『マスカットのレアチーズプリン』 《下:レアチーズプリン部分》 材料: クリームチーズ100g 砂糖20g 小岩井生乳 プレーンヨーグルト150g レモン汁大1 1/2 卵黄 1個 粉ゼラチン 5g 大1.5の冷水でふやかす。 作り方: ①ボウルに、常温に戻したクリームチーズをよく練り滑らかになったら砂糖を加え泡立て器で混ぜる。 ②プレーンヨーグルト、卵黄、レモン汁の順に混ぜ、滑らかにする。 ③ふやかしたゼラチンをレンジで30秒チン(泡がふつふつする位。沸騰させると固まらなくなります。) し、加え混ぜる。 ④器に流し入れ、 冷蔵庫で冷やし固める。 2時間位です。 ↓続く

『マスカットのレアチーズプリン』
《下:レアチーズプリン部分》 材料: クリームチーズ100g 砂糖20g 小岩井生乳 プレーンヨーグルト150g レモン汁大1 1/2 卵黄 1個 粉ゼラチン 5g 大1.5の冷水でふやかす。 作り方: ①ボウルに、常温に戻したクリームチーズをよく練り滑らかになったら砂糖を加え泡立て器で混ぜる。 ②プレーンヨーグルト、卵黄、レモン汁の順に混ぜ、滑らかにする。 ③ふやかしたゼラチンをレンジで30秒チン(泡がふつふつする位。沸騰させると固まらなくなります。) し、加え混ぜる。 ④器に流し入れ、
冷蔵庫で冷やし固める。
2時間位です。 ↓続く

材料:
クリームチーズ200g
砂糖60g 
プレーンヨーグルト200cc
レモン汁大3(1個分)
皮はおろし金ですりおろす。
粉ゼラチン 小3 大3の冷水でふやかす。
バター40g
森永マリービスケット12枚。 作り方
•ビスケットを厚めのビニール袋内で砕き、常温に戻したバターと混ぜ合わせ型の下に敷き詰め、冷蔵庫で冷やす。 •ボウルに、常温に戻したクリームチーズをよく練り滑らかになったら砂糖を加え泡立て器で混ぜる。 •プレーンヨーグルト、レモン汁の順に混ぜ、滑らかにする。 ・ふやかしたゼラチンをレンジで30秒チンし、加え混ぜる。 ・ビスケット土台に生地を流し入れ、半量の時点でお好きなヨーグルトソースを適量入れ竹串などクルクルまぜる。
更に半量生地を流し、再びヨーグルトソースを数滴落とし、クルクルまぜる。
冷蔵庫で冷やし固める。
2時間位です。 プレーンヨーグルトは、今回私は小岩井生乳100%をそのまま使用しました。
ご自宅のプレーンヨーグルトが乳清がある場合、キッチンペーパーで水切りし、正味200g使用して下さい。

材料:
クリームチーズ200g
砂糖60g プレーンヨーグルト200cc
レモン汁大3(1個分)
皮はおろし金ですりおろす。
粉ゼラチン 小3 大3の冷水でふやかす。
バター40g
森永マリービスケット12枚。 作り方
•ビスケットを厚めのビニール袋内で砕き、常温に戻したバターと混ぜ合わせ型の下に敷き詰め、冷蔵庫で冷やす。 •ボウルに、常温に戻したクリームチーズをよく練り滑らかになったら砂糖を加え泡立て器で混ぜる。 •プレーンヨーグルト、レモン汁の順に混ぜ、滑らかにする。 ・ふやかしたゼラチンをレンジで30秒チンし、加え混ぜる。 ・ビスケット土台に生地を流し入れ、半量の時点でお好きなヨーグルトソースを適量入れ竹串などクルクルまぜる。
更に半量生地を流し、再びヨーグルトソースを数滴落とし、クルクルまぜる。
冷蔵庫で冷やし固める。
2時間位です。 プレーンヨーグルトは、今回私は小岩井生乳100%をそのまま使用しました。
ご自宅のプレーンヨーグルトが乳清がある場合、キッチンペーパーで水切りし、正味200g使用して下さい。

「アップルシナモンケーキ」 作り方&材料 12✖️12センチケーキ型2個 材料 ・薄力粉 150g ・キビ砂糖 30g ・プレーンヨーグルト 120g ・無塩バター30g ・卵 2個 ・牛乳50cc・ベーキングパウダー 3g りんご 中1玉・ぶどう10粒・ラム酒 10cc •スライスアーモンド 大2 シナモンパウダー 小1・粉砂糖 適宜 作り方 ①薄力粉とベーキングパウダーはふるっておく。 ②ボウルに常温に戻したバターを入れ白っぽくなるまで混ぜる。 さらに砂糖を加え、混ぜる。 ③卵、牛乳、スライスした皮付きりんご、ぶどう、ラム酒、スライスアーモンド、シナモンパウダーを順に加えさらに混ぜる。 ④ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを入れさっくり混ぜあわせ、クッキングシートを引いた型に流し入れる。 ⑤表面を平らにし、トントンと空気を抜く。 ⑥180度に予熱したオーブンで49分〜50分焼く (表面が焦げるならアルミ箔をかぶせる) ⑦竹串をさし、生地がくっ付いてこなければ焼き上がり。 ⑧粗熱が取れたら、粉砂糖をふり、9当分のキューブ型に切る。

「アップルシナモンケーキ」 作り方&材料 12✖️12センチケーキ型2個 材料 ・薄力粉 150g ・キビ砂糖 30g ・プレーンヨーグルト 120g ・無塩バター30g ・卵 2個 ・牛乳50cc・ベーキングパウダー 10g ・りんご 中1玉・ぶどう10粒・ラム酒 10cc •スライスアーモンド 大2 シナモンパウダー 小1・粉砂糖 適宜 作り方 ①薄力粉とベーキングパウダーはふるっておく。 ②ボウルに常温に戻したバターを入れ白っぽくなるまで混ぜる。 さらに砂糖を加え、混ぜる。 ③卵、牛乳、スライスした皮付きりんご、ぶどう、ラム酒、スライスアーモンド、シナモンパウダーを順に加えさらに混ぜる。 ④ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを入れさっくり混ぜあわせ、クッキングシートを引いた型に流し入れる。 ⑤表面を平らにし、トントンと空気を抜く。 ⑥180度に予熱したオーブンで49分〜50分焼く (表面が焦げるならアルミ箔をかぶせる) ⑦竹串をさし、生地がくっ付いてこなければ焼き上がり。 ⑧粗熱が取れたら、粉砂糖をふり、9当分のキューブ型に切る。

【白桃のミルクレープ】 ~しっかり水切りしたヨーグルトを生クリームの代わりに使ったヘルシーなミルクレープ。フィリングに白桃のピューレを入れたのでより桃を楽しめます~ 【クレープ生地】材料:小麦粉 150g 塩 少々 卵3個 牛乳400cc   ①ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、牛乳を加えよく混ぜ合わせる。 ②ふるいにかけた小麦粉を入れよく撹拌し、ザルでクレープ生地を濾し、ラップをかけて1時間以上寝かせる。 ③フライパンにサラダオイルを引き、レードルで(おたま)生地を流し入れ、表面がプツプツとしたら裏返し、乾かす程度に焼く。(10枚程度)  【桃のピューレ】材料:桃1個 キビ砂糖 大1 白ワイン 大1 水150cc  桃が軟らかくなるまでしっかり煮詰める。(半量ヨーグルトクリームに使用。半分はトッピングに使用するためとっておく) 続く→

【白桃のミルクレープ】 ~しっかり水切りしたヨーグルトを生クリームの代わりに使ったヘルシーなミルクレープ。フィリングに白桃のピューレを入れたのでより桃を楽しめます~ 【クレープ生地】材料:小麦粉 150g 塩 少々 卵3個 牛乳400cc ①ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、牛乳を加えよく混ぜ合わせる。 ②ふるいにかけた小麦粉を入れよく撹拌し、ザルでクレープ生地を濾し、ラップをかけて1時間以上寝かせる。 ③フライパンにサラダオイルを引き、レードルで(おたま)生地を流し入れ、表面がプツプツとしたら裏返し、乾かす程度に焼く。(10枚程度) 【桃のピューレ】材料:桃1個 キビ砂糖 大1 白ワイン 大1 水150cc 桃が軟らかくなるまでしっかり煮詰める。(半量ヨーグルトクリームに使用。半分はトッピングに使用するためとっておく) 続く→

eヘルシーレシピ - きなこクッキー - 第一三共株式会社

Aは合わせてふるっておく。バターは常温に戻してよく練り、砂糖を加えてすり混ぜる。牛乳を少しずつ加えてさらに混ぜ、ふるったAを入れてサックリと混ぜ合わせ、ひとまとめにする。

ハロウィンをちょっぴり意識した紫クリームの秋色マフィン作りました。 レシピは、ヨーグルトベースの軽いマフィン。 マイオリジナルレシピ↓ http://pinterest.com/pin/449304500297860898/ レモンピールをブルーベリージャムに。 レモンの蜂蜜漬けをクラッシュしたナッツに変えて。 トップのクリームは、もちろん生クリームではなく、3時間水切りしたヨーグルトにブルーベリーの手作りジャムを混ぜたものです。

ハロウィンをちょっぴり意識した紫クリームの秋色マフィン作りました。 レシピは、ヨーグルトベースの軽いマフィン。 マイオリジナルレシピ↓ http://pinterest.com/pin/449304500297860898/ レモンピールをブルーベリージャムに。 レモンの蜂蜜漬けをクラッシュしたナッツに変えて。 トップのクリームは、もちろん生クリームではなく、3時間水切りしたヨーグルトにブルーベリーの手作りジャムを混ぜたものです。

*アーモンドフロランタン* 材料 (27cm〜30cm天板1枚) •クッキー生地
バター 100g
砂糖 80g
卵 1個
バニラオイル 少々
アーモンドパウダー 30g
薄力粉 170g •フィリング
バター 80g
砂糖 80g
蜂蜜 45g
生クリーム 45g
スライスアーモンド 100g
ダイスアーモンド 20g コメント欄に続く

アーモンドフロランタン。 ビジュアルと味はまあ問題はないけれど、もっと納得するものが作りたい。次回改良点 フィリングとクッキー生地のバランスを考慮すること。(アーモンド量をプラス50g増やす。 クッキー生地を5mm薄くする。) 180度で30分焼いたのは、OK。 人肌になった時点でクッキングシート上にひっくり返してあげ、カッティングしたのは、良かった。 硬すぎず、粘り過ぎず均等にカッティングはこの方法がいいみたい。 まだまだ改良がいるな。

アーモンドフロランタン。 ビジュアルと味はまあ問題はないけれど、もっと納得するものが作りたい。次回改良点 フィリングとクッキー生地のバランスを考慮すること。(アーモンド量をプラス50g増やす。 クッキー生地を5mm薄くする。) 180度で30分焼いたのは、OK。 人肌になった時点でクッキングシート上にひっくり返してあげ、カッティングしたのは、良かった。 硬すぎず、粘り過ぎず均等にカッティングはこの方法がいいみたい。 まだまだ改良がいるな。

アーモンドフロランタン。 ビジュアルと味はまあ問題はないけれど、もっと納得するものが作りたい。次回改良点 フィリングとクッキー生地のバランスを考慮すること。(アーモンド量をプラス50g増やす。 クッキー生地を5mm薄くする。) 180度で30分焼いたのは、OK。 人肌になった時点でクッキングシート上にひっくり返してあげ、カッティングしたのは、良かった。 硬すぎず、粘り過ぎず均等にカッティングはこの方法がいいみたい。 まだまだ改良がいるな。

ブルーベリーヨーグルトレアチーズケーキ。 ヨーグルトレアチーズケーキは、いつもの作り方。(マイレシピ参照してね。) 今回、周りをシガレットにしてみました。シガレットは本来バターを使うのですが、ビスキュイ生地でバターをカット。  ビスキュイ生地は、卵黄一個に10gのキビ砂糖。卵白一個に20gのキビ砂糖。 卵白にキビ砂糖を入れ、メレンゲを五分立てにし(ツノが立たない、小さな泡)そこへ、卵黄に砂糖を溶かしたものと、小麦粉25g入れ混ぜます。  クッキングシートを引いたオーブントレーに流し入れ、スプーンで表面を慣らし、180度で7分焼きます。 クッキングシートから綺麗に剥がし、ケーキクーラーて冷ませば、パリッとしてくるので、それをレアチーズケーキのサイドに貼りました。 卵一つでいつものレアチーズケーキも随分雰囲気が変わるので、オススメです!

ブルーベリーヨーグルトレアチーズケーキ。 ヨーグルトレアチーズケーキは、いつもの作り方。(マイレシピ参照してね。) 今回、周りをシガレットにしてみました。シガレットは本来バターを使うのですが、ビスキュイ生地でバターをカット。 ビスキュイ生地は、卵黄一個に10gのキビ砂糖。卵白一個に20gのキビ砂糖。 卵白にキビ砂糖を入れ、メレンゲを五分立てにし(ツノが立たない、小さな泡)そこへ、卵黄に砂糖を溶かしたものと、小麦粉25g入れ混ぜます。 クッキングシートを引いたオーブントレーに流し入れ、スプーンで表面を慣らし、180度で7分焼きます。 クッキングシートから綺麗に剥がし、ケーキクーラーて冷ませば、パリッとしてくるので、それをレアチーズケーキのサイドに貼りました。 卵一つでいつものレアチーズケーキも随分雰囲気が変わるので、オススメです!

さつまいものチーズケーキ。 クリームチーズの半量をヨーグルトに、お砂糖を半量にした分、ダイス状のさつまいもとレーズンで食感と甘みをプラス。薄力全粒粉を使いました♡

さつまいものチーズケーキ。 クリームチーズの半量をヨーグルトに、お砂糖を半量にした分、ダイス状のさつまいもとレーズンで食感と甘みをプラス。薄力全粒粉を使いました♡


その他のアイデア
Pinterest
検索