Post-war photo by Tadahiko Hayashi in Nagasaki, Japan. 林忠彦の写した戦後日本の風景写真。長崎、大浦天主堂下、ここは今もたばこ屋さんらしいです。

11/3💋トーク‼️pugyurata on

Post-war photo of Nagasaki, Japan by Tadahiko Hayashi. This cigarette & souvenir shop standing at the bottom of the hill coming down from Ōura Tenshudō still runs as of today, it seems. *Ōura Tenshudō, or the Ōura Church is a Roman Catholic church built in 1864 promoted by two French missionaries who landed in Nagasaki for the purpose, which is said to be the oldest Catholic church in Japan…

銀座中央通り

1874年に日本初の街路樹として、桜・松・楓が銀座通りに植樹されたが、埋立地である銀座の土地が水分の多いことから根腐れを起こしてしまい、1877年に湿地に生育する柳に植え替えられた。しかし、1921年に車道の拡幅にともない銀杏へと植え替えられた。しかし、銀座の柳に対する思いは強く、1929年に発表された西條八十作詞の『東京行進曲』でも銀座の柳をなつかしむ歌詞が登場する。1932年に朝日新聞社の寄贈で再び銀座通りに再び柳が復活し、同年4月には第1回柳まつりが開催された。その後も、『東京ラプソディ』や『東京音頭』で歌われるなど、柳は銀座のシンボルとして定着していった。

東京タワー

Marc Riboud(マルク・リブー)さんは今から56年前、1958年に日本を訪れ日本を撮影しています。人々の服装や街の風景、建築物など変化していく様がとてもよくわかりますね。始まったばかりの高度経済成長の勢いや活気などが伝わってきますね。上の画像は建設中の東京タワーです。

Kondō Isami (1834-1868) commander of the shinsengumi, a special police force of…

近藤 勇(こんどう いさみ)は、江戸時代末期の武士。新選組局長を務め後に幕臣に取り立てられた。勇は通称、諱は昌宜(まさよし)。慶応4年(1868年)からは大久保剛、のちに大久保大和。家紋は丸に三つ引。

Hijikata Toshizo of the Shinsengumi, prototype of Hijikata Toshiro

幕末~明治の変化は異常。たった数年前までちょんまげだった奴が洋服着てるとかすごすぎる : 哲学ニュースnwk

Pinterest
検索