stylekoubou(スタイル工房)|和の趣にアンティークの風合いをプラス。使い込まれた心地よさを感じられる住まい(東京都 Jさん/一戸建て)|Goodリフォーム.jpの住宅リフォーム情報

stylekoubou(スタイル工房)|和の趣にアンティークの風合いをプラス。使い込まれた心地よさを感じられる住まい(東京都 Jさん/一戸建て)|Goodリフォーム.jpの住宅リフォーム情報 もっと見る

ピアノの先生をしている奥様は、生後7ヶ月の七重ちゃんをおぶって台所仕事。お姉さんの結文ちゃんは、今年ピカピカの小学生。

ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、手づくりの暖かさの残る暮らし

靴職人の相馬紳二郎さんが仕事場として使っているのは、武家屋敷で江戸時代から作られるようになった"長屋門"という建築スタイルの建物。

新聞紙でつくる丈夫で、深い紙箱(ゴミ箱)の折り方です。てんぷら油を捨てるのに便利! - 「カトー折り」ペーバークラフトで広げるエコ!

古新聞を箱にして、くしゃくしゃにした新聞紙を中にいれて、てんぷら油を新聞紙に吸わせて、生ごみとして捨てられる紹介が朝日新聞にありました。その紙箱の作り方が紹介されましたが、その折り方を理解するのが難しく、折るのに苦労しました。しかし、出来上がると立方体で、深い箱、それでしっかり...

たまプラーザ団地 リフォーム 横浜市青葉区:神奈川県川崎市(多摩区 麻生区)の自然素材リフォーム専門店 リフォームプロ

シングル向けマンション購入を東京で支援する東京シングル不動産はシングルの独身男性、女性にぴったりなマンション購入情報やマンションリノベーション事例を多数掲載したサイトです。6つの特典がついた会員登録や掘り出し物件リクエスト受付中!

数人でも調理ができるゆったりとしたキッチンスペース。

楽しみながらリノベーション小物から空間まで、“あるもの”を工夫して再利用

「友達を家に呼びたいなと思って」と石沢さん。「それで友達が集まりやすい感じの家がいいなと」 友達というのは石沢さんのカメラマン仲間のこと。家に招くときはその家族も一緒だ。多いときは4家族くらいが集まるという。「集まると、男が飲みながら料理を作って女の人はこのテーブルに座って喋っているみたいな感じで。子どもたちはリビングの方で遊んでいます」 0から作るより面白そう 数人でも調理ができる大きめのキッチンスペースとゆったりとくつろげるLDスペース。友人達と楽しく過ごせるスペースを実現した石沢邸は、中古の住宅を購入してリノベーションしたものだ。新築を選ばなかったのはコスト的なこともあったが、新築よりも改修の方に惹かれたのも理由のひとつだったという。 「たとえば柱とか、元からあったものを生かして空間をつくるのが、0からつくるよりも面白そうで…」。ダイニングテーブル近くの収納スペースは、以前出窓だったスペースを作り変えたもので、棚には撮影時に使用する小物などがディスプレイされている。テレビが置かれているスペースも、元は同じく出窓だったところだ。…

木が活かされたキッチンは、小屋風の家となじむ。

自然との調和を味わう木のぬくもりと手作りの温かさ自然に溶け込む山小屋風の家

五右衛門風呂が夢だった 「別荘に来たみたい、ってよく言われるんです」 と、奥さんのゆかさん。カメラマン雨宮秀也氏の自宅は、都心から遠くない郊外の住宅地の奥まった場所にあり、目の前には豊かな森が広がっている。「木の小屋をイメージした」というその家は、まわりの自然に溶け込むかのような静かでひそやかな佇まいだ。 「もともと知り合いだった建築家の中村好文さんが設計してくれることになり、土地を探したんです。五右衛門風呂を作るのが希望でしたから、住宅の密集していない場所が条件でした」 玄関を入り、通り土間を渡ったその奥にあるバスルームに、鉄製の五右衛門風呂が。毎日、薪をくべて焚くこと30分。それは、雨宮氏の長年の夢だった。 「子供の頃、1シーズンだけ薪風呂を使ったことがあって、自分が風呂を焚く当番だったんです。夕方、焚きながらSFや冒険小説を読みふけっていると、とてもリアルな感覚があった。その時間が今、自分の根本になっている気がするんです。だから、もういちどそういう時間がほしいと思ったんです」…

ダイニング・キッチン(収納)|めがねとかもめと北欧暮らし

ダイニング・キッチン(収納)|めがねとかもめと北欧暮らし

訪れた友人達に「みんなで料理が出来ていいね」とよくほめられるというキッチンカウンター。正面の壁のブル―がほどよいアクセントとなって空間デザインに変化をもたらしている。

楽しみながらリノベーション小物から空間まで、“あるもの”を工夫して再利用

「友達を家に呼びたいなと思って」と石沢さん。「それで友達が集まりやすい感じの家がいいなと」 友達というのは石沢さんのカメラマン仲間のこと。家に招くときはその家族も一緒だ。多いときは4家族くらいが集まるという。「集まると、男が飲みながら料理を作って女の人はこのテーブルに座って喋っているみたいな感じで。子どもたちはリビングの方で遊んでいます」 0から作るより面白そう 数人でも調理ができる大きめのキッチンスペースとゆったりとくつろげるLDスペース。友人達と楽しく過ごせるスペースを実現した石沢邸は、中古の住宅を購入してリノベーションしたものだ。新築を選ばなかったのはコスト的なこともあったが、新築よりも改修の方に惹かれたのも理由のひとつだったという。 「たとえば柱とか、元からあったものを生かして空間をつくるのが、0からつくるよりも面白そうで…」。ダイニングテーブル近くの収納スペースは、以前出窓だったスペースを作り変えたもので、棚には撮影時に使用する小物などがディスプレイされている。テレビが置かれているスペースも、元は同じく出窓だったところだ。…


その他のアイデア
Pinterest
検索