Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

どれ飲みたい?もしも世界の大企業が”自社ビール”を作ったら | IDEA HACK

どれ飲みたい?もしも世界の大企業が”自社ビール”を作ったら | IDEA HACK

コカ・コーラが、中東諸国においてラマダン(およそ1カ月の間、日中の飲食を断って神の恵みに感謝する、イスラム教徒の義務のひとつ)の期間に合わせ、『ラベルのない缶』を発売しました。   200以上の民族が存在するというこの地域では、その歴史的背景や宗教の違いにより、長い間争いが絶えません。  今回コカ・コーラは、イスラム教のラマダン期間中、“Coca-Colaのラベルをなくした缶”を発売し、『ラベル(=偏見、レッテル)は缶に貼るもので、人に対して貼るものではありません』と呼びかけたのです。   下でご紹介する動画は、『人は、わずか7秒で他人に対し偏見と先入観を持ってしまう』ということを示す実験を行ったもの。真っ暗な部屋に集められ、互いの顔が見えない状況で談笑する6人の男性たちの様子を収めており、公開1週間で500万回以上も再生されています。   あの有名なロゴが外されたデザインは、やはり違和感がありますが、赤と白の色使いと滑らかな曲線をみれば「Coca-Cola」であることは一目瞭然。…

コカ・コーラが、中東諸国においてラマダン(およそ1カ月の間、日中の飲食を断って神の恵みに感謝する、イスラム教徒の義務のひとつ)の期間に合わせ、『ラベルのない缶』を発売しました。 200以上の民族が存在するというこの地域では、その歴史的背景や宗教の違いにより、長い間争いが絶えません。 今回コカ・コーラは、イスラム教のラマダン期間中、“Coca-Colaのラベルをなくした缶”を発売し、『ラベル(=偏見、レッテル)は缶に貼るもので、人に対して貼るものではありません』と呼びかけたのです。 下でご紹介する動画は、『人は、わずか7秒で他人に対し偏見と先入観を持ってしまう』ということを示す実験を行ったもの。真っ暗な部屋に集められ、互いの顔が見えない状況で談笑する6人の男性たちの様子を収めており、公開1週間で500万回以上も再生されています。 あの有名なロゴが外されたデザインは、やはり違和感がありますが、赤と白の色使いと滑らかな曲線をみれば「Coca-Cola」であることは一目瞭然。…

奇抜なアイデアとデザインで人々の注目を集める、世界のクリエイティブな広告デザインをまとめました。頭にヒネリを加えるアイデアによって、コンセプトやメッセージ性を分かりやすく伝える素敵な作品が揃います。

奇抜なアイデアとデザインで人々の注目を集める、世界のクリエイティブな広告デザインをまとめました。頭にヒネリを加えるアイデアによって、コンセプトやメッセージ性を分かりやすく伝える素敵な作品が揃います。

Organic Wellness Teas. Illustration by Karolin Schnoor, design by Carly from Bison Bookbinding. http://www.karolinschnoor.co.uk/news/flying-bird-botanicals/ and http://bisonbookbinding.com/custom-work/

Organic Wellness Teas. Illustration by Karolin Schnoor, design by Carly from Bison Bookbinding. http://www.karolinschnoor.co.uk/news/flying-bird-botanicals/ and http://bisonbookbinding.com/custom-work/

スマホやSNS、メッセージアプリの普及などが原因で近年増加している「ネットいじめ」。今回は、そんなサイバー空間でのいじめの防止を啓発するために作られたユニセフ チリの広告をご紹介します。  2015年カンヌライオンズでプレス部門とアウトドア部門でゴールドを受賞した作品です。全3種類。 いずれも数名のティーンエイジャーが、ある一人の同級生に向けてスマートフォンのカメラを向けているという描写。その光景があたかも、死刑囚を公開処刑する銃殺隊に見えてきます。  コピーは…  ワンショット(1撮影)で十分。  ネットいじめは、学校で子供たちが鬱病や自殺を引き起こす主たる原因の一つです。あなたがスマートフォンを持っているのなら、賢く使いましょう。誰の自尊心も殺してはいけません。  いずれのクリエイティブにも、ネットいじめの加害者と被害者だけでなく、そばに“傍観者”を配した描写にリアリティを感じ、薄ら寒さを覚えます。  カラー写真の無かった時代(=銃殺による処刑が行われていた時代)を彷彿とさせる白黒写真によるビジュアルが、メッセージに大いなる

スマホやSNS、メッセージアプリの普及などが原因で近年増加している「ネットいじめ」。今回は、そんなサイバー空間でのいじめの防止を啓発するために作られたユニセフ チリの広告をご紹介します。 2015年カンヌライオンズでプレス部門とアウトドア部門でゴールドを受賞した作品です。全3種類。 いずれも数名のティーンエイジャーが、ある一人の同級生に向けてスマートフォンのカメラを向けているという描写。その光景があたかも、死刑囚を公開処刑する銃殺隊に見えてきます。 コピーは… ワンショット(1撮影)で十分。 ネットいじめは、学校で子供たちが鬱病や自殺を引き起こす主たる原因の一つです。あなたがスマートフォンを持っているのなら、賢く使いましょう。誰の自尊心も殺してはいけません。 いずれのクリエイティブにも、ネットいじめの加害者と被害者だけでなく、そばに“傍観者”を配した描写にリアリティを感じ、薄ら寒さを覚えます。 カラー写真の無かった時代(=銃殺による処刑が行われていた時代)を彷彿とさせる白黒写真によるビジュアルが、メッセージに大いなる

Pinterest
検索