Pinterest
「色相環」とか「トーン」ってどう使うの?配色のコツは「ジャッドの色彩調和論」

「色相環」とか「トーン」ってどう使うの?配色のコツは「ジャッドの色彩調和論」

じゃん -雲の描き方                                                                                                                                                      もっと見る

じゃん -雲の描き方 もっと見る もっと見る

色相環とトーンの表を使って色の意味をデザインに生かそう - Webデザイン - acky info

色にはそれぞれの意味や印象などたくさんの情報があります。それらの情報をうまく組み合わせて説得力のある配色のデザインをつくろう!

色々な感情

俺が長年貯め込んだグラフ・一覧・比較・図解フォルダが今、火を吹く:(哲学ニュースnwk)

「色相環」とか「トーン」ってどう使うの?配色のコツは「ジャッドの色彩調和論」

「色相環」とか「トーン」ってどう使うの?配色のコツは「ジャッドの色彩調和論」 もっと見る

世界三大“ほにゃらら” トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える

世界三大がっかり観光地ってどこ? 世界三大夜景旅に関するさまざまな世界三大“ほにゃらら”をまとめたインフォグラフィックです

堀内信隆「だるまんの陰陽五行シリーズ」 - 吾

「だるまんの陰陽五行」シリーズが最高におもしろすぎる! 自分の中で2013年に読んだ本でのベスト3に入っています。 この漫画の世界観は東洋哲学の五行を入り口に、民俗学、神仏の世界、心理学、哲学、神秘主義、スピリチュアル・・・ありとあらゆるジャンルを横断しています!縦割りのジ...

世界のトウガラシ(&カラ~い料理)辛さ比較 トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える

世界のトウガラシ(&カラ~い料理)辛さ比較 トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える もっと見る

色にはそれぞれの意味や印象などたくさんの情報があります。それらの情報をうまく組み合わせて説得力のある配色のデザインをつくろう!

Yahoo! JAPANのメールサービス。大容量のメールボックスや、迷惑メール対策機能を用意。パソコンやスマートフォン、携帯電話でも便利に使えるヤフーメール(無料)です。

前回の[カラーデザインの基本。色の三属性とは?]に引き続き、カラーデザインの基礎を紹介したいと思います。今回は、色のトー

カラーデザインの基礎を紹介したいと思います。今回は、色のトーンについて解説させていただきますが、まず、そもそもトーンとは何なのか、というところから話を進めさせていただきます。

キリリと冷やして、もしくはアツアツのお燗で…。多彩な温度で気軽に楽しめるのが日本酒の魅力のひとつ。な…

キリリと冷やして、もしくはアツアツのお燗で…。多彩な温度で気軽に楽しめるのが日本酒の魅力のひとつ。な… もっと見る

f:id:hamamuratakuo:20150607063552j:plain

色の扱い方、分類方法の一つに「PCCSトーンマップ」というのがあります。 (参考) 日本色研事業株式会社 HomePage PCCSのトーン トーンは、明度と彩度の複合概念といえるものです。色相の同じ系列でも、明・暗、強・弱、濃・淡、浅・深の調子の違いがあります。 この色の調子の違いをトーンといいます。 このトーンの色…

タラジロウ : さくっと3行でわかるビジネスマンとして知らないと恥をかく500人

タラジロウ : さくっと3行でわかるビジネスマンとして知らないと恥をかく500人 | 作品

WEB配色の基本の2大原理と、今すぐに使える6つの配色パターンがすぐに分かるインフォグラフィック

最低限覚えておきたいWEB配色の基本2大原理と6つの配色パターン

img_design_130930_04.jpg

「技術者は教育によってつくられるけれども、色彩の芸術家は、生まれながらのものである」そんなフランスの諺があるそうです。こんにちは、息子のセンスに期待しがちな、子煩悩デザイナーTです。前回は「デザインの要素と原則」について書きましたが、今回は「デザインの要素」の中でも

「色相環」とか「トーン」ってどう使うの?配色のコツは「ジャッドの色彩調和論」

こんにちは、デザイナーTです。「キーカラーは決まったけど、色数を増やすと変になる...」「いつも色選びがワンパターン」「色相環ってどうやって使うの?」そんな色選びのお悩みをズバっと解決するかもしれない、配色のコツをご紹介します。また、キーカラー選びの段階から悩んでいる方は、前回の記事(色の基礎知識と色彩心理)が役に立つかもしれませんので、あわせてご覧ください。