おくたんさんの他のアイデア
綺麗な大人のフェミニンショート(髪型ショートヘア)

頭の形が綺麗に見えるようにお客様に似合わせられるショートスタイルです。襟足は首に沿うようにトップは柔らかく流れるように、スライドカットで毛量調節をします。ゆとりある長さのショートなので、コンプレックスをカバーしながらスタイリングも簡単です。

どの角度で見ても可愛いショート✂️

いいね!3,628件、コメント14件 ― 石川瑠利子さん(@ruriko_ishikawa)のInstagramアカウント: 「ROKUで買ったキャミで作品撮り😍✨ 色合いにデザインにやはり最高すぎる💫💫 @norimasasawa いつもありがとうございます\( ˆoˆ )/❤️ #shooting #shorthair…」

てっとり早いまとめ髪のひとつ、「ひとつ結び」。手軽でいいのですが、サッと束ねただけだとなんとなくパッとしないというか無難というか…。そんな「ひとつ結び」でもオシャレに見せることができるワザがあるんです!

てっとり早いまとめ髪のひとつ、「ひとつ結び」。手軽でいいのですが、サッと束ねただけだとなんとなくパッとしないというか無難というか…。そんな「ひとつ結び」でもオシャレに見せることができるワザがあるんです!

体の不調が丸わかり!?健康に導く【足つぼ】で押してほしいパーツ5選◎ | GIRLY

足裏や足の甲には反射区と呼ばれる、全身の臓器に繋がるゾーン(面)が存在します。例えば、足の親指は頭、土踏まずは胃、かかとは骨盤まわり…というように、反射区を刺激するとその臓器が活性化され、自然治癒力や免疫力が高まるといいます。その他、自身の悩みの症状に直接アプローチすることができます。そこで今回は、女性ならだれもが気になる「むくみ」を改善する方法をお伝えします。

肩こりや疲れ目などの慢性化したプチ不調を、スッキリ解消する方法があったらいいなと思いませんか?最近、ネットでは「指を洗濯バサミで挟む」健康法が話題。その方法と効果をご紹介します。

肩こり、疲れ目も解消♡「指を洗濯バサミで挟む」健康法! - Locari(ロカリ)

足の反射区

足の冷えはまず指先から始まり、足の裏、甲部、踝(くるぶし)、ふくらはぎ、膝、太股、股関節というように、徐々に上部に向かって固く冷たくなります。この状態が踝まで来ると下の血圧が高くなり、膝まで来ると上の血圧が高くなって、高血圧の人は膝の裏に固いしこり(卵のような塊)があり、そこをもみほぐすととても痛がる傾向にあります。膝まで詰まった状態の血液循環の阻害は、心臓からの圧力を強くしないと下方まで下がりませんので、それが高血圧だとも解釈できますね。怖いのは、こうして循環を阻害された血液がどこに行くかということです。 結論として、下半身が詰まると、行き場のない余分な血液はどんどん上半身に突き上げてきますので、各臓器に次のような影響が出ます。 【腎臓】濾過が間に合わずに、汚れを他の臓器に回す。 【脾臓】血液の成分とそうでない成分を分けるのが間に合わなくなる。→再生不良の血液を他の臓器に回す。 【肝臓】解毒が十分にできない。 【小腸】栄養が吸収できない。 【大腸】水分を身体に回せない。 【心臓】東洋医学で瘀血(おけつ)、西洋医学で高コレステロールの高い血液が心臓を弱らせる。

足の反射区

足の冷えはまず指先から始まり、足の裏、甲部、踝(くるぶし)、ふくらはぎ、膝、太股、股関節というように、徐々に上部に向かって固く冷たくなります。この状態が踝まで来ると下の血圧が高くなり、膝まで来ると上の血圧が高くなって、高血圧の人は膝の裏に固いしこり(卵のような塊)があり、そこをもみほぐすととても痛がる傾向にあります。膝まで詰まった状態の血液循環の阻害は、心臓からの圧力を強くしないと下方まで下がりませんので、それが高血圧だとも解釈できますね。怖いのは、こうして循環を阻害された血液がどこに行くかということです。 結論として、下半身が詰まると、行き場のない余分な血液はどんどん上半身に突き上げてきますので、各臓器に次のような影響が出ます。 【腎臓】濾過が間に合わずに、汚れを他の臓器に回す。 【脾臓】血液の成分とそうでない成分を分けるのが間に合わなくなる。→再生不良の血液を他の臓器に回す。 【肝臓】解毒が十分にできない。 【小腸】栄養が吸収できない。 【大腸】水分を身体に回せない。 【心臓】東洋医学で瘀血(おけつ)、西洋医学で高コレステロールの高い血液が心臓を弱らせる。

【頭部】毛細血管を詰まらせたり破ったりする。 【肺】空気中の酸素を充分に取り入れられなくなる。 【脳細胞】酸素の足りない血液によって、脳細胞が死滅する。 こんなふうになったらイヤですね。 ですから、重ね履きだけで寒さを凌ぐのではなく、ぜひ根本的なところから改善するようにして欲しいと思います。 それが出来たら、血液の循環が良くなることで、各臓器に負担がかからなくなります。 そして、細胞に酸素と栄養が届くようになって、弱った細胞を健康な状態に戻すことが可能になります。 また、足(正確には脚部)をもむことで、静脈のそばを走っているリンパ腺のマッサージができ、身体に抵抗力がついてきます。

足の冷えはまず指先から始まり、足の裏、甲部、踝(くるぶし)、ふくらはぎ、膝、太股、股関節というように、徐々に上部に向かって固く冷たくなります。この状態が踝まで来ると下の血圧が高くなり、膝まで来ると上の血圧が高くなって、高血圧の人は膝の裏に固いしこり(卵のような塊)があり、そこをもみほぐすととても痛がる傾向にあります。膝まで詰まった状態の血液循環の阻害は、心臓からの圧力を強くしないと下方まで下がりませんので、それが高血圧だとも解釈できますね。怖いのは、こうして循環を阻害された血液がどこに行くかということです。 結論として、下半身が詰まると、行き場のない余分な血液はどんどん上半身に突き上げてきますので、各臓器に次のような影響が出ます。 【腎臓】濾過が間に合わずに、汚れを他の臓器に回す。 【脾臓】血液の成分とそうでない成分を分けるのが間に合わなくなる。→再生不良の血液を他の臓器に回す。 【肝臓】解毒が十分にできない。 【小腸】栄養が吸収できない。 【大腸】水分を身体に回せない。 【心臓】東洋医学で瘀血(おけつ)、西洋医学で高コレステロールの高い血液が心臓を弱らせる。

風邪でもないのに、喉がイガイガしたり圧迫感や息苦しさを感る――もしかしたらストレスによる「ヒステリー球」の兆候かも……?「ヒステリー球」とは喉に球が引っかかっているような異物感がする症状で、ストレスに...

首回り神経