WebSite

ソラノネ食堂の風呂吹き大根
65 Pins8 Followers
「工藝の庭」で出会った「とりの一輪挿し」  安曇川が流れる高島市は、陶芸や木工などの工芸が盛んだ。 この地に移り住んで活動している芸術家も多い。  そして、それらを盛り上げて行こうとする有志の活動も始まっている。 その一つに「工藝の庭」というイベントがある。 主催者曰く「工藝の庭は、この土地で循環するありとあらゆる生命が集い、語らう庭です。魂を削りだしたような木工。心のうちを叩いたような金工。手と土が溶け合うような陶工…。滋賀県を中心とした様々な分野の作家がこの庭に集います。」  この「とりの一輪挿し」は、「植物に寄り添うワイヤーワーク」をコンセプトに活動されてます、滋賀県大津市の奥田由味子さんの作品。 このイベント一番の出会いでした。

「工藝の庭」で出会った「とりの一輪挿し」 安曇川が流れる高島市は、陶芸や木工などの工芸が盛んだ。 この地に移り住んで活動している芸術家も多い。 そして、それらを盛り上げて行こうとする有志の活動も始まっている。 その一つに「工藝の庭」というイベントがある。 主催者曰く「工藝の庭は、この土地で循環するありとあらゆる生命が集い、語らう庭です。魂を削りだしたような木工。心のうちを叩いたような金工。手と土が溶け合うような陶工…。滋賀県を中心とした様々な分野の作家がこの庭に集います。」 この「とりの一輪挿し」は、「植物に寄り添うワイヤーワーク」をコンセプトに活動されてます、滋賀県大津市の奥田由味子さんの作品。 このイベント一番の出会いでした。

ブログを更新しました「運の悪いアマゴ」  #アマゴ #安曇川 #CDCダン

ブログを更新しました「運の悪いアマゴ」 #アマゴ #安曇川 #CDCダン

「近江高島、酒蔵巡りの旅」

「近江高島、酒蔵巡りの旅」

「近江高島、酒蔵巡りの旅」で行った、ソラノネ食堂

「近江高島、酒蔵巡りの旅」で行った、ソラノネ食堂

新旭町の喫茶古良慕(コラボ)は、日本の古き良き時代の建築様式や家具、設えを堪能出来るお店である。 それもそのはず、地元で古くから民家などの古材や古建具を扱う島村葭商店というお店が母体とのこと。  落ち着いた雰囲気の中、野菜をふんだんに使った和洋折中の品々を楽しめる。 中でもこの「週替わりごはんプレート」は、滋味溢れる様々なおかずに汁物、おかわり自由のかまどごはんと実に充実しており、満足のお昼ごはんであります。

新旭町の喫茶古良慕(コラボ)は、日本の古き良き時代の建築様式や家具、設えを堪能出来るお店である。 それもそのはず、地元で古くから民家などの古材や古建具を扱う島村葭商店というお店が母体とのこと。 落ち着いた雰囲気の中、野菜をふんだんに使った和洋折中の品々を楽しめる。 中でもこの「週替わりごはんプレート」は、滋味溢れる様々なおかずに汁物、おかわり自由のかまどごはんと実に充実しており、満足のお昼ごはんであります。

5月の良く晴れた日。 気持ちはよいが、釣れる気がまったくしないドピーカンの午後3時すぎ。  安曇川は南北に走るV字峡を流れている。 従って、結構早くから川面に山からの陰が掛かってくる。 この日も既に川面の一部に陰が掛かって来ていた。  イブニングまでこれと言ってする事がないので、この陰になっている所から釣り始める事にした。 そして、陰が伸びていったポイントを、ゆっくりと釣り上がって行った。  川面全体に陰が掛かった頃、このアマゴが釣れた。 体長24cm、安曇川本流らしいネイティブであった。

5月の良く晴れた日。 気持ちはよいが、釣れる気がまったくしないドピーカンの午後3時すぎ。 安曇川は南北に走るV字峡を流れている。 従って、結構早くから川面に山からの陰が掛かってくる。 この日も既に川面の一部に陰が掛かって来ていた。 イブニングまでこれと言ってする事がないので、この陰になっている所から釣り始める事にした。 そして、陰が伸びていったポイントを、ゆっくりと釣り上がって行った。 川面全体に陰が掛かった頃、このアマゴが釣れた。 体長24cm、安曇川本流らしいネイティブであった。

滋賀県の朽木・葛川地区を流れる安曇川を中心とした高島市の風景、flyfishingでの釣果、グルメ情報、文化等を紹介していきます。

滋賀県の朽木・葛川地区を流れる安曇川を中心とした高島市の風景、flyfishingでの釣果、グルメ情報、文化等を紹介していきます。

朽木桜2015041101

朽木桜2015041101

「土のうつわ展@新旭喫茶古良慕」で出会った、土のお地蔵さん。  素朴な表情に心が和みます。  高島にはその自然や風土に惹かれて、様々なジャンルの作家達が移り住んで来ている。  このお地蔵さんを作ったのは、玉田美帆さん。 この3月に兵庫県がら移住して来られるた作家さんで、土の感触を大事にして、手に馴染む器を模索されている。

「土のうつわ展@新旭喫茶古良慕」で出会った、土のお地蔵さん。 素朴な表情に心が和みます。 高島にはその自然や風土に惹かれて、様々なジャンルの作家達が移り住んで来ている。 このお地蔵さんを作ったのは、玉田美帆さん。 この3月に兵庫県がら移住して来られるた作家さんで、土の感触を大事にして、手に馴染む器を模索されている。

10feetphotogallery、 「喫茶古良慕のタイ風チキンカレー」   #喫茶古良慕 #グリーンカレー #ケーン #タイカレー #新旭 #島村葭商店

10feetphotogallery、 「喫茶古良慕のタイ風チキンカレー」 #喫茶古良慕 #グリーンカレー #ケーン #タイカレー #新旭 #島村葭商店

Pinterest
Search