By Pinterest Editors
毎年ハロウィンの時期になると、全国の店舗には魔法使いや妖精のようなファンタジーキャラクター、ゾンビやフランケンシュタインのようなモンスター、医師や看護師のような職業、またはポップカルチャーのアイコンや架空のキャラクターのコスチュームを扱う売場が設置されます。 何十年にもわたる活動が行われているにもかかわらず、未だに民族衣装を扱う売場がしばしばあります。 先住民やその文化はコスチュームではありません。そういった文化に対するステレオタイプをハロウィンの衣装を通して表現する行為は配慮に欠けています。 ハロウィンの楽しみ方には無限の選択肢があります。 ピクルスやスクラブルのボードに変身したり、ポップカルチャーをやんわりと仮装で表現したり、創造力を働かせましょう。そして、どうか民族衣装はコスチュームではないことを忘れないでください。#NotYourCostume ─ Dr. Adrienne Keene より