セツナ

セツナ

Fukuoka / 아쉬울 것 없을 때까지...
セツナ
セツナさんの他のアイデア
これは習慣だった。いつも朗らかに笑っている彼が表情を失くして、やにわに寄ってきて確かめるようにあちこち触れるの。また始まった、と思いながらほんの少し多く息を吸ってじっと終わりを待つ。最後は決まってその双眸に捕えられる。やめて、と言えるけど言わないのは彼が小さく震えているから。

これは習慣だった。いつも朗らかに笑っている彼が表情を失くして、やにわに寄ってきて確かめるようにあちこち触れるの。また始まった、と思いながらほんの少し多く息を吸ってじっと終わりを待つ。最後は決まってその双眸に捕えられる。やめて、と言えるけど言わないのは彼が小さく震えているから。

彼が待っているのが見えた。今日はこんなにも澄んだ空気だっただろうか。 (cr. REALSTORY)

彼が待っているのが見えた。今日はこんなにも澄んだ空気だっただろうか。 (cr. REALSTORY)

寒い日だ、僕は雪になりたいと思う。彼方の肩に落ちてその熱で溶けることができたなら。 (cr. AGAPE)

寒い日だ、僕は雪になりたいと思う。彼方の肩に落ちてその熱で溶けることができたなら。 (cr. AGAPE)

光を浴びて広がる影に、この身を埋めてしまいたかった。 (cr. Addicted at This Moment)

光を浴びて広がる影に、この身を埋めてしまいたかった。 (cr. Addicted at This Moment)

私はも早、善い意志をもっては目覚めなかった 起きれば愁はしい平常のおもひ 私は、悪い意志をもってゆめみた…… -中原中也「憔悴」より (cr.Fantasister)

私はも早、善い意志をもっては目覚めなかった 起きれば愁はしい平常のおもひ 私は、悪い意志をもってゆめみた…… -中原中也「憔悴」より (cr.Fantasister)

生まれながら持ったこの力のせいでトモダチなんて一人もいなかった、いつも孤独だった (cr.Feather)

生まれながら持ったこの力のせいでトモダチなんて一人もいなかった、いつも孤独だった (cr.Feather)

絶望の果てに射し入る一縷の光  (cr. TAEMTREE)

絶望の果てに射し入る一縷の光 (cr. TAEMTREE)

紅の地平に燃ゆる一片の詩  (cr.Last Fantasy)

紅の地平に燃ゆる一片の詩 (cr.Last Fantasy)

この世を支配する者 (cr.My fairy)

この世を支配する者 (cr.My fairy)

昨日に後悔はない、明日に希望もない。 (cr.kindergarten)

昨日に後悔はない、明日に希望もない。 (cr.kindergarten)