Japanese old wooden house in Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 小金井市 江戸東京たてもの園

Japanese old wooden house in Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 小金井市 江戸東京たてもの園 Love the wood and windows

Japanese house interior

家の中に和室の畳部屋があると、ほっこり落ち着きますよね。だけどコーディネートが難しくて、おしゃれに関してはあきらめてしまいがち。そこで今回は、和室を素敵に変身させるヒントを、実例画像と共にご紹介!憧れの空間を目指して、畳部屋をセンスアップしちゃいましょう♪

住宅について考えるときに、既にある大量の住宅ストックをどのように活用していくか?というのは、今後ますます重要に…

縁側のひだまりで猫が丸まっていたり、畳にざぶとんだったり、ほうきや古道具があったり。和風のお部屋はとても素敵ですが、日本家屋を少し現代風にリノベーションしたような、和モダンなインテリアもおしゃれですよね。玄関のペンダントライトがレトロだったり、ガラス戸だったり。おばあちゃんや両親から受け継いだ家具も、現代のモノと合わせ

柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

japanese style livingroom

MUJI meets IDEE。。。 - Ducks Home

3月は私のお誕生月です。 あらためて自分の年齢を考えると「いつの間にそんなに生きてきたんだろう。。。」 と、おかしな日本語になっちゃうくらい動揺しますが、やっぱりお誕生日という響きは いくつになってもウキウキします 入院中、夫の両親からお祝いが届きました。(入院のことは知らせていなかったので・・・) 「好きなものを買ってね」と、いつも現金を送ってくださいます。 好きなものがすぐ…

Pinterest
検索