When autocomplete results are available use up and down arrows to review and enter to select. Touch device users, explore by touch or with swipe gestures.

チェア / ソファ / ベンチ

39 Pins
 15w
Collection by
Similar ideas popular now
Furniture
Home Decor
Sofa
Love Seat
Couch
VENUS Leg Bench | ヴェヌスレッグベンチ - ベンチ - TOWARDS Dining Bench, Chair, Table Bench, Room Decor, Home Furnishings
PLAZA High Chair | プラザハイチェア - チェア - TOWARDS Bar Stools, High Chair, Plaza, Bar Stool Sports, Counter Height Chairs
ロココ様式の対照的な華麗さと細かな装飾デザインをベースにしながら、より直線的なデザインへと進化したルイ16世スタイルのチェア。 曲線を極力排除したシャープな全体のライン。 座面のベース部や、背もたれの外周に施された幾何学的溝は、かつての装飾デザインをデフォルメしたデザイン。このスタイルの椅子の背もたれは、長方形、円形、盾型の3種類がベースとなっており、こちらは最もシンプルな長方形型です。外枠フレームとの境界に施された2重のパイピングは、当時の豪華なフリルや、鋲の意匠の面影を残し、全体の幾何学的な意匠をより強調しています。背もたれと同様、座面はベース部との境界に2重のパイピングを回し、厚みのあるゆったりとした長時間座っていても疲れないサイズのクッションとなっています。こちらはハイカウンター仕様用に、座面、背もたれの大きさを一回り小さく設計し、快適な座り心地はそのままに、圧迫感を軽減しています。 唯一有機的な意匠のテーパーされた円柱状の脚部は、当時の華麗なデザインを踏襲しています。かつての面影を随所に残しながら、より現代的なシンプルさを追求したアールデコスタイルの代表的なチェアです。 サイ
PLAZA Chair | プラザチェア - チェア - TOWARDS Slipper Chair, Dining Chairs, Dining Chair
ALTUS Chair | アルタスチェア - チェア - TOWARDS Altus
19世紀(1840年代) フランス皇帝のチェアからインスパイアされた、背もたれとアームが一体となったコンフォータブルチェア。 湾曲した背もたれは、座る人の背中をゆったりと包み込み、座面まで優雅なカーブを描きながら下がっていきます。肘掛けの名残でもあるこの部分は、当時鷲や獅子など皇帝に相応しい意匠が多く施されていました。 ボタン張りされた生地は、タフテッドと呼ばれ、厚みのあるクッションによって深く豪華にボタン張りされています。タフテッドには、正方形やダイヤモンド形があり、装飾的であると同時に、内部のクッションのずれを防ぐ役割も持ち合わせています。 美しい曲線を強調するように、生地張りされた背面には、ネイルヘッズと呼ばれる真鍮鋲を絶妙な間隔でひとつひとつ丁寧に打ち込んでいます。当時はさらにフリルなどの装飾を施し、より豪華で華麗なデザインでした。 シンプルな脚部は細くテーパーしながら、足先を少し曲げていますが、このようなデザインは、当時のサーベル(剣)を模していると言われています。かつての王室、貴族に向けてデザインされた家具には、武器などの形状を模したデザインも多く、強い国を表現する手法のひ
ALTUS Chair | アルタスチェア - チェア - TOWARDS
19世紀(1840年代) フランス皇帝のチェアからインスパイアされた、背もたれとアームが一体となったコンフォータブルチェア。 湾曲した背もたれは、座る人の背中をゆったりと包み込み、座面まで優雅なカーブを描きながら下がっていきます。肘掛けの名残でもあるこの部分は、当時鷲や獅子など皇帝に相応しい意匠が多く施されていました。 ボタン張りされた生地は、タフテッドと呼ばれ、厚みのあるクッションによって深く豪華にボタン張りされています。タフテッドには、正方形やダイヤモンド形があり、装飾的であると同時に、内部のクッションのずれを防ぐ役割も持ち合わせています。 美しい曲線を強調するように、生地張りされた背面には、ネイルヘッズと呼ばれる真鍮鋲を絶妙な間隔でひとつひとつ丁寧に打ち込んでいます。当時はさらにフリルなどの装飾を施し、より豪華で華麗なデザインでした。 シンプルな脚部は細くテーパーしながら、足先を少し曲げていますが、このようなデザインは、当時のサーベル(剣)を模していると言われています。かつての王室、貴族に向けてデザインされた家具には、武器などの形状を模したデザインも多く、強い国を表現する手法のひ
DEUS Chair | デウスチェア - チェア - TOWARDS
19世紀(1840年代) フランス皇帝のチェアからインスパイアされた、背もたれとアームが一体となったコンフォータブルチェア。 湾曲した背もたれは、座る人の背中をゆったりと包み込み、優雅なカーブを描きながら座面を支えるフレームの一部となっています。じっくり見てみると、背もたれ側では外に開いているフレームが、座面へ下がっていくにつれて閉じていく立体的なデザインとなっています。このような形状を作るには、いくつものパーツを組み合わせながら丁寧に削りだす、大変な手間がかかっています。 美しい曲線を強調するように、生地張りされた背面には、ネイルヘッズと呼ばれる真鍮鋲を絶妙な間隔でひとつひとつ丁寧に打ち込んでいます。当時はさらにフリルなどの装飾を施し、より豪華で華麗なデザインでした。 シンプルな脚部は細くテーパーしながら、足先を少し外側に曲げています。このようなデザインは、当時のサーベル(剣)を模していると言われています。 かつての王室、貴族に向けてデザインされた家具には、武器などの形状を模したデザインも多く、強い国を表現する手法のひとつであったようです。 全体の華美な装飾をそぎ落とし、正面だけでな
PLAZA High Chair | プラザハイチェア - チェア - TOWARDS
ロココ様式の対照的な華麗さと細かな装飾デザインをベースにしながら、より直線的なデザインへと進化したルイ16世スタイルのチェア。 曲線を極力排除したシャープな全体のライン。 座面のベース部や、背もたれの外周に施された幾何学的溝は、かつての装飾デザインをデフォルメしたデザイン。このスタイルの椅子の背もたれは、長方形、円形、盾型の3種類がベースとなっており、こちらは最もシンプルな長方形型です。外枠フレームとの境界に施された2重のパイピングは、当時の豪華なフリルや、鋲の意匠の面影を残し、全体の幾何学的な意匠をより強調しています。背もたれと同様、座面はベース部との境界に2重のパイピングを回し、厚みのあるゆったりとした長時間座っていても疲れないサイズのクッションとなっています。こちらはハイカウンター仕様用に、座面、背もたれの大きさを一回り小さく設計し、快適な座り心地はそのままに、圧迫感を軽減しています。 唯一有機的な意匠のテーパーされた円柱状の脚部は、当時の華麗なデザインを踏襲しています。かつての面影を随所に残しながら、より現代的なシンプルさを追求したアールデコスタイルの代表的なチェアです。 サイ