Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

河井寛次郎(Kanjiro Kawai)

いつものタダ券で、某デパートへ河井寛次郎展を見に行ってきました。 陶器は詳しくないですが、この人の作品は独特の風情があって面白いなあと思います。 人気の作家さんですが、ゴールデンウィークということもあって、大勢の方が見に来られてました。 白地草花絵扁壺(1939年作49歳)...

河井寛次郎/(呉須)湯呑 KAWAI Kanjiro - ギャラリー海野

河井寛次郎/(呉須)湯呑 KAWAI Kanjiro - ギャラリー海野 | gallery unno

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

河井寛次郎(Kanjiro Kawai)

近代美術工芸品を専門に取扱うサイトです。陶を極めた巨匠たちによる作品紹介や商品の買い取り鑑定などをしています。

「河井寛次郎」の画像検索結果

「河井寛次郎」の画像検索結果

北欧食器/北欧雑貨/北欧/arabia/アラビア/カレワラ/kalevala/エッグスタンド/エッグカップ

北欧雑貨と北欧食器のBLOG【suosikki北欧雑貨店】

灰被天目 銘 虹 重要文化財(美術品) 高6.9 口径12.2 高台径4.4 二重に掛けられた釉のうち下釉の色調が白色系で灰色を呈するものが多いことから灰被と呼ばれる。曜変、油滴、玳玻盞とともに唐物天目茶碗を代表するもので、室町時代末期から桃山時代前半に茶の湯の茶碗として重用された。本茶碗も典型的な天目形をなし、黒釉と黒褐釉が見事に発色し、左右に掛け分けられた斜めの釉境が窯変により銀色を呈し、虹を思わせる釉景色を作り出している。これにより「虹天目」とも呼ばれた。  灰被天目茶碗の中で足利義政所持とされる大名物の一つで、灰被天目茶碗を代表する優品であるとともに、茶道文化史上貴重な遺例である。

灰被天目茶碗 銘「虹」(中国元、高6.9/口径12.2/高台径4.4、東京国立博物館、重要文化財)。二重に掛けられた釉のうち下釉の色調が白色系で灰色を呈するものが多いことから灰被と呼ばれる。曜変、油滴、玳玻盞とともに唐物天目茶碗を代表するもので、室町時代末期から桃山時代前半に茶の湯の茶碗として重用された。本茶碗も典型的な天目形をなし、黒釉と黒褐釉が見事に発色し、左右に掛け分けられた斜めの釉境が窯変により銀色を呈し、虹を思わせる釉景色を作り出している。これにより「虹天目」とも呼ばれた。 灰被天目茶碗の中で足利義政所持とされる大名物の一つで、灰被天目茶碗を代表する優品であるとともに、茶道文化史上貴重な遺例である。

Pinterest
検索