Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

銘「蓑亀」 フーリア美術館蔵  「七里」型の黒楽。ニューヨークのフーリア美術館が所蔵しており、海外流出品にしては珍しく箱が残っており銘もわかります。全体からして刀を想起させるような鋭利さで満ちています。景色にはあまり面白さが無い分、この形状の思い切りの良さに相当注目がいってしまいます。

銘「蓑亀」 フーリア美術館蔵 「七里」型の黒楽。ニューヨークのフーリア美術館が所蔵しており、海外流出品にしては珍しく箱が残っており銘もわかります。全体からして刀を想起させるような鋭利さで満ちています。景色にはあまり面白さが無い分、この形状の思い切りの良さに相当注目がいってしまいます。

黒楽茶碗No.13 銘 千声  桃山時代・16世紀後期 高8.3cm 口径11.0cm 底径5.5cm 重352.5g 五島美術館蔵 楽家初代の長次郎(?~1589)の作と伝える黒釉の掛かった黒楽茶碗。轆轤を使わない手捏ねにより成形し、腰に丸みの少ない角張った形をなす。口縁部は、緩やかな高低がついた山道風の変化を見せる。長次郎以来の楽家では、黒楽の釉薬の原料は、京都加茂川上流に産する自然石である加茂川石を用い、歴代によって釉調は異なる。小規模な窯を屋内に築き(内窯)、焼成中に窯から引き出す技法(引き出し黒)を用いて黒色の釉色を得る。そのため、その際に使用した挟み跡が残る。銘は、表千家六代覚々斎宗左(原叟 1678~1730)による。

黒楽茶碗No.13 銘 千声 桃山時代・16世紀後期 高8.3cm 口径11.0cm 底径5.5cm 重352.5g 五島美術館蔵 楽家初代の長次郎(?~1589)の作と伝える黒釉の掛かった黒楽茶碗。轆轤を使わない手捏ねにより成形し、腰に丸みの少ない角張った形をなす。口縁部は、緩やかな高低がついた山道風の変化を見せる。長次郎以来の楽家では、黒楽の釉薬の原料は、京都加茂川上流に産する自然石である加茂川石を用い、歴代によって釉調は異なる。小規模な窯を屋内に築き(内窯)、焼成中に窯から引き出す技法(引き出し黒)を用いて黒色の釉色を得る。そのため、その際に使用した挟み跡が残る。銘は、表千家六代覚々斎宗左(原叟 1678~1730)による。

黒楽茶碗No.27 「金毛」 不審庵蔵 不思議なくびれ、歪みをたたえた翁の能面のような茶碗です。「ヘタヲチ」と似た寂とした感じがありますが、こちらは少し斜に構えたような雰囲気があります。私はこの茶碗が一目で気に入りました。どうやらこの茶碗は長次郎晩年の作らしく、利休の指導下ではあり得なかったような歪みが実現されています。

数寄者乃手鑑 楽焼長次郎 : 恵美里と美衣奈

Kichizaemon Raku

樂家十五代 樂吉左衛門(2013年1月3日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

黒楽茶碗「時雨」

こんにちわ。 2013年11月15日に三館巡りを強行してきました。 行こう行こうと思いながらも結局こんなに遅くなってしまいました。 もともとは「国宝"卯花墻"と桃山の名陶」と「井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ」に行ければ「光悦の展示は行かなくてもいいかなぁ…忙しいし…」なんて思ってました。 ツイッターでNHK日曜美術館で光悦の特集「本阿弥光悦 日本最強のマルチアーティスト」が放送されたと知ったことで調べ始め、既に行かれた方のブログで感想を読んでいる内に居ても立っても居られなくなってしまいました^^; なので二館巡りのはずが欲張って三館巡りとなりましたw この日は朝早くに出発… 電車で上京するのは2年半振り、上野毛駅周辺も初めてなので少々不安になりながらも五島美術館には15分前には着きました。 東急電鉄の乗り継ぎが楽で助かりましたw 門前には団体さんが待っているのをすり抜けて、一番乗りでした^^; 五島美術館入り口。 お茶会があったようで、和服を着た女性の方がたくさん来てましたね。 10時になり入るとすぐに右手へ… 目の前には黒楽茶碗「時雨」が……

HANKYU CULTURE FOUNDATION 黒茶碗 本阿弥光悦

HANKYU CULTURE FOUNDATION 黒茶碗 本阿弥光悦

「灰釉平茶碗」尾張・瀬戸窯  室町時代15・16世紀

サントリー美術館では、講演会やワークショップ、特別講座など、お子さんから大人まで幅広い層の方々にお楽しみいただける多彩なプログラムを開催しています。

Pinterest
検索