Japan Design, Ceramic Design, Japanese Typography, Japanese Poster, Poster Layout, Design Products, Product Design, Product Packaging, Tablewares

日本人のおやつ♫(^ω^) Japanese sweets 善哉 Zenzai- : sweet azuki bean soup

Japanese sweets -Zenzai, sweet, thick bean soup with rice cakes or dumplings in it.

菊池 克 1972 東京生まれ 1996 青山学院大学経済学部卒1996年スペインに留学 グロック美術学校(バルセロナ)陶芸科専攻 ラ ビスバル陶芸学校(ジローナ)でロクロ・釉薬科専攻 2001 佐賀で唐津焼の中川自然坊(じねんぼう)氏に師事 2005 京都の陶芸機器メーカーに入社 2007 大分県国東市国見に移住。自身の手で登り窯の築窯を開始 2008 工房「陶 迦葉(とう かしょう)」を開窯 菊池さんと初めて出会ってのは京都下鴨の「川口美術」で開かれていた 「韓国古陶磁探求陶人展」でした 今年もその季節がやって来ました(8/3~8/12)早いものであれから一年・・・ 菊池さんも来られた様ですが日が合わず今年は西林学さんとお会いしました (8×H3.1)

Katsuki Kikuchi 1972 Born in Tokyo 1996 Graduated from Aoyama Gakuin University Economics degree 1996 Studied in Spain .

Fujisan Raku Chawan 1 (Koetsu) jpg -. Toku Art-Contemporary Japanese Ceramics & Applied Arts

Fujisan Raku Chawan 1 (Koetsu) jpg -. Toku Art-Contemporary Japanese Ceramics & Applied Arts

海外発送、国際配送 - 山口県 萩焼 陶器 萩焼 抹茶碗 梅花皮 楽型: 海外向け通信販売のJCRAFTS.com

海外発送、国際配送 - 山口県 萩焼 陶器 萩焼 抹茶碗 梅花皮 楽型: 海外向け通信販売のJCRAFTS.com

和食器・砥部焼 からくさの大鉢(8寸)

和食器・砥部焼 からくさの大鉢(8寸)

【楽天市場】【波佐見焼】【食器】【青】【皿】『しのぎ皿 大皿』プレート(径215mm×27mm高) ルリ釉 北欧 ギフト 陶器 通販 デザイン おしゃれ かわいい テーブル 有田焼 一龍陶苑〔母の日〕〔ギフト〕10P23Apr16:くらふと龍

【楽天市場】【波佐見焼】【食器】【青】【皿】『しのぎ皿 大皿』プレート(径215mm×27mm高) ルリ釉 北欧 ギフト 陶器 通販 デザイン おしゃれ かわいい テーブル 有田焼 一龍陶苑〔母の日〕〔ギフト〕10P23Apr16:くらふと龍

TOU-LIGHTsmall陶ライトスモール陶器の照明信楽焼ペンダントランプ:【RCP】

TOU-LIGHTsmall陶ライトスモール陶器の照明信楽焼ペンダントランプ:【RCP】

小石原焼太田哲三窯|飯碗 飛び鉋 黄

小石原焼太田哲三窯|飯碗 飛び鉋 黄

小石原焼太田哲三窯|七寸皿 飛び鉋

小石原焼太田哲三窯|七寸皿 飛び鉋

太田哲三/小石原焼(福岡)/ごはん茶碗・大

太田哲三/小石原焼(福岡)/ごはん茶碗・大

江戸時代には長州藩主・毛利家の居城が置かれ、幕末には松下村塾で知られる吉田松陰ら、多くの維新志士を輩出した山口・萩。タイムスリップしたかのような景観が数多く残る街において、伝統工芸として古くから知られてきたのが「萩焼」です。安土・桃山時代、秀吉の朝鮮出兵に出陣した毛利輝元(後の長州藩主)が現地の陶工・李勺光を連れ帰り、彼らの釜を萩に作ったのが萩焼の始まりです。大名たちに「茶の湯」が親しまれた時代、萩焼は大変重宝されました。土の素朴な風合いと、表面にできた細かなヒビにより使い込むほど色味が変わることが萩焼の大きな特徴です。ここでは萩焼と気軽に触れ合える、萩市内のカフェをご紹介。まず実際に萩焼に触れて、購入の参考などにしてみてはいかがでしょうか。

【山口】萩焼に親しめるおすすめカフェ5選 - おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

江戸時代には長州藩主・毛利家の居城が置かれ、幕末には松下村塾で知られる吉田松陰ら、多くの維新志士を輩出した山口・萩。タイムスリップしたかのような景観が数多く残る街において、伝統工芸として古くから知られてきたのが「萩焼」です。安土・桃山時代、秀吉の朝鮮出兵に出陣した毛利輝元(後の長州藩主)が現地の陶工・李勺光を連れ帰り、彼らの釜を萩に作ったのが萩焼の始まりです。大名たちに「茶の湯」が親しまれた時代、萩焼は大変重宝されました。土の素朴な風合いと、表面にできた細かなヒビにより使い込むほど色味が変わることが萩焼の大きな特徴です。ここでは萩焼と気軽に触れ合える、萩市内のカフェをご紹介。まず実際に萩焼に触れて、購入の参考などにしてみてはいかがでしょうか。

Pinterest
Search