沙沙貴神社

12 ピン3 フォロワー
全国の佐々木さんへ。姓も恋も百花繚乱、滋賀「沙沙貴神社」 | 滋賀県 | 沙沙貴神社では、下記の四座五柱(よんざいつはしら)の神々を佐々木大明神として祀っています。  第一座「少彦名神(すくなひこなのかみ)」神代の昔からお鎮まりの産土(うぶすな)の神 第二座「大毘古神(おおひこのかみ)」沙沙貴山君の祖神 第三座「仁徳天皇(おおささきのすめらみこと)」沙沙貴の地に由縁深い祭神 第四座「宇多天皇(うだのすめらみこと)」「敦実親王(あつみのみこ)」宇多源氏の祖神  諸説ありますが、第一座「少彦名神」は、ササゲの豆の鞘に乗って海を渡って来られたことから、ササキ神社と言われるようになったとの伝承があります。 浦生(がもう)・神埼地方の古代豪族「狭狭城山君」と、近江源氏「佐々木氏」の氏神として厚い信仰を受けて栄えてきた神社です。

全国の佐々木さんへ。姓も恋も百花繚乱、滋賀「沙沙貴神社」

「解体新書」を刊行した江戸の蘭学医・杉田玄白。江戸時代後期に北方・樺太を探索した間宮林蔵。日露戦争で活躍した陸軍大将・乃木希典。こちらの三人の共通項が、何かお分かりでしょうか。実は三人共、宇多源氏・佐佐木源氏の流れを汲む血筋の方々です。佐々木家、六角家、京極家、朽木家、墨田家などを始めとして、200以上の姓に分流しているので、あなたの姓にも関連があるかもしれない滋賀「沙沙貴神社」を紹介致します。

干支の庭

全国の佐佐木源氏ゆかりの人たちがお参りされます。滋賀県近江八幡市安土町常楽寺一番地

沙沙貴神社 参拝ご案内/沙沙貴神社 境内図

全国の佐佐木源氏ゆかりの人たちがお参りされます。滋賀県近江八幡市安土町常楽寺一番地

全国の佐々木さんへ。姓も恋も百花繚乱、滋賀「沙沙貴神社」 | 滋賀県 | 鎌倉初期の武士、佐々木四郎高綱の後裔である乃木希典将軍と静子夫人は深く沙沙貴神社を崇敬していました。境内にある「乃木将軍御手植の松」は1906年(明治39年)6月28日に参拝された時、御本人が鍬を持って植えられた松。 「乃木さんのお言葉」として近くには記念碑もあり、植樹の折に安土小学校の児童たちにお話された内容が書かれてあります。平易な語彙を選び、「御先祖様を大切に」との主旨が説かれ、子供たちへの愛情や優しさも伝わってきます。

全国の佐々木さんへ。姓も恋も百花繚乱、滋賀「沙沙貴神社」

「解体新書」を刊行した江戸の蘭学医・杉田玄白。江戸時代後期に北方・樺太を探索した間宮林蔵。日露戦争で活躍した陸軍大将・乃木希典。こちらの三人の共通項が、何かお分かりでしょうか。実は三人共、宇多源氏・佐佐木源氏の流れを汲む血筋の方々です。佐々木家、六角家、京極家、朽木家、墨田家などを始めとして、200以上の姓に分流しているので、あなたの姓にも関連があるかもしれない滋賀「沙沙貴神社」を紹介致します。

全国の佐々木さんへ。姓も恋も百花繚乱、滋賀「沙沙貴神社」 | 滋賀県 | 「解体新書」を刊行した江戸の蘭学医・杉田玄白。江戸時代後期に北方・樺太を探索した間宮林蔵。日露戦争で活躍した陸軍大将・乃木希典。こちらの三人の共通項が、何かお分かりでしょうか。 実は三人共、宇多源氏・佐佐木源氏の流れを汲む血筋の方々です。佐々木家、六角家、京極家、朽木家、墨田家などを始めとして、200以上の姓に分流しているので、あなたの姓にも関連があるかもしれない滋賀「沙沙貴神社」を紹介致します。

全国の佐々木さんへ。姓も恋も百花繚乱、滋賀「沙沙貴神社」

【写真】近江百華苑としても有名な沙沙貴神社

沙沙貴神社 楼門屋根葺き替え工事 竣工奉告祭 記念 平成26年3月5日【集合写真】

沙沙貴神社(主要建物八棟)の滋賀県指定有形文化財の指定をいただきました。神代の少彦名神さまの歴史を継承して、大毘古神さま、仁徳天皇さま、そして、宇多天皇さま・敦実親王さまの宇多源氏・佐佐木源氏・近江源氏の歴史を今に伝えて居ります。

沙沙貴神社を背景にした集合写真 近江源氏祭おうみげんじさい  近江源氏祭は、10月に佐佐木源氏一族の人たちが全国より参集して、これまでの感謝と、これからの平和と繁栄をお祈りいたします。

沙沙貴神社では夏越の大祓や近江百華苑、恩頼、近江源氏祭などのお祭り・催しを行なっております。

なんじゃもんじゃの木 沙沙貴の杜 近江百華苑ささきのもり おうみひゃっかえん  ご杜頭では、神々(こうごう)しい鎮魂(みたましずめ)「沙沙貴の杜近江百華苑」として「えとの庭」や初春の「蝋梅(ろうばい)」初夏の「なんじゃもんじゃ」などが鑑賞出来ます。

沙沙貴神社では夏越の大祓や近江百華苑、恩頼、近江源氏祭などのお祭り・催しを行なっております。

恩頼(みたまのふゆ)神さまからさずかるめぐみや深いたまものまたその恩恵【筆書】

沙沙貴神社は、ササゲの豆の鞘に乗って海を渡って来られた伝説のある少彦名神さまより、子宝・安産・育児・蚕を飼育して絹の整糸・健康の良薬・酒類 味噌醤油の醸造・農工業の諸道具の作成などに=みたまのふゆ=ご神徳の大きな力をいただいていてみんな幸せに暮らして来ました。

鎌倉幕府の成立 守護・地頭の設置【地図】

佐々木氏は、宇多天皇の皇子、敦実親王の玄孫である、源成頼が近江國・佐々木庄に下り、成頼の孫の経方が佐々木姓を名乗ったことに始まります。主な佐佐木源氏、佐佐木、佐々木、六角、京極、黒田、三井、大原、高嶋、篠笥、笹木、佐々城、朽木、乃木など220余の姓が継承されています。


その他のアイデア
Pinterest
検索