柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

古民家再生

5eecca49432957744ce1e6fe8537f2a8.jpg 640×540 ピクセル

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

古い街並みや路地裏に入ると、まるで時が止まったような空間を目にすることがありますよね。築何十年も経つ古民家(日本家屋)が、リノベーションによって、生まれ変わったという話もよく耳にします。そのブームから派生するかたちで、日本の古い伝統家具も見直されてきているように思います。今回は和家具と日本の伝統インテリアの素敵なお部屋

13_m_residence.jpg

リノベーションで新しい命を吹き込まれた日本家屋をご紹介 | folk

traditional japanese house renovation by Tadashi Yoshimura Architects

奈良町家は江戸時代末期から明治にかけての古い歴史をもつ街並みで、「うなぎの寝床」と評される細長いつくりの家がぎっしりと立ち並んだ伝統的な住まいです。中庭をはさんで部屋が縦に並び、各家についた格子が伝統的な街並みをより美しく見せています。ここでは、100年以上も昔の町家をリノベーションし現代風に変身した事例をご紹介します。

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

ソファライフフォト | ソファ専門店FLANNEL SOFA

ソファライフフォト | ソファ専門店FLANNEL SOFA


その他のアイデア
Pinterest
検索