キッチン窓 もっと見る

キッチン窓 もっと見る もっと見る

キッチン

4層の元店舗付き住宅を、半分が遊びのためのおうちにリノベーション。 地下はスチールサッシの窓がある、渋い工場のようなガレージ。 1Fは広い土間のあるフリールーム。将来はここでお店もできる大空間。 2Fは家族みんなでのびのび過ごせるスペース。古材のアクセントウォールと業務用キッチンがラフで男前な雰囲気です。 3Fは寝室と子供室。優しい色のドアが印象的なプライベートな空間。 どことなく外国のガレージのような雰囲気の漂う、ヴィンテージで遊び心ある住まいです。 専門家:エイトデザインが手掛けた戸建リフォーム・リノベーション事例:一戸建てリノベーション|名古屋市瑞穂区K邸のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

土間

天井灯, 形状, 天井

“家づくりを楽しもう” 住まいの写真で人をつなぐ新感覚ソーシャルネットワーク

間工作舎/一級建築士事務所の投稿記事:「自然を捉え、自然を感じる癒しの家」です。遠くに山々を望む、京都郊外の家。 敷地は、緑豊かな公園に対して扇形に広がっている。 建て主は、豊かな自然の風景を暮らしに取り込むこと、また、ご夫婦とお子様家族3人で立てるキッチンなどを希望した。 建物は公園の景色を生かし、扇形の敷地に沿うように配置。 1階LDKの正面には公園の自然が広がる。 リビング・ダイニング・キッチンを行き来すると、木立を散策しているかのような感覚になる。 LDKの中心には、存在感のあるアイランドキッチンを据えた。 一部を家のラインに合わせるように大きく張り出させたことで広々とした作業スペースをつくり、家族みんなで料理を楽しめるとともに、空間にも馴染んでいる。 吹き抜けのリビングからは立ち並ぶ木々や空といった大らかな自然、2階のバスルームから夕焼けや遠くの山並みが見え、住まいのどこに居ても豊かな自然が目に入る。 住まいには杉の柱やカラ松の床、珪藻土といった自然素材をふんだんに使用し、外の自然と内部の自然素材が調和。 自然の温もりを目で、肌で愉しむ、心地良い住まいが完成した。

和モダン インテリア - Google 検索

縁側のひだまりで猫が丸まっていたり、畳にざぶとんだったり、ほうきや古道具があったり。和風のお部屋はとても素敵ですが、日本家屋を少し現代風にリノベーションしたような、和モダンなインテリアもおしゃれですよね。玄関のペンダントライトがレトロだったり、ガラス戸だったり。おばあちゃんや両親から受け継いだ家具も、現代のモノと合わせ

2階の4畳半のキッチン。シンク前の一部以外は畳ばり。

古きよき千駄木の家ゆったりと時間が流れるオール畳のレトロハウス

「谷根千」に帰ってきた 週末には下町の魅力を求めてやってくる観光客で賑わう千駄木。大通りから脇道に入ると、まるで昭和にタイムスリップしたかのような路地があった。道の両側には築50〜60年は経っているであろう家が立ち並び、古い家を大切にしている人々の息づかいが感じられる。 設計と大工施工を総合して請け負う建築事務所「鯰組」の広報を務める堀田智子(さとこ)さんは、5年ほど前からこの一角に一軒家を借りて住んでいる。 「『谷根千』エリア(文京区から台東区・荒川区にかけて位置する谷中、根津、千駄木周辺地区)に惹かれるんです。私は15年程前も根津に部屋を借りていて、その後山梨に10年暮らしました。5年ほど前、東京に戻ってくることになったときに、真っ先にまた『谷根千』に住みたいと思ったんです」と堀田さんは話す。 昔の姿のままがいい…

レトロモダンなキッチン

85年の歴史を紐解く、大阪の集合住宅「トヨクニハウス」をリノベーション

築85年、大阪最古の鉄筋コンクリート造集合住宅「トヨクニハウス」をArts&Craftsがリノベーションした物件を紹介します。レトロモダンな内装が魅力的な、古き良きものを残すリノベーションです。

柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

業務用キッチン/築40年…などのインテリア実例 - 2015-07-07 20:32:49

業務用キッチン/築40年/中古住宅/洗濯機置場が無いので/Kitchenのインテリア実例 -2015-07-08 13:32:49

業務用キッチン/築40年…などのインテリア実例 - 2015-07-07 20:32:49 もっと見る

キシノウエンの 今日のてしごと の画像

画像 : *古き良き時代*懐かしくもあたたかい昭和テイストあふれる住まいの風景集。 - NAVER まとめ/キッチン 台所/japanese old kitchen


その他のアイデア
Pinterest
検索