Artek -アルテック-

北欧のファニチャーブランド・アルテック。フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトが手掛けたデザインはシックでモダン。そのどの時代にも通じる廃れることのない完成された造形美で、北欧を代表するブランドとして愛され続けています。
·
38 Pins
 2w
Collection by
【ハチの巣モチーフのボディが放つ、研ぎ澄まされた存在感】
北欧フィンランドArtek(アルテック)のビーハイブ。ハチの巣という愛称を持つ照明は、デコラティブで柔らかい光がもれる美しいデザイン。
ストックホルムのデザインスタジオ「TAF」によって手掛けられた「コリ」シリーズ。無駄な要素を削ぎ落したシンプルな美しさと効率的なモジュラーシステムで構成され、形状と機能の融合を目指したモダニズムの精神を現代に具現化しました。 眩しさを感じさせないようにデザインされた籠状の中心部から直接光を下方に投射し、柔らかな間接光を上方へと分散させる基礎構造に傘型シェードを組み合わせた「コリペンダント・デューンシェード」は、シェードが光を再び下方に反射することでより広い範囲を照らします。大きめのテーブル上に吊るす主役のペンダントライトとしておすすめです。【2023年デザイン】
ストックホルムのデザインスタジオ「TAF」によって手掛けられた「コリ」シリーズ。無駄な要素を削ぎ落したシンプルな美しさと効率的なモジュラーシステムで構成され、形状と機能の融合を目指したモダニズムの精神を現代に具現化しました。 眩しさを感じさせないようデザインされた籠状の中心部から直接光を下方に投射し、上方へは柔らかな間接光を分散させ、心地よく魅力的な空間を演出します。小型で端正なコリペンダントは、狭い空間を照らす一般照明として、カウンター上のアクセント照明として、用途に合わせて多灯吊りし作業用照明として、あらゆる使い方ができます。【2023年デザイン】

照明

9 Pins
【マルチに使える半円形テーブル】
アルヴァ・アアルトのデザインによる半円形のテーブルは、あらゆる家、あらゆるライフ��スタイルに心地良く馴染みます。長方形のテーブルと組み合わせて使ったり、そのまま使う場合は壁に接したデスクとしてなど、あらゆる使い方ができます。
【アアルトデザインの丸テーブルを、お部屋のアクセントに】モダニズム建築の巨匠であるアルヴァ・アアルトによって、1933年に発表されたラウンドテーブルシリーズ。温かみのあるフィンランドバーチを用いた、シンプルで美しいデザインのテーブルです。家の中は直線的な家具や家電が多くなりがちですが、丸テーブルを置くだけでもアクセントになり、お部屋の中で存在感を放ちます。丈夫で使い込むほどに味わい深く経年変化するのも魅力の一つです。
606サイドテーブルの90周年を記念して、4つの特別版が数量限定で登場。スチールチューブにパイミオサナトリウムの内装に使われたミントとライトグレーを使用しています。病室や読書室の天井に使用されていた色からとった「ミント」、階段の金属�製手すりに着想を得た「ライトグレー」の色をスチールチューブに施し、それぞれにライトグレーの天板、木目を活かしたハニー、ウォルナットの天板を合わせたバリエーションです。

テーブル

4 Pins
アアルトチェアの中では最も人気の高いチェア。
artekのチェアシリーズの、中でも一番人気のチェア69。北欧を代表する建築家兼デザイナーのアルヴァ・アアルトによって1935年に発表され、住宅やカフェ、学校などたくさんの場所で愛用されています。一見小ぶりなチェアですが、カーブがかった背もたれが背中をしっかり支え、ゆったりとした座り心地です。圧迫感の無いすっきりとしたデザインはどの空間にもマッチし、お部屋をよりおしゃれにしてくれます。次世代にも、さらにその先の代にも、紡いでゆきたい名作品です。
"日々の暮らしに、北欧の定番チェアを" 人の背中の形に合った背板の支えが心地よい、小ぶりなバーチ材のチェア66。北欧を代表する建築家兼デザイナーのアルヴァ・アアルトによってデザインされ、1935年の発表から今日までたくさんの場所で愛用されてきました。シンプルながらもどこか愛嬌のある有機的なフォルムは、お部屋のどの空間にも馴染み雰囲気を高めてくれます。また、このチェアはフィンランドのヘルシンキを舞台にした映画「かもめ食堂」の中でもたくさん登場し、フィンランドでは当たり前のように使用されています。アルテックの数あるチェアシリーズの中でも、代表的なチェアの一つです。【1935年デザイン】|#interior #北欧インテリア #かもめ食堂 |【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
あらゆる用途と環境に応じる普遍的な木製の椅子 コンパクトで軽量、スタッキング可能で快適な座り心地を兼ね備えたこの椅子は、ストックホルムの国立美術館に新設されたレスト��ランのためにデザインされました。その名は、レストランのダイニングホールのコンセプトが、アーティストのアトリエであったことに由来しています。 【2018年デザイン】

チェア

5 Pins
【フィンランドの森から届いた、自然そのままのスツール60】 ヴィッリとは、「野生」「自然そのまま」といった意味のフィンランド語です。「スツール60」の90周年を記念したモデル「スツール60ヴィッリ」は、市場のニーズに基づいた従来の概念を見直そうという試みによって生まれました。その名の通り木材に現れる節、真に近い色の濃い部位、昆虫による形跡など、森林から生み出されるあらゆる可能性とバリエーションが含まれたスツールです。 外見的な均一性や完璧さではなく、自然そのままの不完全さを「美しさ」として讃え、サスティナビリティに対する新たな価値観を提案し、同��時に木材選定の基準の幅を広げ、これまで以上に自然素材を無駄なく大切に使用することを提唱します。
【炎のような木目模様が美しい、希少なバーチ材の限定モデル】
1933年にアルヴァ・アアルトによりデザインされたスツール60の90周年を記念し発表された数量限定モデル。炎のような木目模様が現れるロイムは、フィンランド語で「炎」を意味し、日本では「トラ杢目」と呼ばれています。フィンランド産の希少な白樺の変種を素材として用いており、バーチの美しさと多様性をテーマとした数量限定モデルです。
北欧フィンランドArtek社(アルテック)の今なお絶大な人気を誇るスツール60。使い込むほどに深い味わいを醸すバーチ材の温もりと、一切無駄を省いたフォルム、3本脚の美しさが特徴の名作です。【1933年デザイン】|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ|#スツール #インテリア #アルテック #北欧インテリア

スツール

11 Pins
オブジェとしての面白さと機能性を兼ね備え、素朴で不思議な親しみを呼ぶセラミック製の小物シリーズ。アルテックが提携するポルトガルのセラミック工場でひとつひとつ手作りされています。それぞれのゆるい表情に癒されます。

オブジェ

1 Pin
A331 ペンダントライト ビーハイブ|照明 Artek アルテック|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Interior, Alvar Aalto, Inspiration, Le Corbusier, Design, Vintage, Artek Lighting, Artek, Pendant Light
A331 ペンダントライト ビーハイブ|照明 Artek アルテック|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【ハチの巣モチーフのボディが放つ、研ぎ澄まされた存在感】 北欧フィンランドArtek(アルテック)のビーハイブ。ハチの巣という愛称を持つ照明は、デコラティブで柔らかい光がもれる美しいデザイン。
チェア69 ダイニングチェア|Artek アルテック|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ The Unit
チェア69 ダイニングチェア|Artek アルテック|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
アアルトチェアの中では最も人気の高いチェア。 artekのチェアシリーズの、中でも一番人気のチェア69。北欧を代表する建築家兼デザイナーのアルヴァ・アアルトによって1935年に発表され、住宅やカフェ、学校などたくさんの場所で愛用されています。一見小ぶりなチェアですが、カーブがかった背もたれが背中をしっかり支え、ゆったりとした座り心地です。圧迫感の無いすっきりとしたデザインはどの空間にもマッチし、お部屋をよりおしゃれにしてくれます。次世代にも、さらにその先の代にも、紡いでゆきたい名作品です。
アアルトテーブル 半円形 ダイニングテーブル|Artek アルテック|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
アアルトテーブル 半円形 ダイニングテーブル|Artek アルテック|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【マルチに使える半円形テーブル】 アルヴァ・アアルトのデザインによる半円形のテーブルは、あらゆる家、あらゆるライフスタイルに心地良く馴染みます。長方形のテーブルと組み合わせて使ったり、そのまま使う場合は壁に接したデスクとしてなど、あらゆる使い方ができます。
キャンバス トートバッグ SIENA|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Siena
キャンバス トートバッグ SIENA|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
「SIENA」はアルヴァ・アアルトが1954年に自分の建築の室内のためにデザインしたテキスタイル。規則的な模様は、イタリア・トスカーナに在るシエナ大聖堂の大理石の縞模様を連想させます。ヘルシンキにあるアアルト自邸では、書斎入り口のカーテンやリビングに置いたピアノのカバーとして「SIENA」が使われています。こちらはキャンバスを使った丈夫なバッグです。テキスタイルデザイン:アルヴァ・アアルト。
アアルトテーブル 91テーブル 円形|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
アアルトテーブル 91テーブル 円形|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【アアルトデザインの丸テーブルを、お部屋のアクセントに】モダニズム建築の巨匠であるアルヴァ・アアルトによって、1933年に発表されたラウンドテーブルシリーズ。温かみのあるフィンランドバーチを用いた、シンプルで美しいデザインのテーブルです。家の中は直線的な家具や家電が多くなりがちですが、丸テーブルを置くだけでもアクセントになり、お部屋の中で存在感を放ちます。丈夫で使い込むほどに味わい深く経年変化するのも魅力の一つです。
コリ ペンダント デューンシェード|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Studio, Pendant Lighting, Pendant Lamp, Lamp Design, Lighting Collections, Lamp
コリ ペンダント デューンシェード|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
ストックホルムのデザインスタジオ「TAF」によって手掛けられた「コリ」シリーズ。無駄な要素を削ぎ落したシンプルな美しさと効率的なモジュラーシステムで構成され、形状と機能の融合を目指したモダニズムの精神を現代に具現化しました。 眩しさを感じさせないようにデザインされた籠状の中心部から直接光を下方に投射し、柔らかな間接光を上方へと分散させる基礎構造に傘型シェードを組み合わせた「コリペンダント・デューンシェード」は、シェードが光を再び下方に反射することでより広い範囲を照らします。大きめのテーブル上に吊るす主役のペンダントライトとしておすすめです。【2023年デザイン】
コリ ペンダント|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプ�レ Modern Lighting, Floor And Table Lamps, Modular Design, Downlights
コリ ペンダント|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
ストックホルムのデザインスタジオ「TAF」によって手掛けられた「コリ」シリーズ。無駄な要素を削ぎ落したシンプルな美しさと効率的なモジュラーシステムで構成され、形状と機能の融合を目指したモダニズムの精神を現代に具現化しました。 眩しさを感じさせないようデザインされた籠状の中心部から直接光を下方に投射し、上方へは柔らかな間接光を分散させ、心地よく魅力的な空間を演出します。小型で端正なコリペンダントは、狭い空間を照らす一般照明として、カウンター上のアクセント照明として、用途に合わせて多灯吊りし作業用照明として、あらゆる使い方ができます。【2023年デザイン】
コリ テーブルライト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Design Shop, Shop Design, Shop, Copyright, Table, Reserved
コリ テーブルライト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【インテリアを引き立て、アクセントになる照明】 ストックホルムのデザインスタジオ「TAF」によって手掛けられた「コリ」シリーズ。無駄な要素を削ぎ落したシンプルな美しさと効率的なモジュラーシステムで構成され、形状と機能の融合を目指したモダニズムの精神を現代に具現化しました。一灯だけでも、複数の多灯使いでも、インテリアに合わせて魅力的なムードを作り出してくれます。【2023年デザイン】
コリ ペンダントライト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Instagram, Suspension Lamp, Accent Lighting
コリ ペンダントライト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【空間のムードを豊かにする、タイムレスな照明】 ストックホルムのデザインスタジオ「TAF」によって手掛けられた「コリ」シリーズ。無駄な要素を削ぎ落したシンプルな美しさと効率的なモジュラーシステムで構成され、形状と機能の融合を目指したモダニズムの精神を現代に具現化しました。一灯だけでも、複数の多灯使いでも、インテリアに合わせて魅力的なムードを作り出してくれます。【2023年デザイン】
A201 ペンダントライト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ 1950s, Home Décor, Furniture Design, Pendant Light Design, Suspension Light, Ceiling Lights
A201 ペンダントライト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【アーキテクチャーなデザイン照明】 「A201 ペンダント」は、1952年に完成したアルヴァ・アアルトの代表的な建築、セイナッツァロのタウンホールの図書館のためにデザインされました。スチール板を溶接した彫刻のように美しいデザインは、アアルト夫妻のお気に入りでもあり、自らが暮らす自邸のためにも3種類のバリエーション(国内の販売は1種類)をデザインしています。シェードの上下双方から光を放つデザインは、まるで間接照明のように優しく柔らかい光を灯す人工照明を目指していたアアルトの理想を体現しています。【1950年代デザイン】
【フィンランドの森から届いた、自然そのままのスツール60】 ヴィッリとは、「野生」「自然そのまま」といった意味のフィンラ�ンド語です。「スツール60」の90周年を記念したモデル「スツール60ヴィッリ」は、市場のニーズに基づいた従来の概念を見直そうという試みによって生まれました。その名の通り木材に現れる節、真に近い色の濃い部位、昆虫による形跡など、森林から生み出されるあらゆる可能性とバリエーションが含まれたスツールです。 外見的な均一性や完璧さではなく、自然そのままの不完全さを「美しさ」として讃え、サスティナビリティに対する新たな価値観を提案し、同時に木材選定の基準の幅を広げ、これまで以上に自然素材を無駄なく大切に使用することを提唱します。 Décor, Home, Original Designs, Smooth Legs, Alvar Alto
スツール 60 ヴィッリ | 90周年記念モデル|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【フィンランドの森から届いた、自然そのままのスツール60】 ヴィッリとは、「野生」「自然そのまま」といった意味のフィンランド語です。「スツール60」の90周年を記念したモデル「スツール60ヴィッリ」は、市場のニーズに基づいた従来の概念を見直そうという試みによって生まれました。その名の通り木材に現れる節、真に近い色の濃い部位、昆虫による形跡など、森林から生み出されるあらゆる可能性とバリエーションが含まれたスツールです。 外見的な均一性や完璧さではなく、自然そのままの不完全さを「美しさ」として讃え、サスティナビリティに対する新たな価値観を提案し、同時に木材選定の基準の幅を広げ、これまで以上に自然素材を無駄なく大切に使用することを提唱します。
【手描きのテキスタイルにみる不完全さゆえの揺らぎと美しさ】 アルヴァ・アアルトが愛したイタリアの都市と建築に着想を得て描いたテキスタイル「SIENA(シエナ)」と、ロナン&エルワン・ブルレックによるテキスタイルデザイン「RIVI(リヴィ)」は、どちらも規則的でありながら、手描きによる柔らかさが感じられ、日々の暮らしの中に色どりを与えてくれます。 Foods, Ethnic Recipes, Food, Cornbread
トレイ アルヴァ アアルト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【手描きのテキスタイルにみる不完全さゆえの揺らぎと美しさ】 アルヴァ・アアルトが愛したイタリアの都市と建築に着想を得て描いたテキスタイル「SIENA(シエナ)」と、ロナン&エルワン・ブルレックによるテキスタイルデザイン「RIVI(リヴィ)」は、どちらも規則的でありながら、手描きによる柔らかさが感じられ、日々の暮らしの中に色どりを与えてくれます。
【限定数量】スツール60 ロイム|90周年限定モデル|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Decoration, Eames, English, Stool, Scandinavian Furniture, Scandinavian Style
【限定数量】スツール60 ロイム|90周年限定モデル|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【炎のような木目模様が美しい、希少なバーチ材の限定モデル】 1933年にアルヴァ・アアルトによりデザインされたスツール60の90周年を記念し発表された数量限定モデル。炎のような木目模様が現れるロイムは、フィンランド語で「炎」を意味し、日本では「トラ杢目」と呼ばれています。フィンランド産の希少な白樺の変種を素材として用いており、バーチの美しさと多様性をテーマとした数量限定モデルです。
クッションカバー SIENA|アルヴァ アアルト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Pillows, Bed, Pillow Cases, Bed Pillows
クッションカバー SIENA|アルヴァ アアルト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【アアルトデザインのテキスタイルをインテリアのワンポイントに】さりげなく個性が光ります。 「SIENA(シエナ)」の規則的でありながら手描きによる柔らかさが感じられるファブリックを使ったクッションカバー。
A331 ペンダントライト ビーハイブ|アルヴァ アアルト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ Lights, Pendant
A331 ペンダントライト ビーハイブ|アルヴァ アアルト|Artek|【SEMPRE】家具・雑貨・インテリアショップのセンプレ
【ハチの巣モチーフのボディが放つ、研ぎ澄まされた存在感】 1953年にアルヴァ アアルトがデザインしたビーハイブ。ハチの巣という愛称を持つ照明は、デコラティブで柔らかい光がもれる美しいデザイン。