インテリア | CASART【カサート】 | パナホーム

時を経ても変わらない満足が続き、済むほどに誇りが深まる家。それが、パナホームの「価値が持続する家」…カサートです。

A.N.D. | Projects / ROPPONGI HILLS RESIDENCE RENOVATION - Roppongi,Tokyo

私たちA.N.D.はプロフェッショナルな空間プロデュースを通じて、お客様に歓びと感動を提供するとともに、「集客」という最高の価値お届けします。

[玄関 木製扉 image]

施工実績紹介。一級建築士 鈴木宏幸が主宰する東京目黒区の設計事務所。自然+建築をテーマに、光・風・木・火・水・土といった要素を大切にした空間づくりで、多くの別荘・住宅デザインを手掛ける。| 018軽井沢Cさんの家

開放的な玄関ホール(『A1-House』シンプルモダンなバリアフリー住宅)- 玄関事例|SUVACO(スバコ)

開放的な玄関ホール(『A1-House』シンプルモダンなバリアフリー住宅)- 玄関事例|SUVACO(スバコ) もっと見る

中庭の緑に視線が誘われる石貼りの広い玄関

自由設計の注文住宅、安心のハウスメーカー積水ハウスだからこそ、お客さまひとりひとりのユメを形にします。白が基調の優美なLDKから、ジャグジーのある中庭を眺める邸

エントランス(下井草の家)- その他事例

この家は壁が漆喰塗りで、床が30mm厚の杉板、天井は米松の垂木構造の現しとなっています。 これはご主人の肌が敏感なため、我々が手がけたモデルハウスteNEOをご案内した際、杉板の仕上げが調湿効果の高いことをご説明し、是非使いたいということで、杉板を選ばれたことに始まります。 2013年に維持改修の打合せにお訪ねした際、ご主人から、「この家は湿度計で測ると、1年を通して湿度が50%に保たれており、大変快適です。肌にも良いようです。」とのお話を伺い、杉板と漆喰の高い調湿効果を改めて認識させて頂きました。 この時の修繕で、奥様のご提案で玄関を明るいオレンジに塗りかえ、家に華やかさが加わりました。 (Bの写真は改修後) 専門家:矢板久明 / 矢板直子が手掛けた注文住宅事例:下井草の家のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

undefined

私たちA.N.D.はプロフェッショナルな空間プロデュースを通じて、お客様に歓びと感動を提供するとともに、「集客」という最高の価値お届けします。

玄関 アクセントウォール タイル貼り|注文住宅のアキュラホーム

【アキュラホーム 住宅展示場】東松山展示場の住所、電話番号、地図、詳細情報や施設への行き方などを確認できます。


その他のアイデア

タイルの大きさ 廊下と合わせて 照明の感じ 左側扉からウォークスルーへ 扉の感じも

やわらかな光の通るの家・間取り(愛知県日進市) |ローコスト・低価格住宅 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

やわらかな光の通るの家・間取り(愛知県日進市) |ローコスト・低価格住宅 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン もっと見る

These would be beautiful colors/finishes to use in the bathroom!

玄関2(高台に建つ都心のセカンドハウス(リノベーション))- 玄関事例|SUVACO(スバコ) もっと見る

Shoes Space

大容量のシューズクローク もっと見る

「積水ハウス シャーウッド 内装」の画像検索結果

物件詳細 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス もっと見る

玄関を装飾する石のアクセントウォール イメージ

タグル住まいのイメージ検索は、検索で出会った好きなイメージ、気になるデザインの写真について、メーカー名、商品名などを詳しく紹介します。シャーウッド・パーソナルオーダーメイドシリーズの「玄関を装飾する石のアクセントウォール」をマイアルバムに登録して住まいづくりに役立てましょう。

entree et

モデルハウスを参考にしたという玄関 もっと見る

ambiente creado con patio interior, pero con suelo claro, no oscuro

モダンxミニマルで上質な生活空間を

株式会社細川建築デザイン の モダンな 廊下&階段 四万十の家 もっと見る

Xuan 关事 example: Gen关 (Past)

この住宅は、西尾市郊外の田舎家が点在する集落の一角。お客さんの家族は夫婦と2人の子供。大正時代より、施主の祖父の代から受け継いだ生家を解体し、新しい家族を田舎へ迎えるべく建てられた、木造2階建ての住宅です。 広い敷地の中には解体した生家とは別に、母親の住む純和風建築の「はなれ」と倉庫があります。  施主からの要望は、「敷地内にある和風建物・和風庭園と調和するようなモダンな住宅」「近所の人が気軽に敷地に入ってこられるように、しかし建物の中のプライバシーは守りたい」この2点でした。  コンクリートの壁に木梁現しの屋根を架けたガレージを和風庭園手前に配置。このガレージがフィルターとなり和風の印象を抑え、古いもの(和)と新しいもの(モダン)との調和を図りました。 この住宅は、(寝室・書斎)、(LDK等の生活空間)、(和室)の3つの棟を渡り廊下で結ぶ構成。 この渡り廊下はただ棟を繋ぐだけでなく、敷地内の「公」と「私」を作り出しています。  玄関・ガレージ・倉庫のある誰でも気軽に訪れることのできるエリアと、棟と棟の間に作られたプライベートな中庭とを、渡り廊下により明確に分けました。  そして3棟のうち和室の棟を、母親の住む「はなれ」に最も近い位置に配置。 和室棟への渡り廊下に足を踏み入れると、昔懐かしい時代が想い起されます。和室の仕上材には、解体した生家に使われていた木材を再利用しました。 洗い、磨き、痛んだ所は切り落とし、大正時代からの柱、梁、無垢一枚板の天井板や無垢一枚板の床板などが現代の和室に蘇ったのです。 そして存在感のある尺角の欅の大黒柱は、製材し、テーブルとして再び和室に佇んでいます。  「はなれ」を含む4つの棟を並べ、古いものから新しいものへと段階的に調和させたこの建物が、昔の時代を次の世代へと伝えるきっかけになればと考えました。 専門家:Akihiko Hirukawaが手掛けた注文住宅事例:温故知新のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

Pinterest
検索