ur 漆の工芸

155 ピン599 フォロワー
17-05-15 〜夢を見た〜 (坂根龍我 作品 紹介№353 )   〜夢を見た〜 玄関の扉がガチャンと急いた音で開かれて 冷たい外の空気を纏った君が帰ってくる 〜夢を見た〜 ごめんねー! 待ったぁ⁈ 仕事がなかなか終わらなくて! そう言いながら 息せき切らした君は 身をかがめてもうブーツを脱ぎかけている

17-05-15 〜夢を見た〜 (坂根龍我 作品 紹介№353 ) 〜夢を見た〜 玄関の扉がガチャンと急いた音で開かれて 冷たい外の空気を纏った君が帰ってくる 〜夢を見た〜 ごめんねー! 待ったぁ⁈ 仕事がなかなか終わらなくて! そう言いながら 息せき切らした君は 身をかがめてもうブーツを脱ぎかけている

【彦根市の漆工芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】この作品は2013-11-17に投稿したものです 遠い日

【彦根市の漆工芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】この作品は2013-11-17に投稿したものです 遠い日

2017-08-05  雅楽器 龍笛のケースに龍の蒔絵 (坂根龍我 作品 紹介No.29)

2017-08-05 雅楽器 龍笛のケースに龍の蒔絵 (坂根龍我 作品 紹介No.29)

2017-08-05  雅楽器 龍笛のケースに龍の蒔絵 (坂根龍我 作品 紹介No.29)

2017-08-05 雅楽器 龍笛のケースに龍の蒔絵 (坂根龍我 作品 紹介No.29)

【彦根市の漆工芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう】この作品は2013-12/21にUPしたものです。 蝶のブローチ明日か明後日にカフェ、イエティさんに持って行きます。クリスマスプレゼント展。

【彦根市の漆工芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう】この作品は2013-12/21にUPしたものです。 蝶のブローチ明日か明後日にカフェ、イエティさんに持って行きます。クリスマスプレゼント展。

17-07-24 柘植櫛形帯飾り 三点 (坂根龍我 作品 紹介No.31 )  【彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】この記事は2013-12/21に投稿したものです。 柘植櫛形帯飾り・枇杷、煙管、蝙蝠

17-07-24 柘植櫛形帯飾り 三点 (坂根龍我 作品 紹介No.31 ) 【彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう】この記事は2013-12/21に投稿したものです。 柘植櫛形帯飾り・枇杷、煙管、蝙蝠

17-06-30 棗 (坂根龍我 作品、紹介№ 4)   【彦根市の漆芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう。この記事は2013-12/5の投稿のものです】

17-06-30 棗 (坂根龍我 作品、紹介№ 4) 【彦根市の漆芸家、坂根さんの作品を楽しみましょう。この記事は2013-12/5の投稿のものです】

17-06-26 ブローチ (坂根龍我 作品、紹介№ 2) 【彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう。(2013 10/26にupしたものです)】 龍我作品集~小物編~一部資料写真にて画像悪し ブローチ

17-06-26 ブローチ (坂根龍我 作品、紹介№ 2) 【彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品を楽しみましょう。(2013 10/26にupしたものです)】 龍我作品集~小物編~一部資料写真にて画像悪し ブローチ

17-06-22 カフェラテ。。。の容器 (坂根龍我 作品 紹介№361 )   朝食にパンと一緒に買ったカフェラテの容器、いい形してるなぁ・・。おし、漆で一輪挿しにしつらえよ!♬今日は朝からオモシロイ。

17-06-22 カフェラテ。。。の容器 (坂根龍我 作品 紹介№361 ) 朝食にパンと一緒に買ったカフェラテの容器、いい形してるなぁ・・。おし、漆で一輪挿しにしつらえよ!♬今日は朝からオモシロイ。

17-06-14 『鬼とロックとコーラ瓶〜流血の白塗り事件』-1(~2) (坂根龍我 作品 紹介№359 )   小学五年生の頃、父が僕に弾かせようと質流れのクラシックギターを教則本と共に買って来てくれた。 おそらくはボケーっと日々過ごしているか、とんでもないイタズラをやらかす僕に業を煮やしての事だったのだろうと思うのだが・・・。 しかして僕は初めこそ興味を惹かれたが、教則本のサクラサクラや埴生の宿などにすぐ飽きてしまった。 あーー、かったりィ! が本音でギターは昼寝用の枕と化してしまったのだ。 そんな調子のまま六年生を過ごし、中学に上がった頃、友人が「歌本」なるものを見せてくれたのである。 ふぅ〜ん、今流行ってる曲が載ってんだ。

17-06-14 『鬼とロックとコーラ瓶〜流血の白塗り事件』-1(~2) (坂根龍我 作品 紹介№359 ) 小学五年生の頃、父が僕に弾かせようと質流れのクラシックギターを教則本と共に買って来てくれた。 おそらくはボケーっと日々過ごしているか、とんでもないイタズラをやらかす僕に業を煮やしての事だったのだろうと思うのだが・・・。 しかして僕は初めこそ興味を惹かれたが、教則本のサクラサクラや埴生の宿などにすぐ飽きてしまった。 あーー、かったりィ! が本音でギターは昼寝用の枕と化してしまったのだ。 そんな調子のまま六年生を過ごし、中学に上がった頃、友人が「歌本」なるものを見せてくれたのである。 ふぅ〜ん、今流行ってる曲が載ってんだ。

Pinterest
検索