憧れキッチン♡選ぶならこの4タイプ!デザイン&コスパもチェック | RoomClipMag

憧れキッチン♡選ぶならこの4タイプ!デザイン&コスパもチェック

michiko1010さんの、parmgraphics,コウモリラン,リビング階段,Supreme,プラントハンガー,とよだこうじ,Panasonic,見せ梁,sohaliving,ronherman,アイランドキッチン,ダクトレール,TIGER,NO GREEN NO LIFE,ダクトレールフック,リプサリス,ダイニングテーブル,コンテスト参加,Brooklyn,照明,IKEA,KATOJI,ドライフラワー,雑貨,多肉植物,unico,Kitchen,のお部屋写真

Nice natural furnishings in a small but airy open living/dining room // リビング・ダイニング

株式会社アネストワンの投稿記事:「子供の成長を見守れる、回遊式キッチンの家」です。1975年築のヴィンテージマンションをリノベーション。 細かく仕切られていた3LDKの間取りを一新し、キッチンを中心に回遊できる住まいに。 光と風を通す、開放的な空間へと生まれ変わった。 無垢の床や漆喰の壁など自然素材をふんだんに使った空間に、オリーブグリーンに調色した漆喰のアクセントウォールや、ブルーのリビング扉と小窓がアクセントとなっている。 「家族が常に一緒に居られる空間の家が理想だった」という建て主。 どこにいても家族と繋がる住まいとなり、お子様の成長を見守りながら明るく楽しい日々を過ごしている。

専門家:nu(エヌ・ユー)リノベーションが手掛けた、キッチン1(ARAGOSHI)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

キッチン1(ARAGOSHI)- キッチン事例


その他のアイデア
splem dining table 1600 スプレム ダイニング テーブル 1600 オーク無垢材を贅沢に使用したW1600テーブル 脚はアイアン製 送料無料 05P06Aug16

楽天市場:a.depeche アデペシュのFURNITURE > テーブル(デスク、ローテーブル) > splem ダイニングテーブル一覧。a.depeche/アデペシュはライフスタイルを提案する家具通販・インテリア通販。味わいがあって心地良さが漂うチェア、テーブル、ベッド、ソファー、収納家具、照明から雑貨まで揃えa depecheらしいライフスタイルを提案

家具の大きさ通路から考える理想の間取り

インテリアショップBIGJOYでは「きっと家具から始まる家づくり」というコンセプトのもと家具の提案をさせて頂いております。普段、ご来店するお客様から図面を見せ…

キッチンのレイアウト

実際に、建築会社さんから間取りが出てきた時に、皆さまはどのような判断をしていきますか?デザイン的な話は好き嫌いがありますが、最低限考えておきたい家事動線などの説明をこのページでしています。

吹き抜けのある開放的なLDK

建主は、古くからこの敷地に暮らし、敷地南側に面した庭を大切に手入れしていた。この庭を生かすように縁側を設け縁側を緩衝帯として空間を繋ぐ平屋建てが基本となる。リビングは、屋根勾配に合わせ吹き抜けており、頂部に屋根裏部屋を設ける。全体のフォルムは、この空間を率直に表現し塀-平屋部-吹き抜け部の軸のずれた壁が重なり合い外観に奥行き感を出している。 専門家:アールタイプが手掛けた、外観(key-01)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

Johnson + McLeod Design Consultants 7

こちらのお宅のテラス、素敵じゃないですか? 海に面した開放的で広々としたテラスに、しっかりとしたソファを2つ。真ん中には焚き火台まで用意してあったりして。   このテラス、屋外リビ...

ダイニング(南千束の家)- リビングダイニング事例|SUVACO(スバコ)

専門家:磯部邦夫が手掛けた、ダイニング(南千束の家)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

ロフトのある開放的な空間に、南側の窓から光が差し込む。明るい色の床に、ボーエ・モーエンセンなどの北欧の家具が似合う。

収納の工夫も満載心地よさを求めて辿り着いたシンプルでクリーンな白い箱

徹底して無駄をカット 「お豆腐みたいに白くて四角い箱が良かったんです」。のどかで緑豊かな住宅街。真っ白な明るい家に磯貝さん一家は暮らしている。「採光を考えて天井は斜めになったのですが、本当は真四角がいいと思っていました」。と奥さんの夏海さん。 磯貝邸が建てられたのは6年前。「前に住んでいた家が暗かったので、明るくしたかったんです。リビングは日当りが絶対条件でした」。そのため2階にリビングを、1階に寝室やバスルームを設けた。真っ白な壁に包まれたシンプルな空間は、どこもピカピカで清潔感に溢れている。 「間取りなどは自分たちで考えて、工務店さんに設計を依頼しました。付け足し案ももらいましたが、余計なものはなくていいです、と。便利だけれど見た目にマイナスなものはすべて外してもらいました。家のイメージは既に固まっていましたね」。 磯貝邸のプランニングはすべて引き算。余計なものをそぎ落としていくことから始まった。 選び抜いたものと暮らす 「家を建てたときは下の子がまだ生まれていなかったので。育っていく中で変わっていけばいいと思いました」と言うのはご主人の雄一さん。長男・琉音君、長女・汐音ちゃんが遊

シンプルながらもアクセントウォールがとても素敵なお家。これから新築を建てられる方には北欧感漂う和室インテリアの参考になりますね。

シンプルながらもアクセントウォールがとても素敵なお家。これから新築を建てられる方には北欧感漂う和室インテリアの参考になりますね。 もっと見る

Pinterest
検索