When autocomplete results are available use up and down arrows to review and enter to select. Touch device users, explore by touch or with swipe gestures.
文化交差路サマルカンド - 世界の歴史まっぷ 紀元前7世紀から知られる中央アジア最古の都市。アレクサンドロス大王や玄奘がその美しさをたたえた。14~15世紀のティムール朝のレギスタン・モスク、ビビ・ハヌイム・モスク、シャーヒ・ジンダ、グール・エミール、ウル・ベグ天文台などが現存。 #世界遺産 Pakistan Travel, Iran Travel, Pakistan Food, Asia Travel, Route, Turkey Places, Vol Pas Cher, Africa Do Sul, Ville France
Save
Article from
sekainorekisi.com

文化交差路サマルカンド | 世界の歴史まっぷ

文化交差路サマルカンド 世界遺産。ウズベキスタン中東部、サマルカンド州の州都。紀元前6世紀から知られる中央アジア最古の都市。12~13世紀には商業都市、14~15世紀にはティムール帝国の首都として繁栄した。"サマル"は人々が出会う、"カンド"は町の意。文字通りサマルカンドは世界の交差点、諸文化の融合する地である。14~15世紀のレギスタン・モスク、ビビ… 
More

sekainorekisi
世界の歴史まっぷ
2k followers

More like this