「自分の感受性くらい 」  茨木のり子 この詩は時代を超えて胸に刺さります。

「自分の感受性くらい 」 茨木のり子 この詩は時代を超えて胸に刺さります。

「ちいさいモモちゃん 」1974, 松谷みよ子 著 メルヘンでありながら、 主人公の両親が離婚するという設定が、子ども心に驚きました。

「ちいさいモモちゃん 」1974, 松谷みよ子 著 メルヘンでありながら、 主人公の両親が離婚するという設定が、子ども心に驚きました。

「いいおかお 」 松谷みよ子著 何度子どもに読んだでしょうか。読み聞かせのたびに、 幸せな時間を過ごせます。

「いいおかお 」 松谷みよ子著 何度子どもに読んだでしょうか。読み聞かせのたびに、 幸せな時間を過ごせます。

こんにちはウーフ  幼い頃に読んだ思い出の一冊です。ウーフの素朴な疑問が愛らしく、子どもならではの視点に共感を覚えました。井上洋介さんの力強いタッチの挿絵も効いています。

こんにちはウーフ 幼い頃に読んだ思い出の一冊です。ウーフの素朴な疑問が愛らしく、子どもならではの視点に共感を覚えました。井上洋介さんの力強いタッチの挿絵も効いています。

純情ババァになりました。  加賀 まりこ  眉間に縦ジワを寄せた老女優という印象が一掃されます。 若かりし頃の華やかな人脈、 向こう見ずな性格、 女友達とのスリリングな海外旅行、芯の通った言動。 媚びない女の少女時代に共感すること多し。

純情ババァになりました。 加賀 まりこ 眉間に縦ジワを寄せた老女優という印象が一掃されます。 若かりし頃の華やかな人脈、 向こう見ずな性格、 女友達とのスリリングな海外旅行、芯の通った言動。 媚びない女の少女時代に共感すること多し。

Book Design, Picture Books, Book Book Book, Book Covers, Editorial Design, Cook

「おさじさん 」松谷みよ子著 擬人化されたスプーンの、 頼もしい姿が幼心をとらえます。

「おさじさん 」松谷みよ子著 擬人化されたスプーンの、 頼もしい姿が幼心をとらえます。

「僕は勉強ができない 」山田詠美 初夏に読んだ。 爽やかな後味の小説だった。 大人になって読んだから、主人公の17歳の男のコを魅力的だと思うのだろうか? 作者はさり気なく大人の欺瞞や作為、悪意を日下に曝す。 負の感情を冷静な筆致で淡々と提示するのだ。 それでもこの作品に悪人が出てこないのは、作者の優しさなのだろうか。軽蔑に値するような担任についても、どこかで許せてしまうような、彼なりの信念を読む者に知らせてしまうのだ。

「僕は勉強ができない 」山田詠美 初夏に読んだ。 爽やかな後味の小説だった。 大人になって読んだから、主人公の17歳の男のコを魅力的だと思うのだろうか? 作者はさり気なく大人の欺瞞や作為、悪意を日下に曝す。 負の感情を冷静な筆致で淡々と提示するのだ。 それでもこの作品に悪人が出てこないのは、作者の優しさなのだろうか。軽蔑に値するような担任についても、どこかで許せてしまうような、彼なりの信念を読む者に知らせてしまうのだ。

Pinterest
Search