柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

小池 高弘さん 小川 奈緒さん 『ゆったりと家族がつながる、縁側のある暮らし』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

洗濯室とクローゼットが一体になったようなランドリースペース/物件詳細 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス

洗濯室とクローゼットが一体になったようなランドリースペース/物件詳細 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス もっと見る

素材の変化を楽しむ和モダンな家 | 建築家住宅のデザイン 外観&内観集|高級注文住宅 HOP

素材の変化を楽しむ和モダンな家 | 建築家住宅のデザイン 外観&内観集|高級注文住宅 HOP もっと見る

Japanese Modern. I think my plants want to live here.

リノベーションで新しい命を吹き込まれた日本家屋をご紹介 | folk

<7> 古道具の存在感を引き立たせる - リノベーション・スタイル - Asahi Shimbun Digital[and]

<br>山田さん一家(夫40歳、妻41歳、長男2歳)<br><strong>築44年(東京都杉並区)・85m²+工事費1300万円=[doux]</strong> <br>「こういう家具をこういう店で買います」。奥様のこの言葉にはじまったリノベーションは、モノを探しながら同時に設計をすすめていくというスタイルに。ほっとできるアンティーク家具を引き立てるアイデアとは?

柵の周りに花を植えてもいいですね!マリーゴールドなら防虫効果も♪また、野菜の収穫後など、見栄えのしない時期も華やかにしてくれます。

ハーブや野菜、お花を仲良く育てよう♪フランス式家庭菜園「ポタジェガーデン」の作り方

柵の周りに花を植えてもいいですね!マリーゴールドなら防虫効果も♪また、野菜の収穫後など、見栄えのしない時期も華やかにしてくれます。 もっと見る

和とモダンが溶け込んだリビング。天井にはあえて凹凸をつけて変化を出した。

庭と縁側と照明現代になじむ日本家屋の静謐

庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。

京都・大原にあるベニシアさんの自宅の庭=ベニシアさん提供

国際バラとガーデニングショウ:自然で安全という幸せ ベニシアさん - 毎日新聞


その他のアイデア
Pinterest
検索