物件詳細 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス

物件詳細 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス もっと見る

写真検索「検索結果」 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス

写真検索「検索結果」 | 実例ギャラリー| 戸建住宅 | 積水ハウス もっと見る

CASE 337 | アトリエのある家(奈良県橿原市) |ローコスト・低価格住宅 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

CASE 337 | アトリエのある家 白い塗り壁と黒い金属サイディングを使いコントラストをつけたファサード。アトリエ・玄関・LDKが中庭を介してつながっており、光と植栽の緑をそれぞれの空間に注ぎ込みます。多趣味のご主人は、アトリエをご自分の作業場や作品を展示するギャラリーとして使用するため、天井を高くして南側からたくさんの光を取り入れて気持ちのいい空間になっています。 設計監理:フリーダムアーキテクツデザイン 施工場所:奈良県橿原市

階段脇の土間部分には、オープンハウス時に使う立て看板が置かれていた。

木漏れ日の落ちる家東京ながら、別荘のように自然を感じながら暮らす

ちょっと別荘ライクに 「自然とともにある別荘暮らしみたいなものをイメージしていました」と話すのは建築家の内田雄介さん。内田さんが建てた自宅兼事務所は、東京ながら周囲に緑が多く残る稲城市にある。 自然に囲まれた伸び伸びとした環境で育った内田さんには、もともと都心に近いエリアに住むイメージはなく、この自然環境にいかにとけ込んだ建物にするかを考えながら設計を進めたという。 「場所の特性に合った建物をつくりそこに自分たちのライフスタイルをすりあわせていくことで、ストレスがなく、また魅力のある暮らしができるんじゃないかという思いがまず根本にありました。そこでこの環境に合った、ちょっと別荘ライクなものをイメージして進めました」 そのライフスタイルとは、四季折々の季節を楽しむというものだった。「春には桜が咲き、桜が散ったら新緑を眺めて楽しみ、梅雨が過ぎると初夏が訪れ、やがて紅葉の季節になる。赤く色づいた木々を見た後には、雪が降って山が白く染まるのを見て感動したりとか」 四季だけでなく1日の変化も楽しむ…

玄関全体が土間になっています。このスペースに観葉植物を置いたり、上着掛けを置いたりできますね。

白とライトグレーのクリーンな空間に、白木と緑がやさしい印象を添える土間。階段下には季節によってモビールを吊ったり、ツリーを置いたりと演出を楽しんでいるそうです。 もっと見る

今どきの土間

光の加減により葉がもたらす影や、風による揺れが柔らかさを生み出してくれる…それが観葉植物の魅力ではないでしょうか。手軽に取り入れられる癒しの存在として活躍して…


その他のアイデア
Pinterest
検索