坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演し続けている蛭子能収は1947年長崎県出身だから、私と同じ68歳。長崎商業高校を卒業後、地元の看板屋に就職。 しかし仕事が嫌になって、1970年の大阪万博を見に行く、と言...

坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演し続けている蛭子能収は1947年長崎県出身だから、私と同じ68歳。長崎商業高校を卒業後、地元の看板屋に就職。 しかし仕事が嫌になって、1970年の大阪万博を見に行く、と言...

坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演し続けている蛭子能収は1947年長崎県出身だから、私と同じ68歳。長崎商業高校を卒業後、地元の看板屋に就職。 しかし仕事が嫌になって、1970年の大阪万博を見に行く、と言...

坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演し続けている蛭子能収は1947年長崎県出身だから、私と同じ68歳。長崎商業高校を卒業後、地元の看板屋に就職。 しかし仕事が嫌になって、1970年の大阪万博を見に行く、と言...

坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演し続けている蛭子能収は1947年長崎県出身だから、私と同じ68歳。長崎商業高校を卒業後、地元の看板屋に就職。 しかし仕事が嫌になって、1970年の大阪万博を見に行く、と言...

坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」など数多くのテレビ番組に出演し続けている蛭子能収は1947年長崎県出身だから、私と同じ68歳。長崎商業高校を卒業後、地元の看板屋に就職。 しかし仕事が嫌になって、1970年の大阪万博を見に行く、と言...

蛭子能収クズ逸話エピソード

蛭子能収の信じられないクズエピソード,もはや逸話 なにかと笑いを誘う要素の多い蛭子能収さん。 彼の「クズ」エピソードを、プロフィールとともにご覧ください。 蛭子能収プロフィール 蛭子 能収(えびす よしかず・・・

坂井直樹の”デザインの深読み”: 奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界。過小評価されてきたように思えるアーティストの真の力量を見に新春はパルコに行こう!

もっとも新春にふさわしくないというべきか、ふさわしいというべきか、判断に迷う展覧会が元旦(!)1月1日から渋谷パルコで開催される。『新春 えびすリアリズム 蛭子さんの展覧会』――そう、蛭子能収の絵画作品展だ。いまや「バスに乗って(大した感動もないまま)旅行するひと」「使い勝手のいい変人おやじ」というテレビ的イメージが完全に定着してしまった蛭子さんだが、つい先日のNHK Eテレ「ニッポン戦後サブカルチャー史II」でも力説したように、私見では1970~80年代ヘタウマ・カルチャーを体現する最重要アーティストのひとりである。当時、『地獄に堕ちた教師ども』(1981年)を代表とする初期の蛭子漫画に計り知れない影響を受けた若者が、(僕を含め)どれほどいたろうか。

Pinterest
検索