Ishidou House by Nobuyasu Hattori, 石動邸 by 服部信康

服部信康 / 服部信康建築設計事務所が設計した愛知県西春日井郡の住宅「石動邸」です。 また、2014年5月18日・19日には、この建築の見学会が行われるとの事です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 石動邸 光と影を求める空間ではなく、光と光の奥に存在する空気を追求したいと思っていた。 目に感じる光源、脳に飛び込んで来る光の波長や方向をコントロールすることで, 普段感じる1 というスケールが、1 より長いのか短いのか、それとも、1 より浅いのか深いのかわからなくなる。 そうすることで光の認識と受け方を変化させ、森林の中の木漏れ日、朝もやのような新しい空虚を作る事が この住まいの方向性であると感じた。 この建物は住まう家族を優しく包みこむ 「光の彫刻」 として意味付け、 平凡な生活の中でふとした時に気づかされる光の美しさを 「その家族だけ」に感じさせたいと思い設計をした。 ここに住む家族にどんな光を感じさせるのかを思考し, そして, 物質として存在しない光に対して開口部の位置・大きさ…

Door.

構造:木造2階スキップフロア<br /> 延床面積:86㎡<br /> 家族構成:ご夫婦2人+親夫婦2人<br /> <br /> 狭小敷地での立て替二世帯住宅<br /> <br /> 1階に親世帯、2階に子世帯を配置し、それぞれのリビング同士が気配を感じられるように「にじり窓」を室内に取り入れました。また外観はシンプルな白い「オウチ型」とし、道路面には窓を少なく、また南面には窓を十分にとり、明るい室内を実現しました。<br /> また天窓からは反射光を取り入れ、バウンド光により室内のどこにいても十分な照度を確保しています。<br /> <br /> 掲載メディア<br /> 新建築住宅特集2008年9月号 monoマガジン2009年3月16日号 B1(タイ) 専門家:が手掛けた、外観夕景(オウチ01・狭小二世帯住宅)の詳細ページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)…

house in Switzerland. 元カレがこんなおうちを建てたいって模型を作ってくれたなぁ。実際地下のおうちがあるなんて行ってみたいな。

Look at this underground house in Switzerland.

http://www.soniafigueroarealtor.com- passive solar native stone ROUND earth archietectural home design //核が落とされても中で生き残れそうな家。周辺の自然や家の形がラピュタに出てくる建物にそっくり。

埋め込み画像への固定リンク

The latest Tweets from 建築情報 (@kenchiku_zyoho). 『建築系検索エンジンKenKen!』や『http://t.co/5U0cA5L9Om』の開発・運営を行っている会社です。建築系でいろいろと。 http://t.co/gFCiUEVoMg. 東京都


その他のアイデア
Pinterest
検索