マスメディアでセンセーショナルに報道される「ゴミ屋敷」問題。その背景には、その屋敷の主の精神面の問題「セルフネグレクト」(自己虐待)があることが多い。なぜ人は、生きる意欲を失い「緩慢なる自殺」を選んでしまうのか?

マスメディアでセンセーショナルに報道される「ゴミ屋敷」問題。その背景には、その屋敷の主の精神面の問題「セルフネグレクト」(自己虐待)があることが多い。なぜ人は、生きる意欲を失い「緩慢なる自殺」を選んでしまうのか?

NHK「自民党はネット工作業者を使い自民党に都合の悪い書き込みを削除したり反論させたりしている」   少しの紹介です。 5月28日のNHKニュースウォッチ9にてネット選挙についての特集がありました。 そのNHKニュースウォッチ9のネット選挙について抜粋した紹介が以下です。 http://datazoo.jp/n/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E9%81%B8%E6%8C%99%E9%81%8B%E5%8B%95+%E8%A7%A3%E7%A6%81%E3%81%A7%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B%EF%BC%9F/7319367 ネット選挙運動 解禁でどうなる? 夏の参議院選挙でネット選挙運動が解禁される。自民党の安倍首相は去年1月から フェイスブックを活用し夫人との写真から成長戦略まで発信。フォロワーの数は35万人を超える。

貴方の知らない日本の自民党はネット工作業者に依頼して都合が悪い投稿を24時間監視して、削除や反論させているに関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)黙翁日録:「自民党はネット工作業者を使い自民党に都合の悪い書き込みを削除したり反論させたりしている」

森友問題の本質は「100万円寄付金」の有無ではない

3月23日、学校法人森友学園への国有地払い下げ問題に関連して、渦中の人物である森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問がおこなわれた。この問題が発覚して以来、安倍政権の支持率は下がり続ける一方で、与党内部からは、先行きを危惧する声も上がり始めている。長期安定政権に見えた安倍政権を揺さぶり続ける森友学園問題の背景と、証人喚問が今後、安倍政権に与える影響について、ジャーナリストの鈴木哲夫氏に聞いた。

スラップ訴訟 脅し恫喝訴訟  ドキュメンタリー映画『バナナの逆襲』より©WG FILM

中米ニカラグアのバナナ農園の労働者が、農薬被害を巡って超巨大企業を提訴。その裁判過程を記録したドキュメンタリーが思わぬ波紋を呼び、アメリカ映画界や北欧スウェーデンの国会を巻き込んで企業とメディアの暗部をあぶり出していく――。そんなドキュメンタリー映画が2月27

マイノリティ

マイノリティ

北海道の新千歳空港から車で約15分。千歳市郊外の高台に整備されたニュータウンの一角に高級住宅が立ち並ぶ。障害物はなく、東方に新千歳空港と航空自衛隊千歳基地が一望…

北海道の新千歳空港から車で約15分。千歳市郊外の高台に整備されたニュータウンの一角に高級住宅が立ち並ぶ。障害物はなく、東方に新千歳空港と航空自衛隊千歳基地が一望…

スラップ訴訟 脅し訴訟「提訴することによって被告を恫喝することを目的とした訴訟」(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participation…

スラップ訴訟 脅し訴訟「提訴することによって被告を恫喝することを目的とした訴訟」(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participation…

脱原発を目指す首長会議

脱原発を目指す首長会議

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=499556030175395&set=a.115235145274154.18102.100003630076836&type=3&theater 予備自衛官となった民間船員に有事の際、自衛隊員や武器を危険地域へ運ばせる防衛省の計画に合わせて、有事で使われる民間フェリーを所有する特別目的会社(SPC)が民間の出資で設立された。同省が15日に公表した。この会社が運航・管理する民間フェリー2隻も正式に決まった。船員組合が「事実上の徴用だ」と反発する中、民間の船舶や船員の有事活用が実現へ一歩踏み出した。 防衛省 有事輸送、民間の2隻確保 船員予備自衛官化

最近、現場に居合わせた人がスマホ経由でソーシャルメディアにアップした映像や文章で事件や事故の第一報に触れる機会が増えた。発生を聞いてから現場に赴く報道機関の基本スタイルは、こうした目撃者報告の後追いになりがちだ。 しかしネットユーザーの報告には勘違いもあるし、中には悪質なデマも含まれる。そこでプロのジャーナリストが協力してソーシャルメディアに投稿された情報の事実関係を確かめる仕組みを構築する。グーグルの支援を得てそうした活動を行う団体「ファースト・ドラフト・ニュース」に、フェイスブックやツイッターといった巨大ソーシャルメディアや、フランスの通信社AFPなど歴史ある報道機関約20社が新たに参加したという報道が先日あった。

Pinterest
検索