Pinterest
バルテュス展 Balthus - 東京都美術館  2014年4月19日(土) ~ 6月22日(日)  ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家バルテュス(本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ、1908-2001)。 時が止まったように静謐な風景画や、バルテュス曰く「この上なく完璧な美の象徴」である少女のいる室内画など、どこか神秘的で緊張感に満ちたバルテュスの絵画は、多くの人々に愛され続けています。

Balthus《 夢見るテレーズ 》少女と猫というバルテュスお気に入りのモティーフが登場するこの作品のモデルは、パリのクール・ド・ロアンの隣人だった失業者の娘テレーズ・ブランシャールで、最初の少女のモデルである。無垢から性の目覚めへの過渡期を表わしたとも言える作品で、少女の膝は完璧なモデリングとハイライトと陰影で描かれている。 1938年 油彩、カンヴァス 150x130.2cm メトロポリタン美術館 Jacques and Natasha Gelman Collection, 1998 (1999.363.2). Photo: Malcolm Varon. © The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 Impressionist Masterpieces from Marmottan Monet Museum - 東京都美術館 2015年9月19日(土) ~ 12月13日(日) マルモッタン・モネ美術館には、印象派を代表する画家クロード・モネ(1849-1926)の、86歳で亡くなるまで手元に残したコレクションが所蔵されています。本展は、息子ミシェルから同美術館に遺贈されたこのモネ・コレクションを中心に、約90点をご紹介するものです。子供たちの成長を記録した作品や友人ルノワールによるモネ夫妻の肖像画、旅先の風景画、白内障を患いながらも描き続けた晩年の作品などを通して、モネの豊かな創作の世界に迫ります。 晩年のモネは、光の変化に伴って移り変わる水面を見つめつづけました。ジヴェルニーの庭を描きながらも、睡蓮や太鼓橋の形態は次第に抽象化されていき、色彩溢れる画面が生み出されていきます。ときに荒々しい筆触をみせる最晩年の充実した作品群は、モネの眼を通した水の庭を体感させてくれるでしょう。…

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 Impressionist Masterpieces from Marmottan Monet Museum - 東京都美術館 2015年9月19日(土) ~ 12月13日(日) マルモッタン・モネ美術館には、印象派を代表する画家クロード・モネ(1849-1926)の、86歳で亡くなるまで手元に残したコレクションが所蔵されています。本展は、息子ミシェルから同美術館に遺贈されたこのモネ・コレクションを中心に、約90点をご紹介するものです。子供たちの成長を記録した作品や友人ルノワールによるモネ夫妻の肖像画、旅先の風景画、白内障を患いながらも描き続けた晩年の作品などを通して、モネの豊かな創作の世界に迫ります。 晩年のモネは、光の変化に伴って移り変わる水面を見つめつづけました。ジヴェルニーの庭を描きながらも、睡蓮や太鼓橋の形態は次第に抽象化されていき、色彩溢れる画面が生み出されていきます。ときに荒々しい筆触をみせる最晩年の充実した作品群は、モネの眼を通した水の庭を体感させてくれるでしょう。…

「私たちの窓から見える風景」~現代美術作家の視点からひもとく、イメージ共有のあり方  - 東京都美術館 2014年12月9日(火) ~ 12月20日(土)   「第3回 都美セレクション グループ展公募」にて選出されたグループによる展覧会です。 [出品作家] おざわまき、稲葉朗、遠藤庸子、佐塚弾純、佐藤翔、佐野友紀、山崎裕研、清水優、土屋友美、任田教英、畑正太

「私たちの窓から見える風景」~現代美術作家の視点からひもとく、イメージ共有のあり方 - 東京都美術館 2014年12月9日(火) ~ 12月20日(土) 「第3回 都美セレクション グループ展公募」にて選出されたグループによる展覧会です。 [出品作家] おざわまき、稲葉朗、遠藤庸子、佐塚弾純、佐藤翔、佐野友紀、山崎裕研、清水優、土屋友美、任田教英、畑正太