オバケのロゴが変わりました!創業して3年目の節目にふんどし絞め直します。今まではしゅっとしたロゴだったんですが、僕ら自体あまりしゅっとしていないのでにゅるっとしました。デザイナーは三重野 龍さん。本当にありがとうございました。そして、今後もお願いします。アウトプットの際に領域の壁...

オバケのロゴが変わりました!創業して3年目の節目にふんどし絞め直します。今まではしゅっとしたロゴだったんですが、僕ら自体あまりしゅっとしていないのでにゅるっとしました。デザイナーは三重野 龍さん。本当にありがとうございました。そして、今後もお願いします。アウトプットの際に領域の壁... もっと見る

Category Archive for: Works | NUDE FREE WORKS

東京都中目黒にある視覚コミュニケーション&グラフィックデザイン事務所。広告デザイン全般/映画関連/アパレルAD・カタログ/ブランドイメージの設計/ シンボルマーク&ロゴタイプ/装丁/エディトリアル/CDジャケット/WEB等

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。 日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。 このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。 ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。

ロゴは「らしさ」をいくつも組み合わせる

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。 日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。 このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。 ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。 もっと見る

Pinterest
検索