一見 部屋のようだが、実際にその場に立つと外の感覚。抜群の開放感のバルコニー

一見 部屋のようだが、実際にその場に立つと外の感覚。抜群の開放感のバルコニー もっと見る

dwarf の クラシカルな 廊下&階段 H's HOUSE

玄関はどのように飾れば素敵に仕上がる?

dwarf の クラシカルな 廊下&階段 H's HOUSE もっと見る

SKR: 一級建築士事務所アトリエソルト株式会社が手掛けたモダンバルコニー&テラスです。

SKR: 一級建築士事務所アトリエソルト株式会社が手掛けたモダンバルコニー&テラスです。 もっと見る

シンプルハウス|大好きな家具が映える無垢の床に、灯りとり窓のあるバール風の家が完成(大阪府 K氏邸/マンション)|Goodリフォーム.jp

シンプルハウス|大好きな家具が映える無垢の床に、灯りとり窓のあるバール風の家が完成(大阪府 K氏邸/マンション)|Goodリフォーム.jp もっと見る

<p>木枠の室内窓でキッズスペースとキッチンを間仕切り。様子を伺いながら家事ができますね。</p>

<p>木枠の室内窓でキッズスペースとキッチンを間仕切り。様子を伺いながら家事ができますね。</p> もっと見る

This laundry room makes doing laundry a little more enjoyable!

出典:betweennapsontheporch.net家を建てるタイミングって難しいですよね。しかし今の生活が不便で使いづらいのであれば思い切ってライフスタイルに合わせた環境を整えてしまうことも大切...

2階の和室スペース。壁には素材感のある木毛セメント板が使われている。

商店街へと開かれた家木のように成長する家を街のみんなが見守る

「家を建て替えようと思ったいちばんの要因は子供が生まれるということでした」と語るのは加藤雅明さん。目黒区の西小山で設計事務所を構える建築家だ。お子さんの誕生をきっかけに、以前の家では夏暑くて冬が寒く、事務所スペースでは床座で胡坐をかいてコンピュータに向かっていたという環境の改善も図りたかったという。 事務所兼用の住宅を建て直す時に考えたのは、まず、商店街に立つ住宅のあり方。以前の家は50年以上を経たお茶屋さんをリノベーションしたものだが、この考えはその時から引き継いだものだった。 記憶を受け継ぐ 設計事務所というと敷居が高いと敬遠されがちだが、12年前のリノベーションの際には、新築するのではなく、商店街やそこを通る人たちの思い出となっている建物を引き継いで、街とうまく接しさせることによって、事務所、そして自身も街へと浸透させていきたいという思いがあった。 今度の家の1階の打ち合わせスペースでは、取材の前日も商店街の人たちと話し合いをもったという加藤さん。新築されたこの家では別のかたちでその思いを実現しようとした。…

開放感と景色を満喫できるインナーバルコニー。

住友不動産の新築一戸建て・注文住宅の実例詳細をご案内。安心と信頼の住宅メーカー、ハウスメーカーをお探しなら住友不動産にご相談下さい。建築実例・モデルハウス情報も豊富、資料請求もできます。一戸建て注文住宅ならハウスメーカーの住友不動産。

1to10_01_photo_daici_ano.JPG

新しい感性を持つ若手建築家、鈴野浩一と禿真哉によるユニット、トラフ建築設計事務所...


その他のアイデア
Pinterest
検索