Explore these ideas and more!

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

Woman portrait | Shuhada Hasim | Kuala Lumpur Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen. Winston Churchill  #portrait of #sall the #makeup #artist by #portraitsbyshuhadahasim #portraitofawoman #woman #beauty #glamour #portraitartist #portraitphotographer #photography #love #selfdiscovery #worldface #ourportfolio #1001faces #face #courage #winstonchurchill #wanitamelayu

Woman portrait | Shuhada Hasim | Kuala Lumpur Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen. Winston Churchill #portrait of #sall the #makeup #artist by #portraitsbyshuhadahasim #portraitofawoman #woman #beauty #glamour #portraitartist #portraitphotographer #photography #love #selfdiscovery #worldface #ourportfolio #1001faces #face #courage #winstonchurchill #wanitamelayu

若林奮 飛葉と振動 @ 名古屋市美術館 「一体これが、彫刻なのか?」3メートルの鉄板が谷のように46メートルも続く作品。花をかたどりながら、大半が地中深くに埋もれた作品・・・。その作品を前にした人は、思わずその不思議さにひきこまれる。 日本を代表する現代彫刻家・若林奮(1936~2003)。ヴェネツィア・ビエンナーレ代表に2度選出、没後も毎年のように展覧会が開かれ、注目され続けてきた。 若林が一貫して探求し続けたテーマ、それは、“自然と人間との関わり”。自然と人間はどのような距離で、どのような関係を結ぶべきなのか。毎日庭の木の落ち葉を拾っては、その形をなぞって作った作品など、若林は日々の暮らしの中で自然への思索を深め、さまざまな彫刻を生み出し続けた。 若林が、特にみいられた素材は"鉄"。建築物や乗り物に使われるなど、文明を象徴する物質である鉄。しかし、若林が注目したのは、鉄がさびて朽ちていく様だった。そこに、“自然の循環”を感じた若林は、最晩年、鉄と樹々が融合した、比類ないスケールの作品を完成させる。…

若林奮 飛葉と振動 @ 名古屋市美術館 「一体これが、彫刻なのか?」3メートルの鉄板が谷のように46メートルも続く作品。花をかたどりながら、大半が地中深くに埋もれた作品・・・。その作品を前にした人は、思わずその不思議さにひきこまれる。 日本を代表する現代彫刻家・若林奮(1936~2003)。ヴェネツィア・ビエンナーレ代表に2度選出、没後も毎年のように展覧会が開かれ、注目され続けてきた。 若林が一貫して探求し続けたテーマ、それは、“自然と人間との関わり”。自然と人間はどのような距離で、どのような関係を結ぶべきなのか。毎日庭の木の落ち葉を拾っては、その形をなぞって作った作品など、若林は日々の暮らしの中で自然への思索を深め、さまざまな彫刻を生み出し続けた。 若林が、特にみいられた素材は"鉄"。建築物や乗り物に使われるなど、文明を象徴する物質である鉄。しかし、若林が注目したのは、鉄がさびて朽ちていく様だった。そこに、“自然の循環”を感じた若林は、最晩年、鉄と樹々が融合した、比類ないスケールの作品を完成させる。…

若林奮 Dog Field I (1992年)

若林奮 Dog Field I (1992年)

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

Image result for 若林奮

Image result for 若林奮

若林奮 飛葉と振動 - じゃらんnet

若林奮 飛葉と振動 - じゃらんnet

「若林奮」の画像検索結果

「若林奮」の画像検索結果

若林奮

若林奮

若林奮 飛葉と振動 @ 名古屋市美術館 「一体これが、彫刻なのか?」3メートルの鉄板が谷のように46メートルも続く作品。花をかたどりながら、大半が地中深くに埋もれた作品・・・。その作品を前にした人は、思わずその不思議さにひきこまれる。 日本を代表する現代彫刻家・若林奮(1936~2003)。ヴェネツィア・ビエンナーレ代表に2度選出、没後も毎年のように展覧会が開かれ、注目され続けてきた。 若林が一貫して探求し続けたテーマ、それは、“自然と人間との関わり”。自然と人間はどのような距離で、どのような関係を結ぶべきなのか。毎日庭の木の落ち葉を拾っては、その形をなぞって作った作品など、若林は日々の暮らしの中で自然への思索を深め、さまざまな彫刻を生み出し続けた。 若林が、特にみいられた素材は"鉄"。建築物や乗り物に使われるなど、文明を象徴する物質である鉄。しかし、若林が注目したのは、鉄がさびて朽ちていく様だった。そこに、“自然の循環”を感じた若林は、最晩年、鉄と樹々が融合した、比類ないスケールの作品を完成させる。…

若林奮 飛葉と振動 @ 名古屋市美術館 「一体これが、彫刻なのか?」3メートルの鉄板が谷のように46メートルも続く作品。花をかたどりながら、大半が地中深くに埋もれた作品・・・。その作品を前にした人は、思わずその不思議さにひきこまれる。 日本を代表する現代彫刻家・若林奮(1936~2003)。ヴェネツィア・ビエンナーレ代表に2度選出、没後も毎年のように展覧会が開かれ、注目され続けてきた。 若林が一貫して探求し続けたテーマ、それは、“自然と人間との関わり”。自然と人間はどのような距離で、どのような関係を結ぶべきなのか。毎日庭の木の落ち葉を拾っては、その形をなぞって作った作品など、若林は日々の暮らしの中で自然への思索を深め、さまざまな彫刻を生み出し続けた。 若林が、特にみいられた素材は"鉄"。建築物や乗り物に使われるなど、文明を象徴する物質である鉄。しかし、若林が注目したのは、鉄がさびて朽ちていく様だった。そこに、“自然の循環”を感じた若林は、最晩年、鉄と樹々が融合した、比類ないスケールの作品を完成させる。…

若林奮

若林奮

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

若林奮 飛葉と振動 : ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation : 神奈川県立近代美術館<葉山館>

若林奮

若林奮

若林奮

若林奮

Pinterest
Search