Risaさんの他のアイデア
intwine...

intwine...

森田一弥の「御所西の町家」と、松島潤平によるレビュー「いまここでしかない、いつかのどこか」 – dezain.net blog – Medium

京都市中心部の路地奥にある町家のリノベーションである。築年数は約100年、伝統的な町家の例に漏れず、住宅に限らず色々な使われ方をされてきたらしく幾度かの改修のあとが見られた。西陣織の職人の作業場として使われて以降は放置されていたが、今回の改修によって単身者の住まいとして再生した。 町家の土間を京都では「走り庭」と呼ぶように、土間は路地や庭と地続きにつながる室内における準外部空間である。 ここで…