考えが切り変わりました。長く一緒にいたいということではなく、1日1日を大切に過ごさせてあげようと思うようになって、あまり心配がなくなったというか」
命に関わる病気。1日1日を大切に過ごさせてあげたい。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | 迷いもあった。めしうまは、放置すれば死に至ることもある「フィラリア症」に感染していた。 「命にかかわる病気なので、長く生きないかもしれないし、他の犬と遊ぶときにも印象が良くないし、周りから反対されたりもして」 悩んだ末に獣医に相談。獣医師はこう言った。 「その子にとっての一番の幸せは、里親さんが決まって、早く治療を始めてあげること。一緒に治療していきましょう」。その言葉に迷いは晴れた。 「自分の心配ばかりしていたけど、この子にとっての幸せは何だろうと考えが切り変わりました。長く一緒にいたいということではなく、1日1日を大切に過ごさせてあげようと思うようになって、あまり心配がなくなったというか」
a woman sitting on the floor playing with a dog and throwing a frisbee
命に関わる病気。1日1日を大切に過ごさせてあげたい【黒柴】【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
【はなこ × 黒柴めしうま】迷いもあった。めしうまは、放置すれば死に至ることもある「フィラリア症」に感染していた。 「命にかかわる病気なので、長く生きないかもしれないし、他の犬と遊ぶときにも印象が良くないし、周りから反対されたりもして」 悩んだ末に獣医に相談。獣医師はこう言った。 「その子にとっての一番の幸せは、里親さんが決まって、早く治療を始めてあげること。一緒に治療していきましょう」。その言葉に迷いは晴れた。 「自分の心配ばかりしていたけど、この子にとっての幸せは何だろうと考えが切り変わりました。長く一緒にいたいということではなく、1日1日を大切に過ごさせてあげようと思うようになって、あまり心配がなくなったというか」【ペットとの日常を出張フォト撮影 宮城 仙台】
a living room filled with furniture and a cat laying on the floor next to it
静かにくんくん匂いを嗅ぎにくる、その顔にイチコロになった。【黒柴】【ペットとの日常を出張フォト撮影 宮城】
【はなこ × 黒柴めしうま】 |「もともと、犬を飼うために家を建てたんですよ」 犬がのびのびできる広い庭と開放的なリビングは、かつての飼い犬への「もっとこうしてあげたらよかった」を実現したものだ。 「昔、実家で柴犬を飼っていたんですけど、庭がなかったり、遊ぶ時間がなかったり、死んだときにすごく後悔が残って」 そうした後悔もあり、保護犬を引き取って幸せにしたかった。出会ったとき、「めしうま」はすでに2~3歳の成犬。増えすぎて崩壊した繁殖場から保護施設へ引き取られた犬だった。くんくんと静かに匂いを嗅ぎにくる顔にイチコロになった。【ペットとの日常を出張フォト撮影 宮城 仙台】
a black and white dog sitting on top of a rug next to a wooden table
静かにくんくん匂いを嗅ぎにくる、その顔にイチコロになった。【ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城】
ペットとの日常を出張フォト撮影from宮城 | hanako × meshiuma | 「もともと、犬を飼うために家を建てたんですよ」 犬がのびのびできる広い庭と開放的なリビングは、かつての飼い犬への「もっとこうしてあげたらよかった」を実現したものだ。 「昔、実家で柴犬を飼っていたんですけど、庭がなかったり、遊ぶ時間がなかったり、死んだときにすごく後悔が残って」 そうした後悔もあり、保護犬を引き取って幸せにしたかった。出会ったとき、「めしうま」はすでに2~3歳の成犬。増えすぎて崩壊した繁殖場から保護施設へ引き取られた犬だった。くんくんと静かに匂いを嗅ぎにくる顔にイチコロになった。