KASHIWA SATO - LISSAGE

コラーゲンメンテナンスを打ち出すスキンケアブランド「LISSAGE」では、2005年にクリエイティブディレクターに就任し、広告やボトル、制服などのデザインから店舗設計までを一貫して手がけ、明快なブランドイメージを確立した。完成までおよそ2年の時を要した主力商品「スキンメインテナイザー」のボトルでは、それまで化粧品ボトルでは使われることがなかったトリガーを導入し、業界の常識を打ち破るデザインを提案。日常的に使われる化粧品において、機能性を徹底的に追求した末に生まれた美しい造形が、ブランドの価値向上に大きく貢献した。

Nice, from Kashiwa Sato

ユニクロが発表した+j のアイテムがオシャレで可愛いんです♡有名なブランドをユニクロの価格で買えるコラボアイテムはどれも人気!前回も人気で完売したユニクロの+j コラボアイテムについてご紹介します!今度の+j はどんな商品が出る?

KASHIWA SATO - SEVEN ELEVEN

創業40周年を控えていた世界トップのコンビニエンスストアチェーンのリブランディングでは、プライベートブランドを核にしたデザイン戦略を打ち出した。当時、3年目を迎えていたプライベートブランドでは、ナショナルブランドに対する価格優位性に頼らず、品質やイメージを高めていくために、1700を超えるアイテムのデザインリニューアルを行い、過去最高益を継続的に更新。さらに、ネーミングやパッケージ、コーヒーマシンのデザインなどを手がけたコ「セブンカフェ」は空前のヒットを記録し、1年目で国内コーヒー販売数No.1の地位を獲得するなど、社会現象とも言えるブームを生み出した。

kashiwa sato

kashiwa sato

Pinterest
検索