画像: 1/1【「めがね」がテーマの雑誌「optical(オプティカル)」創刊 表紙は又吉直樹】

画像: 1/1【「めがね」がテーマの雑誌「optical(オプティカル)」創刊 表紙は又吉直樹】

Book Layout, Ribbon Art, Book Design, Editorial Design, Book Covers, Watercolor Texture, Blue, Ethnic, Packaging

今回の『YUCARI』の特集は、「稲と米」です。 日本人のお米へのこだわりは、とても強いものです。数々のブランド米が生まれ、お米マイスターがいる米専門店も話題になっています。「おいしいごはんを食べたい!」という人のために「お米の選び方・ガイド」を。甘さ・つや・粘り・食感・のどごし……、米職人に聞いた「お米のおいしい炊き方」も紹介しています。健康を意識される人には、精米による白米や5分づき、玄米などの分類、胚芽米や発芽玄米といった進化した加工米の話もあります。 しかし、日本人にとって、稲・米は主食としてだけでなく、古来、生活・文化・経済・政治とずっと関わってきたのです。特集では、米の文化的な側面にも迫ります。収穫を願い祝う祭祀が各地で行われ、石高による徴税制度が用いられました。大判小判といった日本独自の貨幣も米俵デザインです。わら、もみがら、ぬか。米の副産物も、先人の知恵で衣食住に活用されてきました。中には、卵を持ち運ぶ「つと」、おひつを囲う「いずみ」などのわら細工のように職人技に昇華されたものもあります。見事な作品は、誌面で見てください。 ...

今回の『YUCARI』の特集は、「稲と米」です。 日本人のお米へのこだわりは、とても強いものです。数々のブランド米が生まれ、お米マイスターがいる米専門店も話題になっています。「おいしいごはんを食べたい!」という人のために「お米の選び方・ガイド」を。甘さ・つや・粘り・食感・のどごし……、米職人に聞いた「お米のおいしい炊き方」も紹介しています。健康を意識される人には、精米による白米や5分づき、玄米などの分類、胚芽米や発芽玄米といった進化した加工米の話もあります。 しかし、日本人にとって、稲・米は主食としてだけでなく、古来、生活・文化・経済・政治とずっと関わってきたのです。特集では、米の文化的な側面にも迫ります。収穫を願い祝う祭祀が各地で行われ、石高による徴税制度が用いられました。大判小判といった日本独自の貨幣も米俵デザインです。わら、もみがら、ぬか。米の副産物も、先人の知恵で衣食住に活用されてきました。中には、卵を持ち運ぶ「つと」、おひつを囲う「いずみ」などのわら細工のように職人技に昇華されたものもあります。見事な作品は、誌面で見てください。 ...

『センスがいい、ということ。』&Premium No. 14 | アンド プレミアム (&Premium) マガジンワールド

&Premium No. 14

『センスがいい、ということ。』&Premium No. 14 | アンド プレミアム (&Premium) マガジンワールド

Pinterest
Search