9月の誕生日の木

Facebookページでご紹介している誕生日の木をまとめました。 ご自身の誕生日の木の他に、ご家族ご友人の誕生日の木を探すのに、お役立ていただければ嬉しいです(^_^)
20 ピン5 フォロワー
9月24日の誕生日の木は『ギンモクセイ(銀木犀)』です。 モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。樹高は3m~5m。原産地は中国です。日本へは室町時代に伝来しました。キンモクセイ(金木犀)が有名ですが、単に「モクセイ(木犀)」というときは、本種のギンモクセイを指します。キンモクセイは、ギンモクセイの変種です。 中国名は桂花、巌桂。英名はfragrant olive、sweet olive、tea olive、fragrant flowerなど。いずれも良い香りにちなんだものです。 樹高は3m~6m。幹は淡灰褐色で、樹皮は縦に裂け目ができます。葉は楕円形で革質。葉の縁には少しぎざぎざ(鋸歯)があります。 「木犀」の「犀」は中国では動物の「サイ」。「木犀」の由来は、樹皮が動物のサイの皮に似ているところからといわれています。ギンモクセイ(銀木犀)の「銀」はキンモクセイの「金」に対して。白い花を付けるモクセイなのでギンモクセイとなったようです。

9月24日の誕生日の木は『ギンモクセイ(銀木犀)』です。 モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。樹高は3m~5m。原産地は中国です。日本へは室町時代に伝来しました。キンモクセイ(金木犀)が有名ですが、単に「モクセイ(木犀)」というときは、本種のギンモクセイを指します。キンモクセイは、ギンモクセイの変種です。 中国名は桂花、巌桂。英名はfragrant olive、sweet olive、tea olive、fragrant flowerなど。いずれも良い香りにちなんだものです。 樹高は3m~6m。幹は淡灰褐色で、樹皮は縦に裂け目ができます。葉は楕円形で革質。葉の縁には少しぎざぎざ(鋸歯)があります。 「木犀」の「犀」は中国では動物の「サイ」。「木犀」の由来は、樹皮が動物のサイの皮に似ているところからといわれています。ギンモクセイ(銀木犀)の「銀」はキンモクセイの「金」に対して。白い花を付けるモクセイなのでギンモクセイとなったようです。

9月29日の誕生日の木は「ヤマハギ(山萩)」です。 マメ科ハギ属の落葉低木。原産地は日本、朝鮮半島、中国など。日本では全国の山地、山すそ、野原などに自生しています。樹高は2m程度。初秋から秋にかけて紅紫色をした長さ1.5cmほどの蝶型花を多数つけ枝先を下垂させる立ち姿は、古くから日本人に親しまれてきました。「秋の七草」の筆頭にあげられている「萩」はこのヤマハギまたは同属のマルバハギとされています。 「秋の七草」は、万葉集の山上憶良の歌『秋の野に咲きたる花を指(おゆび)折りかき数ふれば七種の花』が起源とされています。「萩」は多くの詩歌に詠まれ、日本人の心のふるさとといわれる万葉集では141首に登場し、万葉集でもっとも多く詠われた植物となっています。

9月29日の誕生日の木は「ヤマハギ(山萩)」です。 マメ科ハギ属の落葉低木。原産地は日本、朝鮮半島、中国など。日本では全国の山地、山すそ、野原などに自生しています。樹高は2m程度。初秋から秋にかけて紅紫色をした長さ1.5cmほどの蝶型花を多数つけ枝先を下垂させる立ち姿は、古くから日本人に親しまれてきました。「秋の七草」の筆頭にあげられている「萩」はこのヤマハギまたは同属のマルバハギとされています。 「秋の七草」は、万葉集の山上憶良の歌『秋の野に咲きたる花を指(おゆび)折りかき数ふれば七種の花』が起源とされています。「萩」は多くの詩歌に詠まれ、日本人の心のふるさとといわれる万葉集では141首に登場し、万葉集でもっとも多く詠われた植物となっています。

9月17日の誕生日の木は「シロバナハギ(白花萩)」です。 マメ科ハギ属の落葉低木。分類上は、先日ご紹介しました「ミヤギノハギ(宮城野萩)」の品種のひとつとされています。 ミヤギノハギは長く枝垂れて花を咲かせますが、シロバナハギはあまり枝垂れず株立ち状になります。樹高は1m~3m。開花時期は7月~9月。ハギは一般に赤紫色の花をつけますが、シロバナハギは名前の通り白い蝶形の花をつけます。別名を「シロハギ(白萩)」といい、秋の季語そして9月の茶花(茶室に生ける花)となっています。 シロバナハギは、日当たりと水はけの良い土地を好み、寒さに強く、全国的に栽培でき、やせ地でも育ち、肥料や病害虫の心配もいらないので、最近は公園樹として広く用いられています。

9月17日の誕生日の木は「シロバナハギ(白花萩)」です。 マメ科ハギ属の落葉低木。分類上は、先日ご紹介しました「ミヤギノハギ(宮城野萩)」の品種のひとつとされています。 ミヤギノハギは長く枝垂れて花を咲かせますが、シロバナハギはあまり枝垂れず株立ち状になります。樹高は1m~3m。開花時期は7月~9月。ハギは一般に赤紫色の花をつけますが、シロバナハギは名前の通り白い蝶形の花をつけます。別名を「シロハギ(白萩)」といい、秋の季語そして9月の茶花(茶室に生ける花)となっています。 シロバナハギは、日当たりと水はけの良い土地を好み、寒さに強く、全国的に栽培でき、やせ地でも育ち、肥料や病害虫の心配もいらないので、最近は公園樹として広く用いられています。

9月27日の誕生日の木は「キンモクセイ(金木犀)」です。 モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。先日ご紹介したギンモクセイの変種です。 中国名は「丹桂(たんけい)」。日本へは江戸時代に渡来したと伝えられています。 キンモクセイの花の香りの良さは古くから有名で、「クチナシ(梔子)」「ジンチョウゲ(沈丁花)」とともに「三香木」と呼ばれ親しまれてきました。 キンモクセイの花は、咲いているあいだじゅう甘く爽やかな強い香りを放ち、かなり遠くからでも匂ってきます。花が咲き出すと先ずは香りで気が付きます。

9月27日の誕生日の木は「キンモクセイ(金木犀)」です。 モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。先日ご紹介したギンモクセイの変種です。 中国名は「丹桂(たんけい)」。日本へは江戸時代に渡来したと伝えられています。 キンモクセイの花の香りの良さは古くから有名で、「クチナシ(梔子)」「ジンチョウゲ(沈丁花)」とともに「三香木」と呼ばれ親しまれてきました。 キンモクセイの花は、咲いているあいだじゅう甘く爽やかな強い香りを放ち、かなり遠くからでも匂ってきます。花が咲き出すと先ずは香りで気が付きます。

9月19日の誕生日の木は、「リンゴ(林檎)」です。  バラ科リンゴ属の落葉高木樹。原産地はカザフスタン南部、キルギスタン、タジキスタンなどの中央アジア地方とされ、ここからヨーロッパやアジアルートで日本にも広まったと考えられています。 リンゴと人間の歴史は古く、紀元前6,000年頃にはすでにトルコで登場しており、紀元前1,300年にはエジプトで栽培されていたといわれています。日本で本格的にりんごが栽培されるようになったのは明治時代になってからです。 「1日1個食べるとは医者を遠ざける」という諺があるリンゴ。アメリカ合衆国東北端のバーモント州に古くから伝わる民間療法『バーモント健康法』では、毎日蜂蜜2さじ、りんご酢1さじをコップ1杯の水で薄めて飲むことが、長寿の秘密とされてきました。

9月19日の誕生日の木は、「リンゴ(林檎)」です。 バラ科リンゴ属の落葉高木樹。原産地はカザフスタン南部、キルギスタン、タジキスタンなどの中央アジア地方とされ、ここからヨーロッパやアジアルートで日本にも広まったと考えられています。 リンゴと人間の歴史は古く、紀元前6,000年頃にはすでにトルコで登場しており、紀元前1,300年にはエジプトで栽培されていたといわれています。日本で本格的にりんごが栽培されるようになったのは明治時代になってからです。 「1日1個食べるとは医者を遠ざける」という諺があるリンゴ。アメリカ合衆国東北端のバーモント州に古くから伝わる民間療法『バーモント健康法』では、毎日蜂蜜2さじ、りんご酢1さじをコップ1杯の水で薄めて飲むことが、長寿の秘密とされてきました。

9月11日の誕生日の木は「クリ(栗)」です。 ブナ科クリ属の落葉性高木で、高さ17m、幹の直径は80cmほどになります。 原産地は、日本及び朝鮮半島西南部。北海道南部から本州、四国、九州に分布しています。 クリは、縄文の昔から食材や木材として利用されてきました。 「縄文はクリの時代」といわれるほどクリを様々に利用し、栽培も行っていました。縄文時代前期の遺跡として有名な青森県青森市の三内丸山遺跡の調査によると、クリを食用としていたことはもちろんのこと、円形に並べたウッドサークルや住居跡、低地に打ち込まれた杭群、水場遺構、漆器木地や各種木器などのほとんどがクリ材であったとのことです。また、住居の炉跡に残る燃え残りの炭などもほとんどがクリで、燃料としても使われていたこともわかっています。

9月11日の誕生日の木は「クリ(栗)」です。 ブナ科クリ属の落葉性高木で、高さ17m、幹の直径は80cmほどになります。 原産地は、日本及び朝鮮半島西南部。北海道南部から本州、四国、九州に分布しています。 クリは、縄文の昔から食材や木材として利用されてきました。 「縄文はクリの時代」といわれるほどクリを様々に利用し、栽培も行っていました。縄文時代前期の遺跡として有名な青森県青森市の三内丸山遺跡の調査によると、クリを食用としていたことはもちろんのこと、円形に並べたウッドサークルや住居跡、低地に打ち込まれた杭群、水場遺構、漆器木地や各種木器などのほとんどがクリ材であったとのことです。また、住居の炉跡に残る燃え残りの炭などもほとんどがクリで、燃料としても使われていたこともわかっています。

9月10日の誕生日の木は「ブドウ(葡萄)」です。 ブドウ科ブドウ属のつる性落葉低木です。 ブドウの品種はとても多く、世界には10,000種以上のブドウが存在するといわれます。このうち日本では50~60種類ほどが商業栽培されています。ちなみに、日本の野山に自生するヤマブドウもブドウ属の植物です。 ブドウは青森県から広島県や島根県までの本州を中心に、北海道や福岡県などでも栽培されています。産地トップ3の一位は、全国生産量の25%以上を占め甲州ブドウで知られる山梨県。次いで2位が長野県、3位が山形県となっています。 日本で本格的に商業栽培が行われるようになったのは明治時代からですが、山梨県の固有種「甲州ブドウ」は、鎌倉時代初期にはすでに栽培されていたようです。

9月10日の誕生日の木は「ブドウ(葡萄)」です。 ブドウ科ブドウ属のつる性落葉低木です。 ブドウの品種はとても多く、世界には10,000種以上のブドウが存在するといわれます。このうち日本では50~60種類ほどが商業栽培されています。ちなみに、日本の野山に自生するヤマブドウもブドウ属の植物です。 ブドウは青森県から広島県や島根県までの本州を中心に、北海道や福岡県などでも栽培されています。産地トップ3の一位は、全国生産量の25%以上を占め甲州ブドウで知られる山梨県。次いで2位が長野県、3位が山形県となっています。 日本で本格的に商業栽培が行われるようになったのは明治時代からですが、山梨県の固有種「甲州ブドウ」は、鎌倉時代初期にはすでに栽培されていたようです。

9月1日の誕生日の木は「ナシ(梨)」です。バラ科ナシ属のナシは、大きく分けて和ナシ、中国ナシ、洋ナシに分けられます。単に「ナシ(梨)」という時は和ナシを指しますね。ナシは日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうで、登呂遺跡などから多数食用にされたとされる根拠の種子などが見つかっています。ただし、それ以前の遺跡などからは見つかっていないこと、野生のナシ(山梨)の自生地が人里周辺のみであることなどから、大陸から人の手によって持ち込まれたと考えられています。日本書紀の中では、持統天皇の詔により五穀とともに栽培が奨励された作物のひとつとする記述があります。江戸時代には100を超える品種がありましたが、現在私達が美味しくいただいているものは、明治以降に発見されたり品種改良されたものです。

9月1日の誕生日の木は「ナシ(梨)」です。バラ科ナシ属のナシは、大きく分けて和ナシ、中国ナシ、洋ナシに分けられます。単に「ナシ(梨)」という時は和ナシを指しますね。ナシは日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうで、登呂遺跡などから多数食用にされたとされる根拠の種子などが見つかっています。ただし、それ以前の遺跡などからは見つかっていないこと、野生のナシ(山梨)の自生地が人里周辺のみであることなどから、大陸から人の手によって持ち込まれたと考えられています。日本書紀の中では、持統天皇の詔により五穀とともに栽培が奨励された作物のひとつとする記述があります。江戸時代には100を超える品種がありましたが、現在私達が美味しくいただいているものは、明治以降に発見されたり品種改良されたものです。

9月14日の誕生日の木は備長炭の原料として有名な「ウバメガシ(姥目樫)」です。 ブナ科コナラ属の常緑広葉樹です。 ウバメガシの名前の由来は、春先の若芽が、はじめ焦げ茶色をしていて、姥(おばさん)の目の色に似ているってところから「姥芽(ウバメ)のカシ」=「ウバメガシ」と名付けられたといわれています。別名の「ウマメガシ(馬目樫)」も同様に「若芽の色」=「馬の目の色」から付けられたようです。由来は不明ですが、他に「イマメガシ(今目樫)」の別名もあります。 ウバメガシは、三浦、伊豆半島以西の太平洋側の暖温帯の沿岸地方に分布します。 樹高は5m~7mの低木ですが、18mの高さに及ぶものもあります。枝分かれし、幹は曲がりが多く、成長はきわめてゆっくりです。壮齢の樹冠は大きな円形になります。落葉が少なく常緑で病気に強く、また切り詰めに耐えることから、最近では、街路樹や生垣として利用されています。

9月14日の誕生日の木は備長炭の原料として有名な「ウバメガシ(姥目樫)」です。 ブナ科コナラ属の常緑広葉樹です。 ウバメガシの名前の由来は、春先の若芽が、はじめ焦げ茶色をしていて、姥(おばさん)の目の色に似ているってところから「姥芽(ウバメ)のカシ」=「ウバメガシ」と名付けられたといわれています。別名の「ウマメガシ(馬目樫)」も同様に「若芽の色」=「馬の目の色」から付けられたようです。由来は不明ですが、他に「イマメガシ(今目樫)」の別名もあります。 ウバメガシは、三浦、伊豆半島以西の太平洋側の暖温帯の沿岸地方に分布します。 樹高は5m~7mの低木ですが、18mの高さに及ぶものもあります。枝分かれし、幹は曲がりが多く、成長はきわめてゆっくりです。壮齢の樹冠は大きな円形になります。落葉が少なく常緑で病気に強く、また切り詰めに耐えることから、最近では、街路樹や生垣として利用されています。

9月3日の誕生日の木は「アオギリ(青桐)」です。 アオイ科アオギリ属の落葉高木。原産地は中国および台湾。東アジア、東南アジアに広く分布しています。日本へは江戸時代の初期に中国から渡来しました。成長が早く、大きなものは樹高20m、幹の直径60cmにもなります。小枝は太く、樹皮は滑らかで緑色。名前の由来は、葉がキリに似ていて、樹皮が青緑色だからとか。 アオギリは裸子植物です。6~7月に枝先に大きな花の列をつけ、多数の淡黄色の小花を開きます。個々の花の列には淡黄褐色の雄花と雌花が多数つき、それぞれ特徴が解かりやすいため、裸子植物の教材に適した木とされています。実は10月ころに熟し、種は炒ると食べられます。 アオギリの樹皮繊維は強くなめらかなことから、縄、布、馬具、ムシロの原料にされ、また樹皮に含まれる粘性物質は和紙製造の製紙糊料や洗髪料に使われていました。

9月3日の誕生日の木は「アオギリ(青桐)」です。 アオイ科アオギリ属の落葉高木。原産地は中国および台湾。東アジア、東南アジアに広く分布しています。日本へは江戸時代の初期に中国から渡来しました。成長が早く、大きなものは樹高20m、幹の直径60cmにもなります。小枝は太く、樹皮は滑らかで緑色。名前の由来は、葉がキリに似ていて、樹皮が青緑色だからとか。 アオギリは裸子植物です。6~7月に枝先に大きな花の列をつけ、多数の淡黄色の小花を開きます。個々の花の列には淡黄褐色の雄花と雌花が多数つき、それぞれ特徴が解かりやすいため、裸子植物の教材に適した木とされています。実は10月ころに熟し、種は炒ると食べられます。 アオギリの樹皮繊維は強くなめらかなことから、縄、布、馬具、ムシロの原料にされ、また樹皮に含まれる粘性物質は和紙製造の製紙糊料や洗髪料に使われていました。


その他のアイデア
9月11日の誕生日の木は「クリ(栗)」です。 ブナ科クリ属の落葉性高木で、高さ17m、幹の直径は80cmほどになります。 原産地は、日本及び朝鮮半島西南部。北海道南部から本州、四国、九州に分布しています。 クリは、縄文の昔から食材や木材として利用されてきました。 「縄文はクリの時代」といわれるほどクリを様々に利用し、栽培も行っていました。縄文時代前期の遺跡として有名な青森県青森市の三内丸山遺跡の調査によると、クリを食用としていたことはもちろんのこと、円形に並べたウッドサークルや住居跡、低地に打ち込まれた杭群、水場遺構、漆器木地や各種木器などのほとんどがクリ材であったとのことです。また、住居の炉跡に残る燃え残りの炭などもほとんどがクリで、燃料としても使われていたこともわかっています。

9月11日の誕生日の木は「クリ(栗)」です。 ブナ科クリ属の落葉性高木で、高さ17m、幹の直径は80cmほどになります。 原産地は、日本及び朝鮮半島西南部。北海道南部から本州、四国、九州に分布しています。 クリは、縄文の昔から食材や木材として利用されてきました。 「縄文はクリの時代」といわれるほどクリを様々に利用し、栽培も行っていました。縄文時代前期の遺跡として有名な青森県青森市の三内丸山遺跡の調査によると、クリを食用としていたことはもちろんのこと、円形に並べたウッドサークルや住居跡、低地に打ち込まれた杭群、水場遺構、漆器木地や各種木器などのほとんどがクリ材であったとのことです。また、住居の炉跡に残る燃え残りの炭などもほとんどがクリで、燃料としても使われていたこともわかっています。

9月1日の誕生日の木は「ナシ(梨)」です。バラ科ナシ属のナシは、大きく分けて和ナシ、中国ナシ、洋ナシに分けられます。単に「ナシ(梨)」という時は和ナシを指しますね。ナシは日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうで、登呂遺跡などから多数食用にされたとされる根拠の種子などが見つかっています。ただし、それ以前の遺跡などからは見つかっていないこと、野生のナシ(山梨)の自生地が人里周辺のみであることなどから、大陸から人の手によって持ち込まれたと考えられています。日本書紀の中では、持統天皇の詔により五穀とともに栽培が奨励された作物のひとつとする記述があります。江戸時代には100を超える品種がありましたが、現在私達が美味しくいただいているものは、明治以降に発見されたり品種改良されたものです。

9月1日の誕生日の木は「ナシ(梨)」です。バラ科ナシ属のナシは、大きく分けて和ナシ、中国ナシ、洋ナシに分けられます。単に「ナシ(梨)」という時は和ナシを指しますね。ナシは日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうで、登呂遺跡などから多数食用にされたとされる根拠の種子などが見つかっています。ただし、それ以前の遺跡などからは見つかっていないこと、野生のナシ(山梨)の自生地が人里周辺のみであることなどから、大陸から人の手によって持ち込まれたと考えられています。日本書紀の中では、持統天皇の詔により五穀とともに栽培が奨励された作物のひとつとする記述があります。江戸時代には100を超える品種がありましたが、現在私達が美味しくいただいているものは、明治以降に発見されたり品種改良されたものです。

9月12日の誕生日の木は「シンジュ(神樹)」です。 ニガキ科の落葉高木で和名を「ニワウルシ(庭漆)」。植物図鑑にはこちらの名前で掲載されています。原産地は中国北中部。日本には明治初期に渡来しました。 和名に「ウルシ(漆)」とありますが、「ニワウルシ」の由来はウルシに似ていて、庭に植えられるから。ウルシ(漆)科では無いので漆かぶれの心配はありません。 一方「シンジュ(神樹)」の名前の由来は「天にも届く高木」。 英名では「Tree of Heaven(天の木)」。繁殖力が旺盛で成長のも早い、樹高が10~25mに達し、大きな樹冠を形成することから、「天にも届く高木」という事から付けられました。 この英名がドイツに渡った際、「Heaven=天国」と解釈されたようで、独名「Götterbaum(ゲッテルバウム:神の樹)」となりました。「シンジュ(神樹)」の由来はこの独名を直訳したものとのことです。

9月12日の誕生日の木は「シンジュ(神樹)」です。 ニガキ科の落葉高木で和名を「ニワウルシ(庭漆)」。植物図鑑にはこちらの名前で掲載されています。原産地は中国北中部。日本には明治初期に渡来しました。 和名に「ウルシ(漆)」とありますが、「ニワウルシ」の由来はウルシに似ていて、庭に植えられるから。ウルシ(漆)科では無いので漆かぶれの心配はありません。 一方「シンジュ(神樹)」の名前の由来は「天にも届く高木」。 英名では「Tree of Heaven(天の木)」。繁殖力が旺盛で成長のも早い、樹高が10~25mに達し、大きな樹冠を形成することから、「天にも届く高木」という事から付けられました。 この英名がドイツに渡った際、「Heaven=天国」と解釈されたようで、独名「Götterbaum(ゲッテルバウム:神の樹)」となりました。「シンジュ(神樹)」の由来はこの独名を直訳したものとのことです。

9月10日の誕生日の木は「ブドウ(葡萄)」です。 ブドウ科ブドウ属のつる性落葉低木です。 ブドウの品種はとても多く、世界には10,000種以上のブドウが存在するといわれます。このうち日本では50~60種類ほどが商業栽培されています。ちなみに、日本の野山に自生するヤマブドウもブドウ属の植物です。 ブドウは青森県から広島県や島根県までの本州を中心に、北海道や福岡県などでも栽培されています。産地トップ3の一位は、全国生産量の25%以上を占め甲州ブドウで知られる山梨県。次いで2位が長野県、3位が山形県となっています。 日本で本格的に商業栽培が行われるようになったのは明治時代からですが、山梨県の固有種「甲州ブドウ」は、鎌倉時代初期にはすでに栽培されていたようです。

9月10日の誕生日の木は「ブドウ(葡萄)」です。 ブドウ科ブドウ属のつる性落葉低木です。 ブドウの品種はとても多く、世界には10,000種以上のブドウが存在するといわれます。このうち日本では50~60種類ほどが商業栽培されています。ちなみに、日本の野山に自生するヤマブドウもブドウ属の植物です。 ブドウは青森県から広島県や島根県までの本州を中心に、北海道や福岡県などでも栽培されています。産地トップ3の一位は、全国生産量の25%以上を占め甲州ブドウで知られる山梨県。次いで2位が長野県、3位が山形県となっています。 日本で本格的に商業栽培が行われるようになったのは明治時代からですが、山梨県の固有種「甲州ブドウ」は、鎌倉時代初期にはすでに栽培されていたようです。

9月6日の誕生日の木は照葉樹の代表格「タブノキ(椨の木)」です。 タブノキはクスノキ科タブノキ属の常緑高木。日本国内の本州より以南、海に面した暖かい地域に主に見られ中国南部、朝鮮半島の南部、台湾などにも分布しています。イヌグス・タマグス・ヤマグスなどの別名を持つ、日本の代表的な常緑広葉樹です。 タブノキの葉は、枝の先端に集まってつき、縁には鋸歯(きょし)がない長楕円形、革質で厚く、光沢があります。日本の常緑広葉樹が「照葉樹」と呼ばれるゆえんといわれています。 若葉は紅く、光沢のある緑の葉と相まって美しい光景を見せてくれます。 枝は太く、横に張り、枝分かれした側枝が、主軸が成長を止めた後も成長する仮軸分枝を繰り返すので、大きくりっぱな傘状の樹冠を形成します。タブノキは樹高15-20m、胸高直径50-60cmといわれていますが、中には幹の周りが5mを超える大木が全国に何本もあります。

9月6日の誕生日の木は照葉樹の代表格「タブノキ(椨の木)」です。 タブノキはクスノキ科タブノキ属の常緑高木。日本国内の本州より以南、海に面した暖かい地域に主に見られ中国南部、朝鮮半島の南部、台湾などにも分布しています。イヌグス・タマグス・ヤマグスなどの別名を持つ、日本の代表的な常緑広葉樹です。 タブノキの葉は、枝の先端に集まってつき、縁には鋸歯(きょし)がない長楕円形、革質で厚く、光沢があります。日本の常緑広葉樹が「照葉樹」と呼ばれるゆえんといわれています。 若葉は紅く、光沢のある緑の葉と相まって美しい光景を見せてくれます。 枝は太く、横に張り、枝分かれした側枝が、主軸が成長を止めた後も成長する仮軸分枝を繰り返すので、大きくりっぱな傘状の樹冠を形成します。タブノキは樹高15-20m、胸高直径50-60cmといわれていますが、中には幹の周りが5mを超える大木が全国に何本もあります。

9月7日の誕生日の木は優れた栄養分と薬用効果の「ナツメ(棗)」です。 ナツメはクロウメモドキ科ナツメ属の落葉小高木。日本には、原産地とされる中国から渡来したといわれていますがはっきりしません。はじめは薬用として栽培され、全国に広がったのは江戸時代と言われています。 ナツメの名前の由来は、初夏に新芽を出すから「夏芽」という説と、夏に実がなることから「夏の梅」とする説があります。ちなみに、「棗」という漢字の由来はナツメには棘がありうっかり触ると棘が刺さるからといわれています。

9月7日の誕生日の木は優れた栄養分と薬用効果の「ナツメ(棗)」です。 ナツメはクロウメモドキ科ナツメ属の落葉小高木。日本には、原産地とされる中国から渡来したといわれていますがはっきりしません。はじめは薬用として栽培され、全国に広がったのは江戸時代と言われています。 ナツメの名前の由来は、初夏に新芽を出すから「夏芽」という説と、夏に実がなることから「夏の梅」とする説があります。ちなみに、「棗」という漢字の由来はナツメには棘がありうっかり触ると棘が刺さるからといわれています。

9月3日の誕生日の木は「アオギリ(青桐)」です。 アオイ科アオギリ属の落葉高木。原産地は中国および台湾。東アジア、東南アジアに広く分布しています。日本へは江戸時代の初期に中国から渡来しました。成長が早く、大きなものは樹高20m、幹の直径60cmにもなります。小枝は太く、樹皮は滑らかで緑色。名前の由来は、葉がキリに似ていて、樹皮が青緑色だからとか。 アオギリは裸子植物です。6~7月に枝先に大きな花の列をつけ、多数の淡黄色の小花を開きます。個々の花の列には淡黄褐色の雄花と雌花が多数つき、それぞれ特徴が解かりやすいため、裸子植物の教材に適した木とされています。実は10月ころに熟し、種は炒ると食べられます。 アオギリの樹皮繊維は強くなめらかなことから、縄、布、馬具、ムシロの原料にされ、また樹皮に含まれる粘性物質は和紙製造の製紙糊料や洗髪料に使われていました。

9月3日の誕生日の木は「アオギリ(青桐)」です。 アオイ科アオギリ属の落葉高木。原産地は中国および台湾。東アジア、東南アジアに広く分布しています。日本へは江戸時代の初期に中国から渡来しました。成長が早く、大きなものは樹高20m、幹の直径60cmにもなります。小枝は太く、樹皮は滑らかで緑色。名前の由来は、葉がキリに似ていて、樹皮が青緑色だからとか。 アオギリは裸子植物です。6~7月に枝先に大きな花の列をつけ、多数の淡黄色の小花を開きます。個々の花の列には淡黄褐色の雄花と雌花が多数つき、それぞれ特徴が解かりやすいため、裸子植物の教材に適した木とされています。実は10月ころに熟し、種は炒ると食べられます。 アオギリの樹皮繊維は強くなめらかなことから、縄、布、馬具、ムシロの原料にされ、また樹皮に含まれる粘性物質は和紙製造の製紙糊料や洗髪料に使われていました。

9月14日の誕生日の木は備長炭の原料として有名な「ウバメガシ(姥目樫)」です。 ブナ科コナラ属の常緑広葉樹です。 ウバメガシの名前の由来は、春先の若芽が、はじめ焦げ茶色をしていて、姥(おばさん)の目の色に似ているってところから「姥芽(ウバメ)のカシ」=「ウバメガシ」と名付けられたといわれています。別名の「ウマメガシ(馬目樫)」も同様に「若芽の色」=「馬の目の色」から付けられたようです。由来は不明ですが、他に「イマメガシ(今目樫)」の別名もあります。 ウバメガシは、三浦、伊豆半島以西の太平洋側の暖温帯の沿岸地方に分布します。 樹高は5m~7mの低木ですが、18mの高さに及ぶものもあります。枝分かれし、幹は曲がりが多く、成長はきわめてゆっくりです。壮齢の樹冠は大きな円形になります。落葉が少なく常緑で病気に強く、また切り詰めに耐えることから、最近では、街路樹や生垣として利用されています。

9月14日の誕生日の木は備長炭の原料として有名な「ウバメガシ(姥目樫)」です。 ブナ科コナラ属の常緑広葉樹です。 ウバメガシの名前の由来は、春先の若芽が、はじめ焦げ茶色をしていて、姥(おばさん)の目の色に似ているってところから「姥芽(ウバメ)のカシ」=「ウバメガシ」と名付けられたといわれています。別名の「ウマメガシ(馬目樫)」も同様に「若芽の色」=「馬の目の色」から付けられたようです。由来は不明ですが、他に「イマメガシ(今目樫)」の別名もあります。 ウバメガシは、三浦、伊豆半島以西の太平洋側の暖温帯の沿岸地方に分布します。 樹高は5m~7mの低木ですが、18mの高さに及ぶものもあります。枝分かれし、幹は曲がりが多く、成長はきわめてゆっくりです。壮齢の樹冠は大きな円形になります。落葉が少なく常緑で病気に強く、また切り詰めに耐えることから、最近では、街路樹や生垣として利用されています。

9月4日の誕生日の木は、葉っぱの上に花が咲き、実が生る「ハナイカダ(花筏)」です。 名前の由来はもちろんこの特徴的な姿。葉の上に載った花や実を筏に乗った人に見立てたものですね。 ミズキ科ハナイカダ属。雄木と雌木がある雌雄異株(しゆういしゅ)の落葉低木です。原産地は、日本、中国、韓国などの東アジア。林縁や沢沿いなどでよく見られます。 花が咲くのは6月頃。雄株では葉の上に数個の雄花が集まって咲きます。雌株では葉の上に雌花が通常は1個、稀に2~3個咲く事があります。一見、葉の上に花が乗っているように見えますが、実際は葉の真ん中を縦に走る葉脈と花の軸が癒着した結果そのように見えるのだそうです。 ハナイカダの若葉は、山菜としても知られます。天ぷらや、炒め物などにして食べられます。また、若葉をご飯に炊き込み「菜飯」とする事から、ハナイカダには「ママッコ(飯子)」という別名があります。

9月4日の誕生日の木は、葉っぱの上に花が咲き、実が生る「ハナイカダ(花筏)」です。 名前の由来はもちろんこの特徴的な姿。葉の上に載った花や実を筏に乗った人に見立てたものですね。 ミズキ科ハナイカダ属。雄木と雌木がある雌雄異株(しゆういしゅ)の落葉低木です。原産地は、日本、中国、韓国などの東アジア。林縁や沢沿いなどでよく見られます。 花が咲くのは6月頃。雄株では葉の上に数個の雄花が集まって咲きます。雌株では葉の上に雌花が通常は1個、稀に2~3個咲く事があります。一見、葉の上に花が乗っているように見えますが、実際は葉の真ん中を縦に走る葉脈と花の軸が癒着した結果そのように見えるのだそうです。 ハナイカダの若葉は、山菜としても知られます。天ぷらや、炒め物などにして食べられます。また、若葉をご飯に炊き込み「菜飯」とする事から、ハナイカダには「ママッコ(飯子)」という別名があります。

9月13日の誕生日の木は、ビタミンCが豊富に含まれ「レモン○個分のビタミンC」という指標に使われる「レモン(檸檬)」です。ちなみに、レモン1個分のビタミンCの値は農林水産省のガイドラインで「20mg」となっています。 ミカン科ミカン属の常緑低木。樹高は3mほど。枝には棘があります。白ないしピンクで強い香りのする5花弁の花を咲かせます。 レモンは、ある程度成長すると、生育に必要な最低気温があれば、1年中花芽をつけて花を咲かせられる性質をもつ植物です。1本の樹から、100個~150個ほどの果実が採れます。 原産地はインドのヒマラヤ地方。10世紀ころ中国へ渡り、その後アラビア半島へ伝わりました。12世紀ころアラビア人からスペインに伝えられ、11世紀~13世紀に、十字軍によってレモンの果汁を飲む習慣や調理法がヨーロッパに広がりました。大航海時代には、航海中にビタミンCの欠乏のため患う壊血病の予防のため利用されました。

9月13日の誕生日の木は、ビタミンCが豊富に含まれ「レモン○個分のビタミンC」という指標に使われる「レモン(檸檬)」です。ちなみに、レモン1個分のビタミンCの値は農林水産省のガイドラインで「20mg」となっています。 ミカン科ミカン属の常緑低木。樹高は3mほど。枝には棘があります。白ないしピンクで強い香りのする5花弁の花を咲かせます。 レモンは、ある程度成長すると、生育に必要な最低気温があれば、1年中花芽をつけて花を咲かせられる性質をもつ植物です。1本の樹から、100個~150個ほどの果実が採れます。 原産地はインドのヒマラヤ地方。10世紀ころ中国へ渡り、その後アラビア半島へ伝わりました。12世紀ころアラビア人からスペインに伝えられ、11世紀~13世紀に、十字軍によってレモンの果汁を飲む習慣や調理法がヨーロッパに広がりました。大航海時代には、航海中にビタミンCの欠乏のため患う壊血病の予防のため利用されました。

Pinterest
検索