これは新しい驚きのオイル系スキンヘアケアRieko Kosai

メイクアップアーティスト早坂香須子さんとシンシア・ガーデンとのコラボレーションによる新ブランド「ネロリラ ボタニカ」。この「インテンシブ ビューティーセラム」(32mL 7,000円)は、タマヌ油やローズヒップオイルなどのオレンジ色の層と、たくさんの植物のエッセンスが入ったピンク色の水液層を混ぜて使うもの。オーラソーマのような見た目や、奈良の霊峰大峰山の“ごろごろ水”を使っていたりとスピリチュアル好きにはたまりません!

モデーア モイスチャライジングシャンプー | 乾燥やヘアカラー等でダメージを受けた髪のために開発された、こだわりのシャンプー。【¥5,400以上のお買い物で10%OFF 、¥10,800以上で15%OFFの特典をプレゼント】

ライフスタイルブランド Modere Japan(モデーアジャパン)の公式ウェブサイトです。モデーアは、不必要に飾り立てることをしない、あるがままの美しさの追求をコンセプトにしています。ナチュラルでモダン、健康的な美しさを暮らしの中につくりだし、毎日のひとときをより輝くものにすることを提案しています。Modern Health, Natural Beauty

頭から一日中いい匂いがするオイル    Leonor Greyl というパリのヘアサロンが開発したオイル「ユイル レオノール グレユ」。パーム油を主成分とした複数オイル配合で、とにかくすごくいい匂いです。ナッツの甘さをほのかに含んだフローラルな香りですが、「香水」然としてないのがとてもいい。

頭から一日中いい匂いがするオイル - スモールグッドシングス

――野球少年みたい。 これは私が学生だった頃、当時のボーイフレンドに言われたひと言です。彼が言ったのは、見た目のことじゃありません。外見だったら、坊主頭の彼の方がよっぽど野球少年みたいだったし。じゃあ一体どういうことか。大変恥ずかしながら、私の頭の匂いのことだったのです。どうやら私の頭から、部活で使っていた野球帽と同じような匂いがしたらしい。いろいろ弁解の余地はありますが、それでもめちゃくちゃショ...

美的2016年8月号P65 - Woman Insight | ファッション・モデル・恋愛、すべての女子への情報サイト

小学館のファッション誌「CanCam」(キャンキャン)がお届けする女性のための総合情報サイト。ファッション、メイク、ヘア、モデルなどの情報から、恋愛、占い、エンタメ、グルメ、マネーまで、女性の「知りたい」「かわいくなりたい」に応えます!

海外では昔から鎮痛剤や抗炎症剤として使われてきた「ひまし油(キャスターオイル)」。腹部にひまし油を浸したフランネルを当てて温めると体内外の様々なトラブルを和らげてくれるとも言われ、日本でもひまし油を使った湿布療法を行っている方も多いそう。最近ではまつ毛が伸びるオイルとしても話題になり、日常的に使えるケアオイルとして注目されています。特に美容面での効果が高く、保湿効果はもちろん、頭皮ケアやシミを薄くしたり、いぼが取れたりなどなど。今回はそんなひまし油の効果と使い方をご紹介します。

海外では昔から鎮痛剤や抗炎症剤として使われてきた「ひまし油(キャスターオイル)」。腹部にひまし油を浸したフランネルを当てて温めると体内外の様々なトラブルを和らげてくれるとも言われ、日本でもひまし油を使った湿布療法を行っている方も多いそう。最近ではまつ毛が伸びるオイルとしても話題になり、日常的に使えるケアオイルとして注目されています。特に美容面での効果が高く、保湿効果はもちろん、頭皮ケアやシミを薄くしたり、いぼが取れたりなどなど。今回はそんなひまし油の効果と使い方をご紹介します。

え! こんなにキレイになれるの? 「重曹」を使って驚きの美容法をとり入れよう!

「重曹」といったら「掃除」をイメージしますよね。あるいは「重曹」=「家をキレイにするアイテム」として掃除の際に愛用している方も多いでしょう。しかし重曹は家具をキレイにするだけでなく、自分自身の見た目までキレイにすることができるのです♪本日は…

まつげが抜けるのはこれが原因まつげが抜けやすくなるNG行為6選

この画像は「男性が求めるリップ&アイメイクのポイントとは?究極のモテメイク講座♡」のまとめの8枚目の画像です。 もっと見る

美しい肌を保つ最大のポイントは、肌細胞の生まれ変わりを正常に維持することです。ちなみに、肌細胞の生まれ変わりはターンオーバーと呼ばれ、通常は約28日周期で行われています。この肌のターンオーバーが順調に行われていると、シミの原因になる古くなった肌細胞が皮膚の表皮から自然とはがれ落ちます。ところが、紫外線をはじめとした多くの原因が積み重なると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、古くなった肌細胞が蓄積して、シミができやすくなるのです。そこで今回は、肌のターンオーバーを促すために私が考案した、とっておきの方法をご紹介しましょう。その方法が、綿棒を使って顔のツボを刺激することです。東洋医...

手よりも綿棒で行うと効果大!美顔ツボを刺激する[綿棒美白術]で肌のシミ・くすみ対策を|記事|カラダネは、体の不調や病気、老化の悩みを抱えているみなさんのためのセルフケア情報サイトです。「いま役立つ」「すぐ使える」情報を、医師や大学教授、治療家をはじめとする専門家の執筆・監修のもとで掲載

Pinterest
検索