floating stairs

floating stairs

書斎事例:明るい書斎コーナー(『矢来の家(減築)』過去の記憶や温もりを残す減築リフォーム)

都心に建つ古い家を、過去の記憶を残しながら「減築」した、庭のある夫婦二人のための住宅です。 東京都新宿区の古くからの住宅地。親の代からの持ち家である築50年程の住宅にくっついて築40年程のアパートが増築された木造2階建ての建築に、若いご夫婦が住んでいました。「古い住宅と増築されたアパートをリフォームして、家族二人と猫二匹が住みやすい家にしたい。」とのご希望をかなえるため、現地を拝見し案を練りました。 考えた末、DKとして使われていた味はあるが大分痛んできてもいた古い部分を思い切って「減築」し、そこに緑を沢山植えて庭とし、築40年程の主にアパートだった部分をリフォームすることにしました。 1階を土間、2階を板間として、階段と吹抜けでつなぎ家全体を一体の空間としました。構造上のバランスを考えて一部の窓を塞ぎ壁にしましたが、残した窓を取り換える事はせず、古い健全な柱や梁は極力残し表に見せました。 古い柱に沢山残る「貫穴」を埋めて白く塗り、もともとの建物の壁や開口部の位置の「記憶」を保ちました。書籍を沢山持たれているご夫婦のために、壁にはぐるりと固定の厚い棚板を開口部の位置とは無頓着に回しました。 古い部分を作った昔の職人達に敬意を持ち、彼等との共作のようにして作り上げた住宅の内部空間には過去の温もりが伝えられることとなりました。 専門家:荒木毅が手掛けた戸建リフォーム・リノベーション事例:『矢来の家(減築)』過去の記憶や温もりを残す減築リフォームのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

照明のコードを簡単に短くする結び方をご紹介。とっても簡単なのに、きれいに仕上がります!

照明のコードを簡単に短くする結び方をご紹介。とっても簡単なのに、きれいに仕上がります! もっと見る

二子新地の住居 | Tato Architects – タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所

二子新地の住居 | Tato Architects – タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所 もっと見る

懐かしい露地をイメージした和モダンデザインの中庭。縦格子と植栽が外部の視線を上手に遮ります。|テラス|デザイン|ナチュラル|タイル|和モダン|インテリア|

ガーデンのギャラリー集。注文住宅の家造りの実績をご覧ください。

Gallery - House in Ikoma / Arbol - 13

Gallery of House in Ikoma / Arbol - 13

生駒の家 house in ikoma 土間の吹き抜けを起点に部屋が、 家族がつながる。 施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。 丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。 ▼詳しいご紹介はコチラ▼ Double height ceiling space at earth floor connects the entire rooms and the family The request of the clients was earth floor, and a spacious open place like studio, as they’d like to feel sense of unity as a family. To meet these needs, entrance, earth floor, and stairs have double height structure, and the ceiling height is set in 6700mm. Furthermore, a glass window is placed above the stair space, and its width is same as earth floor one, so that the sunlight comes in well through that wide open window.  The aim of this design is for wind, natural sunlight, and air to run through the whole area freely and effectively, in this compact house. Because of this design, some parts of the beams appear, so as to enjoy the strength of wood structure, and its grain change as time goes by. As this house is located at a developed land of Ikoma mountain, equipment for cold weather is essential. To have a warm living room, polycarbonate material is used at earth floor and stair space. Floor heating is set at the both earth floor and living floor. As for kitchen equipment, a specific business use model was selected by the client. The exterior shape is square, and simple. Gable roof is placed through north to south. The house is on the hill, looking down over the scenery, wrapping the inside family gently and softly. 〈概要〉 敷地面積|132.26㎡ 延床面積|85.03㎡ 1階床面積:47.41㎡ 2階床面積:37.62㎡ 家族構成|夫婦+子供1人 所在地|奈良県生駒市 用途地域|第一種低層住居地域・ 22条区域 構造|木造 仕上 外部|外壁:ガルバリウム鋼板 内部|床:無垢フローリング材ナラ貼            壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上            天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上 工事期間|2014年6月〜2015年1月 基本設計・実施設計・現場監理|arbol 照明計画|DAIKO 施工|建築工房アクトホームズ 外構|GREEN SPACE 撮影|下村康典 プロデュース|ザウス株式会社 site area | 132.26㎡ totalfloor|85.03㎡ first floor | 47.31㎡  second floor | 37.62㎡ house member | couple + child address | ikoma-city,Nara JAPAN structure|wood material|outerwall:Galvalume               innerfloor:oak wood wall:EP     top:EP period| June 2014 - January 2015 builder | kenchikukoubou Act homes garden | Green Space photo | Yasunori Shimomura Produce | Zaus INC

座って準備できる洗面室(碑文谷・時層の家) - トイレ/バス事例|SUVACO(スバコ)

西暦1150年に建立された由緒ある寺院に隣接した敷地。歴史ある街並みに好感して移り住む人が多い目黒・碑文谷において、これら街並みの延長上にインテリアデザインがある事を目指しています。そこで由緒ある歴史と共に経過していく「中小の時間」をインテリア設計のコンセプトとしています。 数十年の変化:徐々に飴色に変化していくチーク材。 一年の変化:四季折々に変化する桜並木を楽しめる開口部とスペース。 一日の変化:日々の光の変化で表情を出す和紙。 時間が経つほど味わい深くなる楢のテーブル、時間を重ねた米沢箪笥、鉄鍋や陶磁器といった小物など、素材・家具.小物も時間が経てば経つほど変化するものを選定しています。それらの時間を横断するように住む人の時間が加わり「時間の重層化」を生まれ、その時間を楽しむ事が暮らしに深みを与えると思います。 写真クレジット:荒木文雄、ナカサ&パートナーズ 専門家:鹿内 健が手掛けたマンションリフォーム・リノベーション事例:碑文谷・時層の家のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

積水ハウス/出展メーカー|総合住宅展示場 ハウジングモール倉敷

総合住宅展示場 ハウジングモール倉敷のサイトです。個性豊かな住まいづくりをご提案しています。

木製サッシは既存を白色へ塗装

元々10年以上ご家族4人で住んでいたマンション。 とても気に入っていらっしゃいましたが、2LDKの部屋の北側は暗く使いづらい部屋もあったため、「自分たちの暮らし方にあった間取りにしたい」と考えてリノベーション。 ご家族の一番のご希望は、明るく広いLDK。普段から家族一緒に布団で寝ているため、寝室も必要ないとのことでした。 そこで、木枠のサッシで部屋を3つに区切れる大きなワンルームをご提案。2つのサッシをすべて開ければ、まるで「道場」のような広々とした空間に。サッシを閉めて布団を敷けば、リビングが寝室に。サッシを開け放てば、家族4人がのびのびと過ごせるLDKに早変わり。 すっきりしたワンルームにするために、いろいろな収納は両側の壁全面を使い、柱や梁を利用しながら綿密に設計しました。子供たちの勉強部屋やワークスペースを扉の中に納めたため、 テーマを「なるべく広々とした空間に」という一点に絞ったことで、広々とすっきりした、居心地のよい空間ができました。 専門家:ブルースタジオが手掛けたマンションリフォーム・リノベーション事例:linoー時間で仕切る、家族の広々ワンルームのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

広いマンションに暮らす[郊外編]|WORKSマンションリノベーション事例

<p>チェッカーガラス越しに採光。壁ではなくパーティションで間仕切るほうが、印象軽やか。</p> もっと見る

Pinterest
検索